HOME>>お知らせ>>書籍発売>>「知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識」2018年度版

お知らせ

「知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識」2018年度版

[11/06]更新!

book_tokusuru2017.jpg

この度「知って得する年金・税金・雇用・健康保険の
基礎知識 2018年度版」が完成いたしました。

この本を書いたのは税理士と社会保険労務士です。
 

税理士は税金の専門家で社会保険労務士は年金制度

・健康保険制度・雇用保険制度・労働問題等の専門家です。

我々は難しくならないように、なおかつさらに得するように

と試みました。その結果できあがったのがこの本です。

この本を読んで、ふとしたときに湧き上がる疑問を解決

していただくとともに、法律を知って得をしたと思って

いただきたいと思っています。

本書は、年金・税金・雇用・健康保険の各分野のことを人生のステップごとに

紹介、解説することで、わかりやすく必要な情報をお届けできるように構成しています。

年金・税金・雇用・健康保険の入門書として、あるいは辞書の代わりとして活用頂ければ幸いです。

 

【内容紹介】

本年は配偶者控除が150万円に改正されることとなりましたが、
 
単純にその枠いっぱい働くと世帯年収が減ってしまうこともあります。
 
なぜそうなるのか、どうしたらいいのかを特に詳細に説明しています。
 
年金の額が少なかったり、税金を多く払うことになったり、給付金を貰い損ねたり……。
 
そういった「生涯損失金」は正しい法律・制度の知識がなかったり、
 
古い法律知識のままだったりすることで発生する。
 
本書は、家庭全体のライフプランを立てられるように、年金・税金・雇用・健康保険の
 
基礎知識と得する情報を満載した定番書。
 
暮らしにかかわる法律・制度とそのお金を、人生の節目ごとにまとめた章構成になっている。
 
 
●特集 配偶者控除に立ちはだかる社会保険の壁
 
第1章 得する社会人の基礎知識
第2章 得する結婚退職の基礎知識
第3章 得する出産情報の基礎知識
第4章 得する働き盛りの基礎知識
第5章 万が一のときに損しないための基礎知識
第6章 得する中高年の生き方基礎知識
第7章 得する老後の基礎知識
第8章 人生の終焉を迎えるときの基礎知識
 

「知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識」2018年度版を購入する

Amazon 楽天ブックス オンライン書店ビーケーワン(bk1)

書籍発売

月別アーカイブ