« 2009年7月 | トップ | 2009年9月 »

2009年8月の記事

2009年8月 3日

毎日、鈴本の高座へ行くのに、少し早めに家を出て、歩きながら稽古して、電車に乗ります。


途中、庭の梅の木にハサミを入れている御婦人。 自家製の梅干しを作っていた。 天気が悪くて思うように干せないそうな…。  毎年、作っていて、古いやつは20年選手だって!  こいつを焼酎のお湯割に入れると、市販のものと違って甘味料が入っていないから美味しいそうだ。  渋谷駅降りると、歴史家のペリー荻野さんにお会いした。 今、読売新聞に連載中なんだって。

2009年8月 2日

ECGのメンバーの“森銀器製作所”の森社長から、こんな凄いプレゼントもらっちゃった!


純銀製。 凄いよねぇ。 頼むと作ってくれるようです。  03(3833)8821  もり銀 です。  贈り物に最適かも! さっそく鞄に付けました。 ホームページもあるんだね。 

2009年8月 1日

今日から上野鈴本昼席13時45分上がりです。 どうか、ご来場お待ちしています。


今日のネタは“代わり目”でした。 時間が少し延びてたからね。 

病気療養中の林家こん平師匠が、久しぶりに元気な姿を見せてくれました。 卓球はさすがでした!



2009年8月 7日

岩手県久慈市の平谷商店社長、平谷靖先生から、とれたてのウニを頂戴しました!


彼が早稲田大学在学中、私と一緒に草野球をやっていた。 高校時代は盛岡三高で、強肩強打の三塁手として活躍したらしい。  三陸海岸で取れるウニは、味に深みがあって、実に美味い!! 毎年送ってくれる、とても頼りになる男だ。  さっそくウニ丼で食す。 激ウマ!!! 大切に食べよう。

落語界屈指の暴れん坊、文左衛門師匠(年齢不詳。)の携帯は、可愛い過ぎ! 似合わねえ!



さっそく『金八師匠の枕を買うと、どんな不幸な夢を見られるんですか?』というお問い合わせがありました。


一例を申し上げます。 1、真打パーティ前日に、後援会長の国会議員が逮捕される夢 2、金に目が眩んで、石焼きビビンバの器を素手でつかみ、大火傷をする夢 3、夏、師匠のうちの応接間のクッションを並べて、汗ダクで昼寝しているところを、女将さんに見つけられて、こっぴどく怒られ、その上クッションも捨てられる夢 4、圓朝まつりで、ミカンが大量に売れ残り、途方に暮れる夢 5、ホテルの風呂場で浴衣を隠され、パンツ一丁でホテルの中を徘徊し、みんなに寄ってタカって笑われる夢 6、師匠の車で灯油を買いに行って、フタをしなかった為に器が倒れ、車が灯油まみれになって、『お前は破門だ〜!!』と言われて、仕方なく坊主になる夢 などです。 どれも普通では味わえない、ステキな夢です。 是非とも買ってやって下さい。 『自分はまだ、幸せなんだな…。』 と実感出来ますよ!

2009年8月 6日

パシフィックビーナスの船旅で、ご一緒した栗原さん御夫妻が、鈴本に来てくれました!


ありがとうございます。 

圓朝まつり、お得情報


酔鼓連の売り場では、噺家の手拭いでこしらえた、エコバッグを販売しています。 左橋師匠のこちらのバッグを、お買い上げ頂くと、左橋師匠がその場で“ウグイス”を鳴いてくれます。  さらに、毎晩必ず、悪夢や不幸な夢を見られる、金八師匠の枕をお買い上げの方には、金八師匠が冷凍ミカンを好きなだけ、くれるそうです。 エコバッグも同様、ミカン詰め放題だって! かなりお得です。  歌る多師匠が 『金八さんの情報は、金時さんのブログから仕入れる人が多いそうだから…。』 との事。  掲載料払え!!金八!!

住吉踊り本番まで後5日、三味線のお師匠さんにナマで弾いてもらって、最終のお稽古。 いよいよだね!



楽屋風景。


着替えをする、落語界一のコワモテ、文左衛門師匠と、落語界一のウソつき、勢朝師匠。 

2009年8月 5日

次回のゴールドラッシュの会は、神保町の“らくごカフェ”です。


こんなとこがあるとは知りませんでした。 神保町の本当に駅前。 キャパは5〜60位が。 金八師匠と下見に来た。 その帰り道、近くの上海屋台料理屋で軽く飲む。 いつもニヒルで二枚目の金八師匠。 最近、猜疑心が強くなって、トイレから帰ってくると必ず、食べ物にカラシがぬってないか確かめるようになった。 この間なんか、寿司の刺身をめくって、わさびがはさんでないか確認してたもんなぁ…。 用心深くなったもんだ。  タバスコを混ぜられて翌朝、うん○を漏らしたのが余程、身に沁みたらしい。 注意深くなって、喜ばしい限りだ。

楽屋風景。 前座に稽古を頼まれる扇遊師匠。 高座前に準備体操するカンジヤママイムさん。


扇遊師匠には私もたくさん、噺を稽古していただきました。 いいよねぇ、扇遊師匠。 落語界屈指の色男だ。

2009年8月 4日

東京都印刷業組合港支部にお呼ばれしました。 挨拶する海江田万里さん。与謝野馨さんもみえたって。


議員さんは大変だね。 与謝野さんも海江田さんも、集まりという集まりに、顔出しているらしい。  ゲームで見事、私の手拭いをゲットした“りんちゃん”。 おじさんの事、忘れないでね…。  青ちゃん夫妻に誘われて、銀座7丁目のライオンへ。 7丁目ライオンは、雰囲気があっていいんだよ。  今日は“ビールの日” だそうで、生ビールが半額!! 一杯の人だった。 サンバのリズムあり、賑やかでした。 ライオン生ビールは本当に美味しい!! 他で飲む生ビールとは、全く別物です。  最近、居酒屋で飲む場合、生ビールより瓶ビールの方が、美味しい事に気づいた。 生ビールより1.5倍位多いし…。 でも、ライオン生ビールだけは違う、凄い、美味い!!  ビールの日は、毎年8月4日だそうです。 

2009年8月 3日

仁木さんに連絡しようと思っていたら、仁木さんから電話がきました。  以心伝心だね。


こちらから連絡しないと 『忙しいの?』 と電話を頂くし、こちらからも一週間に一度くらいで連絡して、巣鴨の“亜希”で飲む。  仁木さんと飲むと、あっという間。 “亜希”は肴も美味い。 夏ならではの“なすの煮浸し”も佳。 鰹、いさき、メンチカツも、全て佳。 落語談義で盛り上がった。 仁木さんは私より、数段、詳しい。 あ〜楽しかった。 ここ2〜3日、酒を空けてたから、酔うのも早い。

2009年8月11日

いよいよ始まり始まり! 住吉踊り。


楽屋から支えてくれている人達を紹介しよう。 笛をふいてくれている志ん丸師匠。 『圓朝まつりの日当、金八師匠がまだくれないんですよ…。』とボヤいてた。  今年は儲かったはずなのに。 金八、偽装倒産か?まぁ、野良犬に咬まれたと思って、諦めろ、志ん丸。 金八が払うとは思えないからね…。  三味線の下座さん。 手前から、そのちゃん、はるちゃん、あさちゃん。 腕も器量も落語協会トップクラスだ。  去年まで花形の踊り子として活躍していた柳家小里ん師匠が、楽屋見舞いに来てくれた。 トンボ切れる人は小里ん師匠だけだっただけに残念だ。 『毎年、住吉踊りでトンボ切ってたから出来たけど、来年になったら出来ないかもなぁ…』と仰ってた。 なら、毎年、トンボだけ切りに来て下さい!  俺、小里ん師匠の噺も生き方も大好きなんだ。  去年まで座長だった、うちのオヤジも顔を出してくれた。 やはり励みになります。 “かっかれ”を初めてやって、満点以上の出来を魅せた左橋師匠は、会心の笑みをみせた! 私が“かっかれ”をやった後、このような笑みをみせたいものだ。

2009年8月10日

いよいよ明日から“住吉踊り” 。 踊りは3時半位からです。 熱の入った稽古風景と、師範の小円歌姉さん


私の高座は、馬石師匠と交互出演で、私の出番は、13日(木)、16日(日)、18日〜20日の午前11時位からです。  今日は最終のお稽古。  一糸乱れぬ?完成ぶり!  稽古後、近所の焼き肉屋で決起集会を開いて、明日からの大入りを祈念した。  皆さん来て下さいね!!!

圓朝まつり、成績表。


本当にたくさんのお客様で、それぞれの店は好成績だったようです。  金八師匠の冷凍みかんも、めでたく完売したそうだ。  ただ使用方法に問題がありました。  暑かったので、冷凍みかんを手拭いで包み、首に当てて涼をとる行為が流行し、溶けたみかんは棄てる人が続出したのだ!  ともあれ、完売したことだし、目出たい限りだ。  そうそう、このブログで紹介した、“金八の不幸な夢を見られる枕”、早々と売れたそうです。  『不幸な夢を見られる枕ください…。』  と言って買いに来た客がいたそうだ。  今朝はきっと大量の脂汗をかいて、お目覚めになったに違いない。  広告料よこせ、金八。  可哀想だったのが金也師匠。 開場直前、生ビールのサーバーが壊れて、販売出来なかったのだ。 『おかしいなぁ…。昨日はなんともなかったのに…。』と、盛んに首を傾げていた。  今日、鈴本でその話をすると、勢朝師匠が 『それは意図的に破壊されたんだよ。 誰がそのお陰で儲かったか、考えないと 』…。 あ! 文左衛門師匠のホッピーだ! バカ売れして、ホッピー追加注文してたもんなぁ。  そういえば、生ビールサーバーの近く を、スパナを片手にうろつく、文左衛門師匠の姿を見た、という目撃情報があったらしい。  やはり、犯罪者系の顔だと思ったよ。  さっき楽屋で聞いたら 『知りませんよぉ…。』 と完全否認していたが、目は明らかに泳いでいた。   帰り道、ふっと見ると、文左衛門師匠が近くのコンビニで、大量のカップめんとお菓子を買い、ATMでお金を引き出そうとしていた。 お前はノリピーか!  どうやら山梨方面にトンズラするらしい…。   うちの氷屋? 適度に儲けさせて頂きました。  焼き肉美味しかった!  ご来場の皆様、ありがとうございました。

この二人、似てるよなぁ。 初め、本人かと思ったよ。



2009年8月 9日

圓朝まつり風景


私がNHKのドラマに出ている時からお世話になっている、“山形屋氷業”の社長。  “氷金時”のかき氷は、本職の氷だから美味しいのだ!   本当にいっぱいのお客様。 文字通り、あふれんばかりのお客様だった。  “お焚き上げ”の風景と、最後の“住吉踊り”を見る皆様。   片付けに入ったら、凄まじい雷雨にみまわれた。   うちら一門は、浅草の焼き肉屋“大福園”で暴れ喰いして解散。 疲れた〜。

圓朝まつりの名店巡り


なんと言っても、柳家一九師匠の落語絵。  落語ファンにはたまりません!  ただ、大人気なので2〜3ヶ月待ちとか…。  プリウス並みの人気だ。  音曲の柳家小菊さんと、手品の花島せつ子さんの“どっとうるコーヒー”。  『おかえりなさいませ、ご主人様〜。』スタイルがたまらない。  極めつけがこちら。 “ハルベル堂”。  これがプレミア物の“圓朝のサインボール”  あるわけねぇだろ!  見るからに怪しい玉の輔社長。

今年もやって来ました、圓朝まつり!


我々の集合は8時。 ところが我々より先にお客様が来て、ご覧の通りの長蛇の列。 権太楼師匠の挨拶で、始まり始まり。 “柳家のカレー”は超人気店だ。 はん治師匠が女将さんと丸々二日間かけて、作り上げるカレーは超人気で、いつも午前中には売り切れてしまう。 『人参を50本以上すった。』というカレー。 マズい訳がない。 手伝いのこみちと。       起死回生を狙う金八師匠と、8年来、助っ人を務める志ん丸師匠。 『初年度から手伝い賃はもらってない』 という。     金八師匠曰わく 『ミカン屋は倒産したんだ! 倒産した社長から給料を取ろう!なんてのはとんでもない話だ!』  。 彼は毎年、倒産しているのだ!  毎年、無給で偉いね。   権太楼師匠の店では、なぜか白酒師匠が店番をしていた。  

2009年8月 8日

いよいよ明日だ、圓朝まつり!     場所は、千代田線、千駄木駅下車徒歩5分の全生庵です。


さんさき坂のあちこちに“圓朝まつり”のポスターが貼ってあった。 みんな、明日の準備に余念がない。 私はかき氷屋“氷金時”です。 酔鼓連の歌る多師匠と菊千代師匠。 本部の正朝師匠、世の介師匠と、しん平師匠。 圓朝まつりの稼ぎ頭、生ビールの親方、金也師匠。 去年は宅配業者の手違いで、昼過ぎまで商品のみかんが届かない、という悪夢のようなトラブルで、大量の売れ残りを抱える羽目に遭った、冷凍みかんの金八師匠。 売り歩く台車作りに一生懸命だった。 お寺だから蚊が寄ってきて、たくさん刺されていた。     開始は9時半から。 『ホームページを見ました!』 と言って下されば、かき氷を百円引きにします。

2009年8月 7日

ユアーズの会


何の会だかわからなかった。 とにかく、ライオンズクラブでお世話になっている吉江さんが『来い!!』 というので伺いました。  ロシアの歌姫、エカテリーナさんの歌に続き、一席伺いました。 ボニージャックスの西脇さん。 YYプロダクションの役者さんは、それぞれ、明治座等で、活躍中との事。  二次会で、銀座でのんで帰宅。 最近、酔うのが早くなったなぁ…。

2009年8月16日

浅草演芸ホール6日目。 中日を過ぎると、あっという間だ。


始まる前はみんな結構、緊張していて、裏で盛んにさらっている。 “ずぼら”をさらう神田紅師匠と、“黒田節”をさらう、とん馬、馬石、菊春各師匠。 余裕の表情で、自分のブログ用写真を撮る小文治師匠。 小里ん師匠が、楽屋見舞いに“まい泉”のメンチカツバーガーをくださった。 美味しかった〜。

2009年8月15日

中日の打ち上げは、浅草きっての名店“尾張や”さんです。 こちらの蕎麦は激、激、激ウマです!


尾張屋の女将さんは気っ風のいい江戸っ子で、いつもご馳走して下さいます。 座長の駒三師匠の御発声でスタート。 紫蘇切り蕎麦は、気絶するほど美味かった。 私が必ずお願いするのは“かしわ南蛮”。 生姜を溶かし込んだ汁に冷たい蕎麦を浸して食べる。 幸せになる一瞬だ。 とにかく、尾張屋は激、激、激ウマです! 浅草に入ると、必ず3日は寄ります。 その後、カラオケで盛り上がった。 最後は志ん朝師匠の十八番だった“宗右衛門町ブルース”をみんなで熱唱した。 志ん弥師匠は泣いてた。 私も泣いた。 本当にいい師匠だった。 改めて合掌。 明日からまた、頑張ろう!

住吉踊りも早、中日を迎えました。


高座の裏では、こうして自分の出番をさらってます。 それでも間違えるんだから重症だね〜。

2009年8月14日

三遊亭金八師匠と、飯田橋で飲みました。


かなり突っ込んだ話をして帰る。 落語家はやはり、寄席がなくては絶対ダメだよ…。 喋る機会は欲しい。 努力してもツラいんだよ…。

昨日は休肝日だったので、早寝して早起きしました。


新宿の実家に用があったので、自転車でまず、江戸川橋にある還国寺に行って、志ん朝師匠のお墓に手を合わせる。 住吉踊りには、とりわけ熱心でらしたから、浅草演芸ホールのどこかでご覧になっているかもしれない。 とにかく、4〜5段の階段が昇れない程、病魔に冒されていたのに、高座で“綱条”を踊るんだから、見ていて涙が出たよ…。 どうか安らかに。 我々を見守って下さい。 師匠の墓は、いつ来ても花が絶えたことがない。 いい師匠だったなぁ…。 私が信心する、高田馬場の穴八幡様に寄って、この仕事の少なさをなんとかして下さい! とお願いした。 日は出てなかったけど、相変わらず蒸し暑い。 帰ったら汗だくだった。 シャワーを浴びて、着替えて浅草に向かった。 

2009年8月13日

浅草演芸ホール。 今日は高座もありました。


なにせ、高座は11時からで、踊りは15時半から。 その間の時間に歩いて墓参りに行く。 菩提寺は森下だから、浅草雷門から駒形橋を渡り、東京都戦没者墓苑の前で手を合わせ、堅川を渡ると、『長谷川平蔵が通った軍鶏鍋の“五鉄”はこの辺りです。』 といった看板を発見。 菩提寺の法樹院は相変わらず、薄汚く、猫臭かった。 早々に墓参りを済ませ、時代がストップしたような建物の唐辛子屋で一味唐辛子を買う。 ここの、美味しいんだよ。 昔からおばあちゃん一人でやっている。 帰りもテクテク、今度は厩橋を渡るとちょうど、松本零士先生がデザインした遊覧船が通っていた。 浅草演芸ホールに着いたのは2時。 ちょうどよかったけど、暑かった! 踊りは左橋師匠が“姉さん”を豪快に間違えてたが、そこは愛嬌。 お客様は大爆笑だった。 明日は我が身、何事もありませんように…。

2009年8月12日

仁木さんとのんでから、DVDでお世話になった小川さん、鈴木さんと、高田馬場でおつかれさん会をやりました


巣鴨の“亜希”の今日のお薦めは、大間のマグロ。 香りがあって、冷凍ものとは、明らかに違うんだよ。 仁木さんとのんでから、高田馬場に移動して、ひな太郎師匠と、DVDでお世話になった小川さん、鈴木さんと、圓朝まつりの“おつかれさん会”をやる。 ひな太郎師匠はグルメな事でも有名で、連れてっていただいた寿司屋さんも、すごく美味しかった。 高田馬場から汽車に乗ったら、爆睡してしまって、目覚めたら有楽町だった。 最近、弱くなったなぁ…。 酔うとすぐ寝ちゃうんだよ。 トシだなぁ…。

住吉踊り2日目、無事?終了。


住吉踊りの重鎮、志ん弥師匠が、知る人ぞ知る名店“黒松” どら焼きを買ってきてくださった。 黒糖の香りがして、甘みを程良くおさえてあって、美味しいんだ! お腹が空いてたから二個も食べちゃった。 今日の出番を発表する、番頭さんの吉窓師匠と、緊張の面持ちで聞くメンバー達。 住吉踊りの会一番の色男で、次期座長の呼び声高い馬石師匠。 彼は電磁波に対してかなり恐怖心を持っていて、うちでは電子レンジは使わないし、携帯ではなく、ピッチを使っている。 我々が電話すると、素早く逃げる。 電線の下は通らないから、いつもものすごく遠回りして寄席に来る。 勿論、電車も乗らないから、毎日自転車移動だ。 楽屋でとん馬師匠が 『そんなに磁気が嫌なら次期座長の“じき”も気になるのかなあ…』 だって。 上手いねぇ〜、とん馬師匠!

2009年8月11日

赤坂ライオン会は、異業種交流会で、かなり楽しいんだよ。


この間の圓朝まつりの時も、お客さんから言われたんだよなぁ…。 『金時さんって毎日、美味しいもんばかり食べてるんですね…。』 って。載せる時は特別です。 サイゼや吉牛載せたって面白くないでしょ?  赤坂山王パークタワー店でのライオン会、チーフはかなりの手練れだ。 “いさきのポアレ”“子羊のロースト”他、すんげぇ美味しかった。 チーフ、腕を上げてるね!  みんなで集合写真。 また来月、元気で会いましょう!

2009年8月20日

住吉踊り打ち上げは、田原町駅前の“たけなわ”さん。 小里ん師匠の同級生のお店です。


座長の駒三師匠の発声で乾杯。 ほぼ毎日、楽屋に顔を出して下さった小里ん師匠。 今日の店、“たけなわ”さんは、同級生のよしみで酒を持ち込み、つまみを上乗せさせて、大活躍だった。 『どうせ、毎日浅草に顔をだすなら、浴衣着てもらって、舞台番として、来年から働いてもらおう!』 という事が決まった。 さらに、御年78歳の円平師匠が『今年限りで…。』 と言い出たが、10日間の内、5日は出ていただくことも決まった。 来年の出し物も粗方決まったし、頑張ろう! ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました!

浅草演芸ホール、住吉踊りも今日で千秋楽。 皆様のおかげで無事、盛況のうち終える事が出来ました!


最終日のメンバーを発表する、番頭の吉窓師匠。 みんなの信頼は極めて篤い。 本当にいい師匠だ。 その発表を緊張の面持ちで聞く一同。 苦労に苦労を重ねて、今回の会を成功に導いたのは、なんと言っても小圓歌師匠です。 ありがとうございました! 次期座長の呼び声高い馬石師匠は遅刻魔で、誰が何を踊るか、の発表には必ず、遅刻してくる。 まぁ、『何をやったって、俺にはかなわないだろ〜?』的な余裕があるようだ。 事実、彼は上手い。 男っぷりもいい! 『何でもきやがれ!』という気持ちなんだろう! だが今日は、『毎日、遅刻してスミマセン!』 というお詫びを込めて、セミヌードを披露してくれた。 さすが、かつては西脇工業野球部で主将、サードで四番というスポーツマン。 鍛え上げられた肉体は、女性ファンならずとも、たまらないだろう。 終演後、みんなで記念写真。 なんか、やり遂げた達成感があった。 

2009年8月19日

もとい!釜飯屋は“むつみ”でした。 超有名店で、故志ん朝師匠や、柳家小三治師匠も常連です!


私の心の友であります、三遊亭金八師匠に、ご指摘頂きました! 師匠は今、洗い張りの真っ最中なのに、私めのようなゴミブログを細かくチェックしてくださって、嬉しい限りです。 産業廃棄物みたいなミカンを圓朝まつりで売って、荒稼ぎをした、今、紀伊國屋の師匠、ありがとうございました。 よ!紀伊國屋!洗い張り、頑張れ!!

浅草演芸ホールに知り合いが来てくれたので、食事しに行きました。


歌る多師匠に教えてもらった釜飯屋“みよし”。 浅草見番のすぐ真裏。 すんげぇ、美味かった!!!かみさんと弟子二人も大満足!!! 煮物や、薩摩揚げ、刺身もいかそうめんも激ウマでした。 帰り道、新仲見世で、みんなはかき氷や白玉を食べて帰宅。 釜飯の“みよし”絶対オススメです。

私の大の御贔屓で、大好きな小口さんの会社、オーウィルが青山に引っ越しました。


青山一丁目の駅から徒歩0分、青山ビル12階で、社長室からは東宮御所や、神宮外苑が眼下に見える、絶好の立地条件だ。 神宮外苑の花火大会も間近に見られるそうで、来年からはお客さんを招待して、花火見物を催すそうだ。 社内は御祝いの胡蝶蘭が一杯で、まるで花屋のようだった! 『皆さんに支えられているのに、お花を頂いて本当に有り難い…。』と仰っていた。 それもそうですが、誠心誠意の社長の姿勢の賜物だと思います。 おめでとうございます!!!

2009年8月18日

今日から高座もあります。 高座が11時からで、踊りが3時半からだから、退屈しちゃうんだよねぇ。


その間、浅草から歩いて錦糸町のみつまささんに。 おろしせいろをご馳走になる。 昨日、仁木さんとしこたま飲んで、胃袋の調子がイマイチなところに、辛み大根が強烈に効いた。 美味しかった〜!! 帰り道、相撲とりが米を仕入れていた。 これで何日もつのかなぁ…。 今日は連日、特訓を積んだ“かっかれ”。 歌る多師匠が相方で、号令をかけてくれたから、まあまあかな…。 でもかなり間違えた。 ま、なんとか一安心。 あと二日、頑張ろう!

2009年8月17日

去年で住吉踊りの会を引退された、志ん橋師匠が見に来て下さいました。 嬉しいし、励みになります!



住吉踊りの会、美少女図鑑


まず二っ目のピチピチどころ、ちよりんちゃんと、ぼたんちゃん。 落語芸術協会から、人妻の色気満開のまねき猫ちゃんと、早稲田大学卒業のインテリ、右団治師匠。 極めつけは『酔わせて何とかしよう…』 という野心を持って、近づいてくる芸人を片っ端から血祭りに挙げている、漫才協団きってのうわばみ、酒豪のにゃんこちゃん。 

長野さんから突然のお呼び出しを頂いて、神楽坂の“和Raku”という店にお邪魔しました。


熊谷組の本社近く、民家をそのまま店にしたそうだ。 本店は京都にあるそうで、上品な御料理でした。 着くと長野ご夫妻、伊達さんご夫妻と、なぜか金八師匠がいた。 来店したお客様には、線香花火をサービスしてくれて、庭で女の子が早速やってた。 俺、花火の匂い好きなんだよ。 その後、カラオケボックスで熱唱。 ご馳走さまでした。

2009年8月28日

いよいよ、上七軒に出発!!


今日、初めてご一緒する、高橋理子さんは“ヒロコレッジ”という染め物の会社の社長で、東京芸大の出身だ。 浴衣や着物のデザイン、染め付けなどをしている。 今日の、このおしゃれな浴衣もご自身のデザインで、花緑師匠の着物のデザインも手掛けたそうだ。 お土産に、デザインして染めた手拭いを、エコバッグにした、とてもおしゃれな逸品を下さった。 ありがとうございます! お茶屋はいつもの“中里”。 御料理は実に洗練されていて、皆美味しいが、今日は特にこの“京松茸とハモのお吸物”が超美味しかった。 しあわせ…。 お座敷遊びをして、ほんまに贅沢おす。 いろんな遊びがあるが、慣れている舞子さんにはかなわない。 みんな負け続けで、罰杯飲みまくりだった。 気がつくと5時間位、平気で経ってる贅沢な時間だ。 お客を楽しませる、本当のプロフェッショナルだ。 私も勉強になります。 いつも連れて来て下さる旦那さんは、京都に行く朝は、無意識に小唄を口ずさんでしまって、奥様にバレバレなんだって。 笑っちゃうけど、根が正直なんだね、きっと。 芸人を遊ばせて頂いてありがとうございます! 心から感謝してます!

いよいよ上七軒に出発!!


舞子さんと芸妓さん。 舞子さんの彼女も来年、はたちで、晴れて芸妓さんになれる。 帯の結び方や、カツラをつけられたり、一人で移動も出来るんだそうだ。 舞はあくまでも雅やかでした。 三味線のさと幸さん、綺麗だよなぁ。 密かにファンです、あたい。 この柱の中ほどが黒くなってるでしょ? これは江戸時代、酔っ払った人が柱に寄りかかり、チョンマゲの油が付いたんだって。 時代を感じるね…。 

京都ブラブラ


安井金毘羅宮は有名な縁切りの神様。 これをくぐり抜けると、悪縁を切れるという。 絵馬の願い事もハンパではない。 凄い事書いてあった。 本当に切りたいんだね。 私もそっと、弟弟子の金八に絡みつく不幸の連鎖 (拙ブログ8月7日“さっそく…”号参照)が断ち切れるよう、そっと手を合わせる。 なんて優しい兄弟子なんだろう。 感謝しろよ、金八!! 高台寺を見学したところでタイムアップ。 歩く京都はまた、違う楽しみがあった。

京都ブラブラ


錦市場通りは活気があって、なかなか面白い。 先斗町を散策して、鴨川を渡ると夏の京都の風景。 一力茶屋を曲がると、女優の田畑智子ちゃんのお父さんの店“鳥居本”の前を通る。 一度食べたけど、美味しいよ。 

2009年8月27日

京都にやって来た。


ホテルグランヴィア京都の中の中華“楼外楼”で腹ごしらえ。 “豚肉と高菜の汁そば”激ウマ!! 久しぶりにこんな美味しいラーメン食べたよ。 今日はブラブラ、散策する事にした。 噂の漢字検定協会を発見。 漢字は読めても、空気は読めなかったんだね、あの理事長…。

2009年8月26日

母校、堀越学園の理事長夫妻と飲んできました。


御年90歳と85歳 。 福々しいばかりだ。 来月、“お祝いの会”の司会を勤めさせていただくにあたって、打ち合わせの為にセンチュリーハイアットのレストランに伺った。 が、打ち合わせはほんの10分、あとは飲み続け。 恩師である堀越先生と飲むのは楽しい。 先生のお父上は、かの乃木大将の御子息と同じ部隊に所属し、203高地を落とした時にいたそうだ。 穎明館高校も、どうして穎明館にしたか?とか、凄く勉強になった。 13時から飲み始めて17時まで。 あ〜酔った。 楽しかった。 酔い覚ましとお稽古で、歩いて帰る。 

2009年8月25日

“うますぎて申し訳ないっス!”のキャッチフレーズで有名な浅草“ヨシカミ”に行って来ました。


9月1日から始まる、浅草演芸ホールのトリで、予め飾るノボリを届けに行って、ついでに“ヨシカミ”で昼食。 昔、まだ私が子供の頃、親父がよく連れて来てくれた。 厨房で働くコックさんは実にリズミカルで、見ていて楽しい。 私が頼んだのは“チキンソテー”。 平日だというのに大繁盛。 マズくはないけど、一度食べたらもういいかな…って感じ。 それに高い。 昔の洋食屋だね。 まぁ、話のタネに一度食べてみれば…?

2009年8月24日

ヒマな1日、高校野球の決勝戦を観て過ごす。


凄い試合だったね。 “野球はツーアウトから”というのを久々に実感した。 勝った方が泣いてて、負けた方が笑ってた。 不思議な風景だった。 話は違うけど、まだ二っ目の頃、鈴本演芸場で“抜け雀”をやって、終演後、鈴本の社長に感想を伺ったら 『途中まではまあまあだったけど、オチ間際に“もう大丈夫”的な油断を感じたね…。』 と言われてドキッとした。 『さすが席亭は鋭いな…。』 と驚いた。 鈴本のお席亭は毎度、的を突いた、鋭い指摘をして下さるので、とても頼りにしている。 先日、同じ境遇の、とある師匠が、オチ間際で絶句した。 普通、真打ちでは有り得ないけど、やはり油断したのかなぁ…。 何にしても、試合終了まで絶対に気は抜けないね。

2009年8月23日

選挙前はマンモス暇。 ラリッてしまいます。 お仕事よろピく!!



2009年8月22日

赤坂ライオン会は、新宿Lタワーの地下で行われています。


こちらのお料理は大変に美味しい! 写真は、“えびとアボガドのサラダ”と“角切りステーキ”だけど、写真にないお料理も美味しかった。 メンバーの木匠さんは先頃、叙勲されました! ご自分の人生に対する、御褒美だと思います。 おめでとうございます!

父の旧知の岩間社長の奥様、正子さんは人間国宝“常磐津一巴太夫”さんの直弟子です。


隣の演芸場では、先頃、米團治を襲名した、元小米朝師匠が独演会をやってらしたので、表敬訪問しました。 まさに至れり尽くせりの舞台で、祇園から来た芸妓さんが、お茶を点ててくれました。 岩間正子事、常磐津巴瑠正さん、堂々の舞台でした。 

2009年8月21日

五反田のゆうぽうとで、さわやか信用金庫さんの『お得意様の集い』で、講演してきました。


さわやか信用金庫さんが誇る、美人社員の皆さん。 “厩火事”をやりました。 ありがとうございました。  抽選会は豪華な景品でした。

2009年8月31日

お知らせ〜10月1日深夜1時〜NHKラジオ第一 “深夜便 落語100選” に登場します!


ネタは “紙入れ” です。 どうか聴いてください。 明日からの浅草演芸ホールのトリも、御来場お待ちしてます!私の出番は20時半位からです。

2009年8月30日

ヒヤシンス草野球団 夏合宿2日目


さすがに2日目は、ほぼ全員が 『肩が痛い、腰が痛い…』 と使いものにならず、約1時間半のバッティング練習で終了。 記念写真を撮って、道の駅小淵沢で温泉に入り、帰路についた。 あ〜肩痛ぇ、腰痛ぇ…。

ヒヤシンス草野球団、夏合宿


山梨県富士見町立南中学校のグランドを借りて、3時間みっちり、打撃練習を中心に汗をかいた。 鹿の湯で温泉に入る。 新入団の愚息、隆平君。 泊まりはペンション“メイプルヒルズ イン トゥンブクトゥ”。 野郎同士だけで泊まるのはもったいないペンションだった。 かつて、山口百恵さんも宿泊し、アサヒビールのコマーシャルのロケにも使われたんだって。 向かいのカントリーキッチンでステーキを食べる。 私の分はほとんど息子に喰われた。 ヒヤシンスの勇者の面々。 野球談義に花が咲き、9時にダウン。 明日も練習するんだ。 

2009年8月28日

一夜明けて今日は、岩倉まで行きました。


バスで国際会議場まで行って、歩いて岩倉具視旧邸を見に行く。 岩倉具視公はかつてここに5年間幽閉されていたそうな…。 観光客は極めて少ないそうで、係のおじさんに聞いたら『1日0〜10人位…』と言ってた。 しかし、観光地化されておらず、中は見放題。 庭を眺めながら、侘びしく日々を送る岩倉具視公の姿が見えるようだった。 また国際会議場まで歩いて、9月1日からのトリに備えて、幾つか噺を稽古する。 バスで四条烏丸に出て、錦市場通りでお買い物して、駅まで歩いて汽車に乗った。 本当は先斗町辺りで一杯やるつもりだったけど、時間が中途半端で店が開いてなかったので、いつも通り、セブンイレブンでビールとチキン棒を買って、新幹線の中で一人打ち上げ中。 京都は何回来ても飽きないね。 

過去のブログ記事



「三遊亭金時の部屋」は(株)ECセンターおよび榎本会計事務所のご協力により運営されています。経営者の皆様はぜひこちらのサイトもご覧ください。↓

榎本会計事務所のサイトへ