HOME>>業績UP!経営論>>旅館・ホテル経営者に必要なこととは?

旅館・ホテル経営者に必要なこととは?

榎本恵一

旅館・ホテル業のなかでも大きな分類では、ホテル営業・旅館営業・簡易宿所営業・下宿営業に分類されますが、中でもホテル営業・旅館営業について、一番大事なことはいかに効率よく予約を入れていくかと言うことだと思います。ただ闇雲に予約を入れても全体の稼働率が悪ければ収入の増加は見込めません。

また、施設内を清潔に保つことも大切です。お客様は折角お金を払って宿泊するのですから、清潔で衛生的な施設でなければ一度はあっても二度は宿泊しようとは思いません。そういった意味でも、常に施設内や従業員に対しては、マニュアルを作成し常に管理できる状況でなければ、お客様は離れていってしまうかもしれません。従って予約管理なども含めた、しっかりとした管理体制を整えていくことが重要です。

また、施設を所有していく上で重要なのが、施設や各設備への設備投資・修繕となります。計画的な資金繰りを行なっていかなければ、必要な設備投資や修繕が行なえなかったり、資金繰りを圧迫させてしまうことになります。

 

榎本会計事務所では、旅館業経営者のために下記のようなサービスも含め様々なサービスご用意し、経営者の方をサポートさせていただいております。税務、会計はもちろん旅館業界の知識や情報を基に経営者の方を業績UPに向けて全力でサポートさせていただきます。

 

小冊子無料進呈

榎本会計事務所へのお問い合わせ

お電話:03-3635-3507

ホームページからのお問い合わせ