« 2013年10月 | トップ | 2013年12月 »

2013年11月の記事

2013年11月 3日

新潟県三条ロータリークラブで恒例の落語会。


“らくだ”をやりました!
ベトナムからの留学生もいて、落語わかるかな…と思ったら、ペラペラなんでビックリ!
なんでも今、日系企業が次々にベトナムへ進出していて、日本語をしゃべれる方がいいそうな。
 
FJ310364.jpg
 
メンバーの皆さんと記念写真。
ありがとうございます。

台湾のライオンズクラブからいただいたライオン帽、私はかぶらないので、金八師匠に差し上げました!


金八師匠は不要品はなんでも引き取ってくれる、廃品回収業みたいな人だ、今までの人生でテレビ、冷蔵庫、洗濯機、家財道具、服に至るまで、自分で買った事がなかったのだ!
全て人からのお下がりで生きていた。
 
しかし!
私の家のテレビが映らなくなったので、金八師匠にあげようと思ったら『要らない』と断られた。
結婚を機に初めて自分でテレビを買ったそうな。

131103_1535~010001.jpg
 
時代は変わったね。
嬉しそうにライオン帽をかぶる金八師匠。
着る物も以前より綺麗になった。

三条東別院寄席。


打ち上げは新潟切っての料亭“二洲楼”。
激ウマ!
日本料理は立派な文化だと思います!

FJ310365.jpg
 
先付けからこの優美な飾り付けと美味しさ!
松茸のお吸い物等々、幸せ満載御膳やわぁ!!

FJ310367.jpg
 
最後に出たのは地元、三条産のご飯。
気絶するほど美味かった!
 
新潟の酒は美味い。
連日飲み過ぎ。
 
 

2013年11月10日

仁木さんの小学校時代の友達たちと飲みました。


FJ310368.jpg

昔の友達といつまでも飲めるなんて羨ましいね。


金朝襲名披露興行大千秋楽。


13-11-10_0040001.jpg
 
一門が揃っての口上は初めてだ!
司会は口上の上手さで定評のある金八師匠。
口上長の異名をとっている。
 
金朝師匠のネタは“御神酒徳利”。
かなりいい出来でした。
打ち上げは新真打ち、二っ目さんも集まって賑やかに行われました。
金朝、良かったね!
おめでとう!
 
私の古い友達で、金朝を強力にバックアップしてくれている村井先生と高田馬場の清寿司で飲む。
金朝はたくさんのコミュニティー落語会を早稲田周辺で開いている。
たくさんの御贔屓がいる。
大変な努力家だ。
村井先生は落語に精通していて、私もたくさん教えていただいた。
こういう方にサポートしてもらっているのは有り難い限りだ。
本当にこれからがサバイバルだ。
 

2013年11月15日

赤坂ライオン会。


FJ310370.jpg
 
金時・ひな太郎の会に向けて、酒を控えていたから、ビールがめちゃくちゃ美味い!
飲む方に夢中になってしまって、あとは写真撮り忘れ。
 
酔った~!10時には爆睡体勢に突入。
ところが夜中にかみさんが悲鳴を上げて起こしにきた!
 
なんでも寝ようとしたら、髪の毛にゴキブリがとまっていたそうだ。
私が退治して、自分の布団に帰ると、いつの間にか息子が入り込んでいて、また絶叫!!
驚かすなよ。
なまじ休肝日を作ると飲み過ぎるね…。

2013年11月16日

常陸太田で開催された都々逸全国大会で落語。


FJ310373.jpg
 
“試し酒”をやりました
 
都々逸の開祖、都々一坊扇歌という人は、常陸太田の出身だそうだ。
自らの作品を唄うこの方は御年91歳だそうな。
声も堂々としていて、とても91歳には思えなかった。
 
考えるという事は頭の体操にいいんだね。
受賞者の皆様、おめでとうございます!
 

2013年11月17日

金時・ひな太郎の会、無事終了。


疲れた。
なかなかうまく行かず、かなりカリカリしてた。
ホッとしました。
 
写真を撮る余裕もなかった。
“棒鱈”は25年前にやったっきり。
すごくナーバスきなっていた。
まあまあうまくいったかな。
 
“掛け取り万歳”は文化庁芸術祭をいただいた時のネタ。
あの時は目一杯だったが、だいぶ遊びを入れて出来るようになったかも。
10年の進歩があったかな。
 
ひな太郎師匠の“文違い”面白かった!
さすがだね。
来年は11月16日(日)です。
 

2013年11月20日

21日~30日 池袋演芸場昼席15:15上がり。


仲トリです!
持ち時間もあるから、いろんな噺が出来るぞ!
 
トリは実力派のご存知、古今亭 志ん輔師匠です。
ご来場お待ちしています。
 

2013年11月21日

第98回 みつまさ落語会。


FJ310374.jpg
 
ゲストは実力派真打ちの萬窓師匠。
私は“棒鱈”“不孝者”でした。
 
さすが実力派、萬窓師匠は“文七元結”。
とてもいい出来だったし、勉強にもなった。
 
終演後、萬窓師匠のご好意で、高級イタリア料理屋で、赤ワインマグナムとエスカルゴで芸論に花が咲く。
意識の高い芸人仲間との芸論は楽しい。
また飲もうね、萬窓師匠。
 
とても大好きな噺家さんです。
 

2013年11月22日

池袋演芸場昼席スタートしました!


初日のネタは“不孝者”でした。
 
高座の上がり時間をうっかり間違えて、到着したのが上がる3分前!!
マッハで着替えてなんとか間に合った。
 
終演後、トリの志ん輔師匠に連れられて扇治、歌奴、志ん陽の各師匠とマジックの伊藤夢葉さんで串焼きやさんへ連れて行っていただいた。
志ん輔師匠、ご馳走様でした。
 
その後、巣鴨の仁木さんと飲みながら、先日の金時・ひな太郎の会の感想を聞かせてもらった。
10時には撃沈。
 

2013年11月23日

11月22日 川崎市退職者会の皆様の前で一席。


“井戸の茶碗”をやりました。
 
その後、浅草の瓢庵でお座敷のお仕事。芸者さんの踊りも入ってとても賑やか。
 
雅ですなぁ。
 
札幌からみえたお客様も大変喜んでいらっしゃいました。
 

牛込柳町にある常楽寺様の報恩祭で一席。


“二番煎じ”をやりました。
ビルの中にお寺があってビックリ!
 
とてもいいお客様でした。またお願いします!

2013年11月24日

51回目の誕生日を迎えてしまいました。


まさか自分が51歳になるとは思わなかった…(涙)
 
FJ310375.jpg
 
珍しく家族が全員揃っていて、ケーキでお祝いしてくれました。
嬉しい!(涙)
 
フェイスブックでたくさん、おめでとうメッセージをもらいました。
ありがとうございます!

かみさんと誕生日のお祝いに五反田駅アトレ5階の"シンガポールシーフードリパブリックジュニア"に行く。


FJ310376.jpg
 
すんげぇ美味しいでやんの!
 
特に海老好きにはたまらない。
値段もリーズナブルだし、大満足。
 
いい誕生日を過ごさせてもらいました。
 

私が尊敬してやまない心の友、金八師匠が、誕生日のお祝いにいくらを届けてくれた。


131124_2040~01.jpg
 
本当にいい人だ!
 
私は彼と友になれた事が人生の極みだと思う。
25日夜は池袋演芸場で師匠の独演会。
 
至高の芸を披露なさるに違いない。
頑張れ金八!!
落語界の未来の為に!
 
次はカニとサンマを頼む!
師匠の前途多難なる、もとい!
前途洋々たる将来に完敗!もとい!乾杯!
 
ありがとうございました!

2013年11月27日

ライオン銀座7丁目店でエビス会。


FJ310380.jpg
 
今年のボジョレーヌーボはフルボディで美味しいね!
ライオン生ビールは本当に美味い!
 
FJ310378.jpg
 
お料理もご覧の通りの豪華メニューだ!
こちらのチーフはとても研究熱心。
 
FJ310379.jpg
 
すべておいしかった。
 
FJ310377.jpg
 
日本バラ会の石黒さんがバラについていろいろ教えてくれ、お土産にバラをたくさんくれた。
すごくいい香りだった。
 

2013年11月30日

池袋演芸場10日間無事終了。


充実した毎日でした!!
 
中入り前の上がりなので、持ち時間も25分、今年一度も出来なかった噺を中心にやりました。
 
初日:不孝者
前座の時、先のつば女師匠がおやりになっていて、すごく良かった。三三師匠とネタの交換で手に入れた噺で、こちらからは“鼠穴”をあげました。
 
2日目お休み
 
3日目:鰻の幇間
権太楼師匠に教わった噺。イマイチ権太楼色が抜け切らないので、もっと手垢をつけないと。でも結構好きな噺です。
 
4日目:掛け取り万歳
先日の金時・ひな太郎の会でもやりました。芸術祭賞受賞した時のネタ。10年前とは自分でも随分変わったな‥と思う。
 
5日目:片棒
3月の金時寄席で掘り返して、本当に久しぶりにやったら、程よく熟成していた。これからもやりたい。
 
6日目:秋刀魚芝居
先の円歌師匠の得意ネタだそうで、父から教わりました。季節ネタだから、やれる時にやらないと、何年もやらなくなっちゃうんだよね。
 
7日目:一人酒盛 
後半は久しぶりでしかも大ネタだから、かなり勇気が要った!まず第一弾。一人酒盛りと言えば圓生師匠だ。だけど圓生師匠はわざと意地悪で飲ませないような感じがする。人物を陽気で無邪気な酒飲みにこしらえたかった。私のは文生師匠スタイル。なかなか自分の手に落ちてくれない。稽古、稽古だ。
 
8日目:不動坊
この噺、フルバージョンでやると35分あるので、なかなかできない。ましてや15分の持ち時間ではとてもできない。かといってトリでは、よほどこの噺に自信がないと、かけられない。 私も数年やってない。怖いんだよ。やってない噺って。でもやれてよかった。ウケてよかった!
 
9日目:笠碁
この噺は大好き!でもやる時は必ず体に震えが来ます。先の小さん師匠の姿が見えてしまうから。とにかく先の小さん師匠の笠碁は凄かった、いや凄過ぎた!高座にかける前は『いいのかなぁ…』といつも思う。だから、私は特にこの噺には敬意を払っている。少しでも小さん師匠に近づきたい。
 
千秋楽:猫の災難。
不動坊と猫の災難、やろうかどうしようか、最後まで悩んでた。この芝居が始まってから毎日、稽古してた。『今日こそやろう!』 と思いながらヘタれてた。今日も『歌奴師匠が酒の噺、やってくれたら、合法的に“猫の災難”やらなくてもいいのになぁー』とさえ思ってた。結果的にやってよかった!ものになりそうな気配を感じた。これからは積極的にかけたいと思った。何より自分でやってて楽しかった。大きな収穫。十日間、楽しかったなぁ。高座に上がれるのは本当に嬉しい。浅草の代演もあったし。落語はやってないとダメだねぇ。
とにかくこの十日間、よく稽古した。よくしゃべった。充実してた。嬉しかった。
 
来年2月21~28日 池袋演芸場昼席のトリが決まりました!
ネタ出しします!
乞う御期待!
 
 

過去のブログ記事



「三遊亭金時の部屋」は(株)ECセンターおよび榎本会計事務所のご協力により運営されています。経営者の皆様はぜひこちらのサイトもご覧ください。↓

榎本会計事務所のサイトへ