« 2009年6月 | トップ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009年7月 1日

明日の朝日新聞朝刊の東京版に私が出ます! 高校球児だっ時の事です。 見て下さい。



2009年7月10日

祇園、叶家


祇園ホテルの真向かいの細い道を抜けると、まるでタイムスリップしたような雰囲気だった。 老舗の叶家の女将さん。 地方さんの声が素晴らしかった。 お膳を運んでくれた彼女は15歳。 舞子さんを目指して修行中だそうだ。 御料理は実に洗練されていて、みんな美味しかった。 今の時期は、京都はハモだね。 

2009年7月 9日

京都大原三千院


京都駅からバスで一時間半弱、思ったより、ずっと遠かった。 中庭は素晴らしく、本当に別世界。 わらべ地蔵が可愛がった。 この辺りは“しば漬け”の本場だそうで、至る所で紫蘇を栽培していた。 気候が栽培に適しているそうな。  一生懸命、雑巾がけをする若い僧侶。 頑張れ!大僧正と呼ばれる、その日まで! 名物しば漬けを買って帰る。 寂光院は見る時間がなかった。 残念!

京都へやって来た。


ホテルに荷物を預け、探索前の腹ごしらえに、お気に入りのラーメン屋“第一旭”に行ったらお休み。仕方ないので、駅前のメルパルク一階のレストランに入る。 “明太子とエビの冷製パスタ、ヨーグルト風味”を頼む。 すんげぇマズかった! 思いっ切り出端をくじかれた。 ヨーグルトの味しかしないんだよ。 塩をもらって、辛うじて腹ごしらえ。大原行きのバスに乗った。

落語家仲間のゴルフコンペな楽しいぞ〜!


権太楼師匠他、10人が集まって、茨城のライジングゴルフクラブでプレイ。水戸から約1時間、かなり遠いが、昼からのスルーで3600は安い。 なかには、ブログに出てはマズい人もいるから、遠目だけね。 終わってから、隣接するロッジでバーベキュー。 みんな上半身裸。 玉の輔師匠は、お馴染みのフル珍姿だ。すごく美味しかった。 ゴルフは、実力者の正朝師匠が優勝。 私は大暴れだったが、ハンディに恵まれて、準優勝でした!スコアは言えない。 とにかく、1mのパットがことごとく入らなかった。 でも、仲間でゴルフは楽しい。 明日は京都に行くので、志ん丸師匠と帰って来たけど、次回は泊まってプレーしよう。面白かった!

2009年7月 6日

本当にダラダラ…。昨日は10時半に寝たのに、9時半まで寝てたよ。


やっぱり疲れていたみたい。 かなりつめて稽古してたし…。 仁木さんと飲みに行く。 いつもの巣鴨“亜希”。 メバルの煮付けと、さよりの天ぷらが美味かった。 魚は美味しいよねぇ。 今の時期は、やはりメバルの煮付け。 岩国に住む、親友のつっちんの親父が生前、瀬戸内で釣ってきたメバルの煮付けの味が忘れられない。 あとは“さよりの天ぷら”。  美味しかった! なんだかんだいっても、日本料理は美味しいね。 写真撮ろうと思ったけど、食欲に負けて撮り忘れ。  仁木さんに金時寄席の寸評を頂く。 『大山参り』の寸評が、ことのほか、良かったのでビックリ!! 本当に苦労したんだ、この噺。 いずれも自分の中では50〜60点くらい。 やり残した事はたくさんあります。 次回はもっといい噺をお出しします。 次回以降もどうか、お見捨てないよう、お願いします。

2009年7月 5日

日本書鏡院50周年記念祝賀会が、目黒雅叙園で行われました。


大師匠と、僕の先生の耕史先生。 会場はこの通り、一杯のお客様だ。 元声優で、“銀河鉄道999”のメーテル役だった、講談師の一龍斎春水師匠と、浪曲協会会長の澤孝子先生。 両師も書鏡院の門下だ。 シンガーソングライターの暮部拓哉さんが、最後に歌ってくれた。 素晴らしかった! プロはやはり違う。 歌詞の中で“♪辛いという字は頑張れば幸せになる”という一節があった。 うまい事いうじゃん!! 大盛り上がりで、アンコール歌ってお開き。 来年はもっといい作品が出来るよう、頑張ろう。 うちの時松は今日、金八師匠のお供で、落語会だそうだ。 『たらふく喰わせてやる!』 という約束だったのに、『打ち上げはさくら水産で、しかもツマミは魚肉ソーセージだけでした…。』 という、涙のメールが来た。 金八はさくら水産のサクラだね。

2009年7月 4日

金時寄席、無事終了。 山本文郎さんからこんな凄い胡蝶蘭が届きました。


今日もたくさんのお客様。 ありがとうございます。 終演後、渋谷マークシティのライオンで、元サッポロライオン社長の長澤さん他、皆様と飲む。 サッポロライオンの生ビールは激ウマだ! 他の生ビールとは全く違う! 何でこんなに違うのかと思う。 一般の店なら、一杯でおしまいだが、サッポロライオンの生ビールは、何杯も飲めるから不思議だ。 いい心持ちで帰宅。 しばらくダラダラしよう。

小さん師匠のお墓参り。豪徳寺にあります。


本当にお世話になりました。 いい師匠だった。 噺もたくさん教えていただいたんだ。 宝物だね。 すぐ近くにある蕎麦屋“福室庵”の主人は、高校の同級生。 高校時代は暴れん坊で、担任の瀬戸先生の恐ろしさを知らない時分、出された質問に対して『そんな問題、わかる訳ねぇだろ!』 と言った瞬間、瀬戸教諭が二ヤッと冷たく笑った。 出席簿を持って福室のとこに行くと、往復ビンタをバシバシバシバシ! 両手で顔をガードしたが、その両手を持ち上げてバシバシバシバシバシバシ…。 いや〜恐ろしかった。 それから、やんちゃだった彼は大人しくなったのだ。 クラス会の度、この話題が出る。 今は蕎麦屋の立派な大将だ。

2009年7月 3日

ライオンズクラブでお世話になっている星野さんは、建設業会の名門“片山組”の社長なんだぜ!!


今日はその脇を固める、傘下の会社の二世社長の集まり。 星野さんは偉いよ。 いわゆる下請けをすごく大事にする。 以前も『下請けさんが頑張って下さるから、うちの会社があるんだよ…。』と言ってた。 偉い人だ。 帰りに、歌舞伎町のチャンピオン、望月社長の大阪屋でビールを飲む。 望月社長が言うには『最近、草食系が多くて、俺の拳を使う機会が少なくて困るぜ…。』と、元日本チャンピオンの腕を撫していた。 店に暴れ込んできた荒くれ共を、片っ端から病院送りにした昔が懐かしいのだろう。 彼は歌舞伎町の抜き身の凶器だ。 歌舞伎町に平穏あれ…。 

2009年7月 2日

今日の朝日新聞朝刊の東京版に、私の高校球児だった時の写真が載りました。 怖いくらい息子ソックリ…。



ぶらぶら稽古中。小田急線、梅ヶ丘〜世田谷代田間、知らないうちに、こんなに工事が進んでてビックリ!


今から12〜3年前に住んでいた家の近所のクリーニング屋さん。 トシとったね〜。 まぁ、俺も同じか…。

2009年7月16日

千歳烏山の“オヤジの会”の皆様と飲み会


駅前の“みかわ亭”という店で、毎月末に集まっているそうだ。 オヤジになってから、こういう会は絶対、楽しいと思う。 メンバーの中村さんは、私が前座の頃から、お世話になっている方だ。 いつも私の事を心に掛けて下さって、本当に嬉しい。 その後、会長の永野さんらと、スナック“らいむらいと”で熱唱。 酔っ払っちゃったなぁ! でもかなり楽しかった。 ご馳走様でした。 これから深い深いお付き合いを、お願いします。

今日はみつまさ寄席


ゲストは金八さん。 ネタは彼が“たがや”、私は“三年目”でした。 このお客様は、はるばる福井県から来て下さって、これから深夜バスで帰るそうだ。 ありがとうございます。 絶品蕎麦を食べて、近くのモツ焼き屋で“ズルっ八”の異名をとる三遊亭金八師匠に、世渡りの秘訣を伝授して頂きました。 師匠は、今年の正月初席の打ち上げで、十分な料理があるにもかかわらず、大量の追加注文をして、母から大顰蹙をかった。 世渡り上手の小判鮫、金八さんとしては、思いがけない大失態だったそうだ。 母がこっちのテーブルで、何を注文しているかをチェックしてるとは計算外だったそうな。 金八師匠の未来に幸多からん事を心から祈らざるを、えなかった。 

2009年7月15日

2009/8月のスケジュール


1〜10日
鈴本 昼席 14時〜 詳細はこちら 


7日
クラブユアーズで余興


11〜20日
浅草演芸ホール 恒例住吉踊り 詳細はこちら


2009年7月14日

赤坂ライオン会


異業種交流会だけど、みんな気心が知れていて、かなり楽しい。 お料理もなかなか。 スズキのガレットが美味しかった。 重ねて言うが、いつも金時は美味しいもんばかり食べてる訳ではありません。 が、今晩は美味しかったです。

稀代の雨男、飯塚くんとゴルフ。


高校時代からの親友であるが、こやつとゴルフをやって、晴れた試しがない。 前回は水道管が破裂したような雨の中でのプレーだった。 それがどうだ、この上天気! 場所は、関越道花園インターで降りて20分の廣済堂埼玉カントリーってコース。 彼はシングルだからいいけど、私クラスにはフルバックは家賃が高い。 スコアは…言えない…。 でも、パーは5個位取った。 今日はドライバーが大暴れだった。 アイアンとアプローチはまあまあだったけどねぇ〜。 また練習場行こっと…。  飯塚くんを武蔵村山のお宅に送って、夜のライオン会まで中途半端に時間があるので、スシローで5皿だけ食べた。450円だって! 安いねぇ〜。 私はエビアボガドが好きです。 いつも金時が美味しいもんばかり食べてると思っている皆さん、普段はこんなもんです。 

2009年7月12日

注; “金八で志ん朝”とは、金八の代演に志ん朝師匠がいらっしゃった、という意味



お中元回り


鈴本さんに寄って、落語協会にいって、“落語のいき”にサインして、錦糸町のみつまささんへ行く。 お中元に伺ったのに、しこたまご馳走になってしまった。 “海老で鯛”どころか、“金八で志ん朝”だね。 ビール一杯と思ったら、枝豆に、鴨ネギに、このゆず味噌。 これはみつまさの女将さんが毎日、手作りしているそうで、柚子、蕎麦の実、ネギが入っていて、鰹節は『香りが違うから…』と毎日、手でかいているそうで、『死ぬほど酒を飲め!!』と言わんばかりの逸品だ。 結局、生ビールを4杯も飲んでしまった。 仕上げの“辛味おろし蕎麦”。 絶品!! 今日はいつもより、ちと蕎麦が細めだったような気がしたが、これがまた美味かった!!こちらの若旦那は本当に研究熱心だから、みつまさの蕎麦は日々、進化している。   小学館から発売されている、瀧口雅仁さんの著者“東京落語家名鑑”の中で、各落語家のブログ紹介覧の、私の項に『弟弟子の金八の乱行ぶりが紹介してあって面白い。』と書いてあった。 金八、感謝しろよ! 聞けば彼は、今日は北海道の某所で、明日は羅臼で落語を振り回しているらしい。 鮭より一足早く、北海道を遡上中だ。 子供でも作って帰ってくるかしらん。 精力は絶倫だからね…。 彼の生命力には頭が下がる。

2009年7月10日

京都ブラブラ


銀閣寺道というバス停で急遽、途中下車。 歩くことにした。  哲学の道って有名だけど、なんて事ないよね。 京都動物園の真ん前にあった“木の館”という店で昼めし。 京都産業大学に通う、このお兄ちゃんのお薦め、和牛肉丼を食す。 結構、美味しかった。 『言った通りでしょぉ〜!』と会心のピースだ。 昨日行った“叶家”の前を通って、一力茶屋から建仁寺を通り、四条橋を渡ると、京都の夏の風物詩のやぐらが、鴨川にたくさん、せり出していた。 セブンイレブンでサッポロ焙煎生ビールと焼き鳥を買って、新幹線の中で、一人晩酌中。 歩くと稽古出来るからいいんだよ。 今日だけで六席さらった。 もっとしゃべる機会が欲しいなぁ…。

比叡山延暦寺


言わずと知れた天台宗の総本山だ。比叡山坂本駅からバスとケーブルカーだけど、歩いて登る事にした。 すぐに後悔した。 普通のズックでは、かなりキツい。見てくれ、この急な坂道。 歩くこと約2時間。 汗びっしょりになった。 これが国宝、根本中堂。 凄かった。 やはり歴史を感じた。 帰りは三条京阪までバス。 疲れた。

京都祇園、芸妓さん、舞子さん登場


祇園祭は来週、舞子さんは頭に団扇の髪飾り。 金魚すくいみたい。 舞子さんの叶果ちゃん16歳と叶裕美ちゃん17歳。 それぞれ山形県天童市と佐賀県唐津市からやって来たんだって。 京都訛りでしゃべっているけど、東北の人が来ると、つい東北弁が顔をだすそうだ。 高校進学を断念して、修行の毎日、踊りも素晴らしかった。 心配している国のお父さん、叶果ちゃんは立派にやってますよ。 芸妓さんの満彩代ちゃんの踊りもさすが! 時間が止まるもんなぁ。 恥ずかしながらあちきも東夷の舞を披露。 “かっぽれ”を踊りました。 また金八に怒られそう…。実に贅沢な時間どした。 

2009年7月23日

あ〜ぁ、負けちゃった…。


母校、堀越高校が都立小平高校に完敗。 完璧に力負け。 打たれまくって、まるで打てない。 いやになっちゃうよなぁ〜。 最近、特に堀越打線は打てない。 バッティング、教えてない感じがする。 初球の甘い球を平気で見逃してたら打てないよ。 あ〜あ、ガッカリ…。  我々が最後の夏に負けた国立高校の選手がいた。 懐かしいね、このユニフォーム。 

あ〜ぁ、負けちゃった…。


母校、堀越高校が都立小平高校に完敗。 完璧に力負け。 打たれまくって、まるで打てない。 いやになっちゃうよなぁ〜。 最近、特に堀越打線は打てない。 バッティング、教えてない感じがする。 あ〜あ、ガッカリ…。  我々が最後の夏に負けた国立高校の選手がいた。 懐かしいね、このユニフォーム。 

2009年7月22日

平塚しおかぜ寄席


毎日新聞様の主催の落語会で、もう三年続けて呼んで頂いてます。 ありがとうございます。 マジックの横田菊枝ちゃんが、メイクアップ中をパチリ。 ネタは“柳田格之進”でした。 終演後、打ち上げ。 あ〜酔った。 明日は堀越の試合だから、早く起きなくちゃ。 雨男、飯塚が『試合前のノックから見たいから…。』って言うんだよねぇ。 彼は昨日、今日と伊豆でゴルフだったそうな。 雨降りで、ざまぁみやがれ!だ。 この雨男!

赤坂ライオンズクラブ“梅雨明け例会”


六本木ライオンズクラブ岡会長が、例会訪問に来て下さいました。 この間の東京都議会選挙で見事、トップ当選を果たした、メンバーの大塚隆朗ライオン。 前回の得票数の二倍以上の得票があったそうな。  今日のメニューは、桃花林の中華料理。 バカウマ!!!!!前菜からすんげェ美味かった。 写真の“牛肉とアスパラの炒め”“鶏肉と白霊茸の煮込み”も美味しかったし、炒飯、フカヒレスープも絶品でした。 さすがホテルオークラ、以前の例会場の赤坂プリンスとは、月とスッポンだ。 美味しい方がやっぱり、例会に行きたくなるよね。 何度もお断りしますが、私はいつも美味しいもん、食べてる訳ではありません。 『ブログ見たよ!美味しいもんばっか、食べてるから肥るんだよ!』 って、この間も言われたけど、大変な誤解です。 吉牛やサイゼや、さくら水産の刺身ランチを載せたって、面白くないでしょ? 金八じゃあるまいし…。

2009年7月21日

住吉踊りの稽古〜巣鴨の亜希に行って、仁木さんと飲む。


金八師匠から頂戴した蝦夷前、もとい!江戸前の佃煮を、さっそくいただきました。 鶏卵を割り、佃煮の昆布とアミを入れ、よくかき混ぜて、炊きたてのご飯の上にかけ、軽く混ぜて一気にすすり込む。 鶏卵に佃煮の塩っ辛さが絶妙に絡み合い、えもいわれぬ美味しさである。(池波正太郎先生風に表現してみました。) 金八師匠は気の利いたものをくださった。 普段は与太郎だけど…。  浅草演芸ホールで8月11日から行われる“住吉踊り”まで後三週間弱。 尻に火がついてきた。 住吉踊りの会が誇る美女軍団。 左から 金魚、大空かおり、桂右団治、花島せつこ、林家ぼたんのみなさん。 毎年、大活躍だ。 あたいも頑張ろう。  超がつく実力派真打の桂ひな太郎師匠も、巣鴨の亜希で一緒に飲む。 今日のお薦めのタコは、丸がぶりで食べた。 美味かった〜。 ひな太郎師匠の行き着けの、高田馬場の居酒屋で飲み直し。 ひな太郎師匠のファンが集まる店で、心地よいお店でした。 いいよなぁ、ひな太郎師匠。 志ん朝師匠は若い頃、三日三晩、寝ないで稽古したそうな…。 人間、ある時、死ぬほど努力しなけりゃいけない時って、あると思う。 こういう意識の高い師匠と飲むのは楽しいし、刺激になる。 また是非…、ひな太郎師匠! 俺、この師匠、大好きです。

2009年7月20日

あまりにも退屈なので、高校野球見物に行ってきた。


国士舘のキャプテンで、4番キャッチャーの原島君は、稀代の雨男、飯塚君の教え子だ。 4打数4安打ホームラン2本に5打点の大爆発。 凄いね。 最近、高校野球の偵察でもみんな、スピードガンを持っている。 時代は進化したなぁ。 高校野球連盟の事務所に挨拶に行ったら、学生時代にお世話になった、横山さんと、高野連のアイドル、翠ちゃんがいた。 弁当はもらうわ、飲み物をもらうわ、まるでタカリだよ…。 ありがとうございます。 チャリで神宮まで行ったら、こんなに焼けちゃった。

私が尊敬してやまない心の友、三遊亭金八師匠から、御中元に“鮒佐”の佃煮をいただいちゃいました!


これ、美味いんだよねぇ〜。金八師匠、ご馳走様です。 でも、後が怖い…。

2009年7月19日

三遊亭金八師匠と、暑気払いにライオン新宿Lタワーで一杯やりました!


ライオン生ビールは、なんでこんなに美味いんだろう!! 居酒屋の生ビールとは絶対に違う! 断じて違う! 最近、居酒屋なら瓶ビールの方が美味しい事に気付いた。 ライオン生ビールは本当に美味い!  金八師匠に、最近の落語界の事や、私の噺の出来、生活態度に至るまで、御意見を賜った。 目から鱗というより、馬耳東風というか、馬の耳に念仏というか、金八師匠のご意見は耳に沁みました。 なんたって金八師匠は一問の獸珍…もとい!重鎮ですから! (このパソコン、おかしいのかな? 金八→重鎮って打つと、変な字が出るんだよなぁ…。) ライオンを出て、歌舞伎町のケンカ望月が社長を勤める“大阪屋”行って、明太子もんじゃを頼む。 金八師匠の食欲は底がない。 これが彼の元気の源なんだろう。  最近、パソコンで“三遊亭金八”とググると、私のブログにヒットするらしい。 広告料を師匠からもらいたいくらいだ。

2009年7月18日

野球応援


母校、堀越学園の初戦の相手は小平南高校。 意外と強かった。 後半、向こうのピッチャーがバテて、コールド勝ちしたけど、いいピッチャーだった。 しかし、うちの学校、打てねぇなぁ…。 甲子園目指して頑張れ〜!

2009年7月17日

芝信用金庫さんのお得意様“親明会”で落語をやりました。 ネタは“らくだ”でした。


橋口会長のご挨拶で始まった。 美人に囲まれて、ご機嫌に一枚。 今回のお仕事を世話して下さった鈴木社長は、締めの挨拶。 ありがとうございました!

2009年7月26日

利尻島にやってきた!


実は、帯を忘れてしまったので、利尻島で買おうと思っていた。 平田美装店に行ったら、『男物はないのょォ。じゃあ、死んだ旦那のがあるから、あげる!』って、もらってしまった! 本当にありがとうございます。 やさしいご主人の平田弘子さん。 この帯は一生、大切に使います。

利尻島にやってきた!


帰り道は追い風だったので、驚く程、楽だった。 利尻富士は、ため息が出る程、美しく、何度もチャリを止めて、魅入ってしまった。  チャリを返し、大漁亭という料理屋で“三色丼”を食べた。 バカウマ!!! ウニが甘くて、すんげェ美味しかった。 サインを頼まれて書いたら、7年前に、うちのオヤジもこの店を訪れて、サインしてやんの。  仲居のお姉ちゃん、立派な二の腕だねぇ…!  沓形港から見た、礼文島に沈む夕日。 ビアガーデンでビールを飲んでたら、金八師匠からメールが来た。 『黒門亭の番頭やってますが、東京は暑いですよ〜。』  才紫が『我々がこんないい思いしてる最中に、金八師匠はシコシコ番頭やってて、気の毒ですよね〜!』 と満面の笑みを浮かべて言ってた。 あはは…。

利尻島にやってきた!


沓形港に着いて、さっそくチャリを借りて、サイクリングロードを走る。 激しい向かい風のせいで、漕いでも漕いでも前に進まない。  才紫は若いくせに体力がなく、すぐに休みたがる。 だらしない奴だ。 漕いでる最中も『はっはっ、ひっひっ、ふっふっ…』と、うるさい事、極まりない。 途中で礼文島が見えた。 海鳥の楽園、ホンモシリ島。 ものすごい数の海鳥だった。 利尻空港を通過して鴛泊を過ぎると、長い登り坂になった。 キツかった〜。 頂上付近でギブアップ。 時間も4時を過ぎたので、ここから引き返すことにした。 サイクリングロードの橋の上から見た鴛泊港がきれいだった。

利尻島到着。 天気予報大ハズレ。 天気晴朗。 日頃の行いだね!



2009年7月25日

一日中、船旅。 退屈しちゃうなぁ。 利尻島に着岸するのは、明日の14時の予定だ。


金八は船旅の仕事をする時は、古い着物をたくさん持ち込んで、バラバラにして、船室で洗い張りをして、退屈しのぎをしているそうな。 前回は三枚、出来たって言ってました。 偉いよねぇ。 だから金八の船室だけ、キレを貼るから、カーテンの色が違うんだよ。  そういえば、この間、時松が御中元で金八の巣に行ったら、通りに出て、金ダライに水を張って、洗濯板で、パンツ一丁で、洗いもんをしていたそうだ。 『まるで、昭和の初期にタイムスリップをしたようでした…。』と言ってた。  洗濯板はかなりの年代物で、ひいおじいさんの代から使っているという。 つまり、金八一家の祖先が、まだ色丹島にいた時からの物だ。 きっと船旅の時も、このビンテージ物の洗濯板を持ち込んでいるに違いない。 やはりお金を残す人は、一味違うね〜。 ちょっとだけ、落語教室を開催しました。 “たがや”をやる才紫君。 たくさん集まって下さって、入りきらないくらいだった。 現在、津軽海峡を通過中。 船尾から見る航跡がきれいだった。  パシフィックビーナスのお料理は美味しい! 写真は“いさきのボアレ”と“牛肉の煮込み”。 堺すすむさんもお見えになって、焼酎バカ飲み! あ〜酔った。 毎日、こんな生活してたらバカになるなぁ…。 金八師匠を見習って、洗い張りでもするかぁ。 

初日の打ち上げ風景。 我々は仕事してないけど…。 ギター漫談の堺すすむさんと。


今、乗っているパシフィックビーナスは、硫黄島近海まで行って、皆既日食を見るツアーに行ってきたそうだ。 きれいに見えて素晴らしかったそうな。 皆既日食を見る為の特製メガネ。 なんと2千円だって! 堺すすむさんは『46年前、下敷きを真っ黒にして見た』 と言ってた。 2時半就寝。

2009年7月24日

2009/9月のスケジュール


1〜10日
浅草演芸ホール夜席トリ決定!!
 詳細はこちら

11日
横浜にぎわい座 14時50分〜
 詳細はこちら

12日
戸田で敬老会   

12日夜
堀越先生のご長寿を祝う会で司会

13日
黒門亭トリ  ネタ:紺屋高尾  16時〜
 詳細はこちら

15日
天下に冠たる榎本会計事務所様のゴルフコンペ

16日
みつまさ  18時〜
 詳細はこちら

19日
相撲見物 東の花道にご注目下さい!


今日から28日まで、読売旅行主催の“利尻・礼文島ツアー”の船に乗るんだ♪♪♪


今回、お供してくれる才紫君。 横浜大さん橋でビールを飲む。 彼は“ロコモコ”なるものを食べたら、美味しかったそうだ。 これがパシフィックビーナス。 15時ちょうどに出航。 たくさんの人たちが見送ってくれた。 氷川丸を右手に見て、横浜ベイブリッジをくぐって東京湾へ。 平行して航行する船の向こうに虹が見えた。 現在、横須賀沖。 もうじき東京湾を後にする。 結構、早いね。 

2009年7月23日

臨時ニュース! またトリをとります! 今度は9月上席(1日〜10日)浅草演芸ホール夜席のトリです!!!


浅草演芸ホール夜席のトリを勤める事になりました。 これも皆、皆様の御贔屓の賜物です。 ありがとうございます。

住吉踊りの会が誇る、美男子三人衆。


番頭さんでハンサム(半寒…)の吉窓師匠、二のセン代表の菊春師匠、極めつけ、とん馬師匠。 

2009年7月31日

落語協会〜夏の寄り合い〜が、浅草ビューホテルで、行われました。


毎年、7月31日に行われている。 浅草寺の記念写真は今年は本堂改修工事の為、五重塔の前で。 物珍しさに集まる皆様を、こちらからパチリ。 懇親会の席は、ほぼ同期のみんなで、扇治、萬窓、金八、文左衛門、扇辰、扇好、玉の輔の各師匠。 乾杯の発声はオヤジだった。  その後、小里ん師匠や、扇遊師匠、一朝師匠、ひな太郎師匠らと、小里ん師匠の同級生の店、“たけなわ”さんで飲み、さらにカラオケボックスで南喬師匠と合流して、みんなで熱唱。 帰宅したのは8時だったけど、すでにヘベレケ。 9時には撃沈。 

2009年7月30日

住吉踊りのお稽古はいよいよ佳境に入ってきた。


みつまささんに、小樽ビールを土産に持ってったら、また蕎麦をご馳走になっちゃった。 最近は“おろし蕎麦”にハマっている。 みつまさのお蕎麦は本当に美味しい。  いよいよ8月11日から、浅草演芸ホールで始まる“住吉踊り”。 なんとか“かっかれ”覚えだけど、たまに途中で真っ白になる。 こわい…。 小円歌姉さんは教え方も上手いし、熱心に教えてくれるから、『やらなきゃ!』 と思う。 思うけど、なかなか覚えられないんだよなぁ、これが…。 

浅草橋“鮒佐”。 金八師匠から御中元で頂戴した佃煮が美味しかったので、買いに来た。


普段はマヌケで与太郎で助平で、抜け作で、しみったれで、どうしょうもない奴だけど、いいもんくれたよ、金八師匠…。

9月上席の顔が決まりました。 一門会だな、こりゃ…。



2009年7月29日

久々に陸地で寝る。 爆睡。 やはり家はいいよ。


溜まった事務仕事をこなし、土産を携えて、巣鴨の亜希で仁木さんと飲む。 仁木さんに会うとホッとします。 今回の旅行話や、高校野球の話題で、大いに盛り上がった。 亜希名物の“メンチカツ”。 その他にも“なすの煮浸し”や“〆鯖”が美味しかった。 陸地と海で飲む酒は、酔い方に、差がある感じがする。  パシフィックビーナスにご乗船の皆様、ありがとうございました。 また、船上でお会いしましょう!

2009年7月28日

新潟港に到着。 あ〜ぁ、現実の世界に戻っちゃった、て感じ。


新潟港に入港すると、正面に県庁が見えた。 マジックの本田さん一行と、昨日コンサートをした、天地総子さん。 もうひとりは、美形の掃除のお姉ちゃん。 お世話になりました。 新潟港からバスで新潟駅に行って、新幹線で帰ります。 読売旅行の伊藤さんが『船旅ってのはハマるんですよ。』と言ってたけど、ハマる気持ちが分かってきた。 とにかく、至れり尽くせりだし、料理は美味しいし、動くホテルだから楽だし、何より優雅だよ。 船旅、お薦めです。 考えようによったら、船旅の方が安上がりかも…とも思った。

現在、日本海を南下中。


午前中、最後の落語教室をやった。 同じエンターテイメントの皆さん。 チェリストのお姉さん、美人だよねぇ。 それと、喫茶室のきれいなお姉さん。 パシフィックビーナスのビーナス達でした。 チェロ、一千万円以上、するんだってさ。  昨日、天地総子さんのコンサートの後のさよならイベントに、才紫が爆睡して来ないでやんの!! 金八と同じ位、マヌケなやつだ。 日本海は実に穏やか。 後4時間で新潟港に着く予定。 なんだか、名残惜しいなぁ…。

2009年7月27日

小樽到着。 雲のち雨。 よく急遽、決められたもんだ。 いよ!読売旅行!!


才紫君とふたりで、雨の小樽をぶらり散歩。 北一ガラスや六花亭を見て廻る。 ガラス細工を作る工程を見る。 夏場は暑くて、かなりしんどいそうだ。 港近くの小樽ビールの店で乾杯。 美味しいよ、小樽ビール!! 豚肉のパテ等を頼んで、ビールがぶ飲み。 美味しかったです。 丁度、NHKの収録をやってた。 明日、放送するそうだ。 帰船後、入浴してリラックス。 礼文島上陸出来ず、どうなることか、と思ったけど、短時間で小樽観光に振り替えるとは、いやぁ大したものだ。 でも、ツアーデスクの人は、昨日から一睡もしてないそうだ。 大変な仕事だ…。

落語会、無事終了。 ネタは“柳田格之進”。 いいお客様でした!



さらば、礼文島。 パシフィックビーナス漂流中。


瞬間最大風速22mという、強風の為に上陸出来ず、スタッフが必死に寄港地を捜した結果、小樽に向かうことになった。 旅行会社って、大変だよなぁ。 しかし読売旅行さんのツアーは、実に行き届いている。 痒いところに手が届くというか、あっという間に小樽観光を設定してしまった。 さすが大読売!!  我々の落語会も急遽、午前中に変更になった。 これから支度しなくちゃ…。

過去のブログ記事



「三遊亭金時の部屋」は(株)ECセンターおよび榎本会計事務所のご協力により運営されています。経営者の皆様はぜひこちらのサイトもご覧ください。↓

榎本会計事務所のサイトへ