« 2008年1月 | トップ | 2008年3月 »

2008年2月の記事

2008年2月 6日

機種変更


2年近く愛用していた携帯を遂に買い換えた。ブログを始めて写真を送るのに『映りが悪い』 と言われたので今度は515万画素という最新型に変えた。見てくれ、この美しい撮れ具合! これからはより美しい写真を載せまする。

2008年2月 5日

鈴本中日


駿菊師匠の芝居もはや中日。毎日いいお客様で、駿菊師匠のお人柄なんでしょう。毎度ご贔屓下さっている長野さんがご親戚の島中さんを連れて鈴本にいらして下さった。私の高座の後、鈴本のすぐ裏でステーキの名店『GAIN』にご案内した。聞けば島中さんは松坂近辺の人、牛肉の店は釈迦に説法かと思ったが、喜んで頂いた。上野界隈で一口餃子の店、こんな貼り紙をしてた。でも客はまばら…。やっぱり怖いもんね。昨日、百均で買った納豆の大豆が中国産だったので交換してもらった。私の感覚では中国産は怖い。間違っても子供には食べさせたくない、と思うのは人情だろう。中国は何でも有りだもんな。かつて時の指導者が天安門事件の時、『百万人死んでも中国では少数派だ』と言ってた。今だに中国国内はそういう状態で今回ほど出てないとしたら怖いよねぇ。明日以降、上野界隈の美味い店を紹介しますね。楽屋でも知らない人が以外と多いけどGAINのステーキ美味しいよ!

2008年2月 4日

大雪一過


車道にはほとんど雪はなくなったものの歩道や陽当たりの悪い間道はかなり残っている。さっきビデオ屋へ自転車で借りに行く途中、危うくスっ転びそうになった。私は寄席の出番がある時はウチから約一時間歩いて稽古してから電車に乗る。ある時は渋谷まで、またある時は代々木八幡まで。渋谷まで歩く時は東大の中を通って行く。少し利口になった気がするのは気のせいだろうか。今、試験中で中通れないんだよね。代々木八幡まで歩く途中、綺麗な夕焼け、でも屋根にはまだ雪。すぐ消える程度の雪ならいいね。さぁ今日は何をやろうかなぁ。

2008年2月 3日

上野鈴本三日目


雪だからお客様はどうかな、と思ったがけっこう入ってた。有難や、有難や。私の後、楽屋にいた出演者総出で噺家の手拭いを高座から投げた。『福は~内!福は~内!』 掃き物に苦労する、と言ったが釣りが道楽の漫才のうたじさんは立派な長靴を履いて楽屋入り。これはいくら何でも大袈裟です。山奥じゃないんだから。昨日のネタは『一人酒盛』、今日は『ふぐ鍋』でした。

東京大雪


久しぶりです。昨日はなんとなく風邪の引き始めのような貴がして酒も飲まず早々に寝てしまった。朝、今日の仕事の世話役、獅子てんや師匠からの確認の電話で目を醒ますと表はシーンとしてるからもしか!と思ったら案の定、真っ白だった。もう一度寝ようか、と思ったが布団の中で『夢金の噺はこんな雪だったろうな…』と思い出してぶつぶつ夢金を布団の中でさらい始めた。都会の人々は雪が降るとみんな履く物に苦労する。最近長靴見なくなったもんね。みんな普通の革靴、良くてズック。ハイヒールの人までいる。後で滑るぞぉ。私のは大丈夫。かつて新潟へ仕事で行った時、雪で急遽ダイエーで買った雪用の靴。完全防水で滑らない。雨の時も重宝してます。 昨日の映画『星になった少年』面白かったねぇ! 映画館でも見たがまた見てまた泣いた。柳楽君も素晴らしいが常盤貴子さんもいい!役者とは思えない。 まるであそこに住んでるような感じがした。柳楽君、本当の象使いみたいだった。最近SFXを駆使した作品よりこういう映画が好きだ。この頃見たい映画があまりない。皆さん、なんかお薦めの映画ありませんか? 獅子てんや師匠。御年84歳。お元気でなによりです。川崎観音寺のご住職の有難い御尊顔。今年からずっとお世話になる事になりました。年男の敦正君と記念写真!

2008年2月 1日

上野初日


今日から駿菊師匠の芝居、私は仲トリを頂きました。ネタは『雛鍔』私の好きな噺です。楽屋で支度する燕路師匠、駿菊師匠、落語界きっての超美形、小円歌師匠。お姉さん、20年前から美しさは変わってませんぜ!本当に! いつまでも愛してます! 駿菊師匠は良い旦那をつかんでいる方です。楽屋には『亀十』のどら焼きが楽屋見舞いに。美味しいんだよね、亀十のどら焼き、 三つも貰っちゃった。 以前、仕事頂いた高橋さんがこれも老舗『小桜』のかりんとうを楽屋見舞いに頂いた。どら焼きもかりんとうも本当に大好物なんです。駿菊師匠バンザ~イ! 金八が黒門亭の用事で上野に来てるから、と言うので時松と三人でライオン上野広小路店へ。何回も来てるのに店長は私の顔を今だに覚えていないらしい。 次回はやめよう。ワインをボトル三本空けて愉しく、かつ芸論付きで心佳い時間でした。

2008年2月13日

赤坂ライオンズ


久々にホテルオークラで例会。相変わらず料理は美味い!ベーコンのキッチュに鯛のポアレ、ゴマのアイスとどれをとっても文句の付けようがなかった。今日のビジターは新橋ライオンズで環境委員長の風間さん。新橋で高級ステーキ店を営んでいらっしゃる。もう一人挨拶してるのは我がライオンズクラブのメンバーでもある中川秀直さんの秘書の入江さん。中川さん、総理大臣にならないかなぁ。なんか知り合いが総理大臣って言ってみたいです。3月12日の金時寄席のチケットをメンバーの皆様に大量に買って頂いた。感謝、感謝!

2008年2月12日

赤坂ライオン会


昨日、親父の家で飲んだシャンパンが利いたか、完璧な二日酔い。風呂入って昼寝してもまだ頭痛かった。3時に家を出発、来るゴールドラッシュにネタ出しした『普段の袴』を稽古しながら世田谷の自宅から赤坂まで歩く。刈り込んで刈り込んでいい噺に仕上げたい。でもちょっと疲れた。トシかなぁ。途中、四ッ谷のアドワークスさんに寄ってチラシを受け取る。雄一郎さん、いつも素敵なチラシをありがとうございます! 迎賓館の前を通って赤坂へ。 地井散歩なんか足元にも及ばぬ移動距離、3時間10分の道のりでした。 赤坂ライオン会の料理は以下の通り。美味でした。この会はいろんな人と話が出来て楽しい。金時寄席のチケットもみんなに買って頂いたし。皆様、ありがとうございました。

2008年2月11日

久々に仁木の親父


今年に入って仁木の親父と飲むのはなんと二回目。こちらも結構忙しかったのでなかなか会えなかった。ところが今日は巣鴨の名店『亜季』がお休みなので、池袋演芸場近くの『うな鐵』にやってきた。鰻は酒が進む。あ~いい心持ち!仁木の親父と飲むのは楽しい。帰りに今日、弔いだった歌雀兄さんの御用達だったケンタッキーの前を通る。20数年前と変わらなかった。フライドチキンを棺桶に入れてやれば喜んだかな…。そんなこと考えた。私の母が過労で入院した、との事で実家に行くと意外と元気な父。いつも一緒なだけにたまに別々だと嬉しいらしい。今日もかなり楽しく飲んだ。酒を美味く呑めるのは幸せだとつくづく思った。

お弔い


今日も5時起き。長男を羽村まで送って、すぐ近くの羽村グリーンゴルフで練習。70台はちょっと無理そうだ。しかしコンスタントに80台で回れるようにはなりたい。羽村から横浜へ。先日亡くなった歌雀兄さんのお弔いに行く。真打披露の時に飾った後幕が受け付けに張ってあった。受け付けの歌武蔵師匠は同じ時期に前座をやっていたからずっと泣いてた。寂しいね…。帰り道、前を走るトラックが偶然さっきのお弔いの花屋だった。 金八と途中サイゼリヤでスパゲティを食べた。イカ墨でお歯黒の金八。口拭けよ…。

2008年2月10日

楽屋風景


鈴本2月上席の千秋楽。『カメラが新しくなったのでお姉さんの美しさを伝えたいのでまた撮らせて下さい。』と小菊師匠に言うと徐に鏡を取り出して化粧を直し始めたのでそこをパチリ! 楽屋の電気を盗む不届き者発見犯人の三三。帰る時、忘れて行きそうになってやんの。落語に出てくる間抜け泥みたいな奴だ! 兄弟子の千秋楽に顔を見せた菊之丞さん。前座のスケジュールを聞いてた。俺も空いてるよ…。 鈴本の社長に挨拶に赴くと、今日のネタ『一人酒盛り』のご批評を頂いた。有り難い! もっともっと手垢をベタベタつけて自分のものにしたい。

St.バレンタインデー


僕だってこんなに素敵なチョコレート貰えるんだぞ森さん、ありがとうございました。若返りました。だけど食べるのがもったいないょ。

上野打ち上げ


明日まだ一日あるけれど、駿菊師匠の都合で今日が打ち上げ。三味線のお師匠さんはおこうさんとおしんちゃんという、お囃子の中でも飛びきりの大酒飲み。二つ目のちよりんと笑瓶兄さんのお弟子さんで笑助さん。燕路師匠、駿菊師匠と二つ目の志ん太さん。食べる物に意地汚い駿菊師匠のお薦めの店なのでかなり美味しかった。焼酎もかなり呑んだね~。今日の駿菊師匠の『宗眠の滝』かなり良かったです。最後は身を乗り出してしまいました。打ち上げは皆、ほぼ同じ時期に前座を経験してるから面白がった。寄席はいいなぁ。

2008年2月 9日

昼飯


例によって長男を6時に羽村へ送ってゴルフ練習場に行って打って、それから帰って寝たので朝ご飯は11時位になってしまった。オータニへ4時に行って23日に司会をする黒川,上條新夫婦と打ち合わせ。新婦の亜希ちゃんは24歳だって。可愛いね。それから麹町四丁目の『二代目つち田』というつけ麺屋へ行く。いつも行列してるのに今日は珍しく空いてた。中途半端な時間に昼飯を食べる習慣があるとこういう役得がある。鰹節が利いてて美味かった。カボスを搾るのもミソだ。またチャーシューも美味。並ぶには訳があるが私は並んでまで食べる程ラーメン好きではない。でもここは美味かった

訃報


歌雀兄さんが亡くなった。 兄さんは私が前座になって最初に入った寄席、池袋で立前座だった。不思議な人だったが僕には優しかった。色々楽屋のしきたりを教えてくれた。ジャンクフードが好きで、昼飯はいつも池袋演芸場の向かいにあるケンタッキーのチキンフィレサンドとフライドチキンだった。コーラが好きで一日中飲んでいた記憶がある。 フライドチキン食べた手をナプキンで拭いて師匠方の着物をたたんでいるから『いいのかなぁ…』と思ったりもしたが今ではいい思い出だ。前座名は歌ち栗。やはり池袋で亡くなった貞丈先生が夏、怪談噺を毎年やっていて、毎日同じキッカケなのに間違える。『山寺の鐘が陰にこもってもの凄くも…歌ち栗君、まだ早い!』場内大爆笑!!笑った笑った。二つ目になってからあまりお会いする機会がなくなったが聞くところによると酒が好きでボトル一本は軽く空けたそうだ。そのせいか糖尿病を患い、両足を切断してしまった。それでもあまりめげる事なく、むしろネタにしていた。人工透析の最中に心不全を起こしたとの事。昨日、鈴本の高座で『片棒』やったが変に生々しくなって兄さんの顔が浮かんでしまって、 噺に気が入らなかった。浅草でシチューをご馳走になって、美味しそうにすする顔が目に浮かぶ。安らかにお眠り下さい。合掌…。

2008年2月 8日

フグだぜ!


古島運送の若社長、毅さんは幼なじみ。今はお父さんの後を継いで古島運送を立派に切り盛りしている。『知り合いの菊池さんが落語ファンなので連れてくよ』と言って鈴本に来てくれた。高座後、稲荷町のフグの店『牧野』に招待してくれた。バカウマ!! にこごりから始まってフグ刺し、白子焼き、焼きフグは特に美味かった。鍋に雑炊のフルコース、いつも噺で『ふぐ鍋』をやって仕草だけだが実物はやっぱり美味いこまめに世話してくれる女将さん。フグのシーズンオフは店を閉めてハワイで暮らしているとか…。いやいや、贅沢でした。ご馳走様でした。

2008年2月 7日

上野の名店


亡くなった志ん朝師匠が足繁く通っていた『天庄』。志ん五師匠に伺ったら志ん生師匠もよく通っていたそうだ。私も一度、志ん朝師匠にご馳走になった事がある。鈴本のすぐ脇を入ったところにある『天寿々』。上品なお店です。このすぐ近くにステーキのゲインがある。どれもなかなか手銭では入れないです。はい。

物井望月邸


中学校時代の友達で千葉県物井に家を購入したチャンピオン望月の家にやってきた。四街道インターから10分、実にのんびりした雰囲気だ。ウチはガスにしたので使わなくなった石油ファンヒーターを貰ってもらった。灯油をついでに買って持ってったら玄関で誤ってバラまいてしまった。まるで嫌がらせに来たみたいだ。チャンプ、ごめんね…。韓国人妻の手作りキムチで昼ご飯までご馳走になっちゃった。庭から外を見るともう春がそばまで来てる感じがした。まぁ、週一来るのはいいが、ここから毎日歌舞伎町の大阪屋に通うんじゃ大変だよなぁ。しかし人間的な環境であるのは間違いない。ちょっと羨ましかった。

2008年2月 6日


鈴本の高座に上がって噺に入ってすぐ、高座のソデの三味線部屋から話声が聞こえてきた。結構気になるもんで、下りてきて『誰だ!話してたやつは!』と大激怒。 三味線のお師匠さんは皆、女性、つい声が大きくなったのだろう。 以前にもこういうことがあった。 この人は常習犯だ。歌舞伎で鳴り物さんがソデで無駄話をして役者に迷惑を掛けるなんて有り得ないだろう。 お師匠さんみんなではなくごく一部。噺の最中に三味線の調子合わせたり、お喋りが好きで止められない人がいたり。 我々はお客様に向かって真剣勝負しているのだ。プロ意識がない人が楽屋にいると困ってしまう。ひそひそ話しているつもりなんだろうが気が散るんだよ。まぁ犯人はお師匠さんじゃないかもしれないけど 本当に止めて欲しい。噺家は高座に勝負掛けてるんだから…。

2008年2月22日

国立劇場資料室


国立劇場の中にある資料室は昔の落語家のテープを所蔵していて、噺家とか役者さんもみんな無料で視聴することが出来る。小さん師匠の『普段の袴』を見る。滲み出るようなおかしみがたまらない。ビデオの合間に昼飯。視聴室のお姉ちゃんに『美味しい店知らない?』と聞くと『最近できたジョニーヌードルという店が美味しそうだからリサーチしてきて下さい』というからやってきた。まあまあかな。どうしてもまた来たい!という程でもなかった。不味くなないよ。結局5本見た。私のもあったので見た。反省…。国立劇場から稽古しながら上野鈴本まで歩く。トータル渋谷~上野間を歩いた。聖橋の上から見た夕日。喉の調子を悪くして治療していた私の敬愛する一門の大先輩、南喬師匠がお出になっているので具合を伺いたかった。かなり回復に向かっている由、本当に良かった。さて、また代々木上原から歩こう。自分のビデオを見て稽古不足を痛感した。しゃべれどもしゃべれども、だね。

2008年2月21日

またも暇な一日


榎本会計事務所を訪れ、申告の相談をする。両国の交差点にあるブックオフへ寄ると『もっと高く買え』と店員さんに絡む客を見る。そばを通るとかすかに酒臭かった。店を出て交差点で『割り込み方が気に喰わねー』と喧嘩するドライバーあり。錦糸町のみつまさに行って金八と飲む。『兄さんは円朝ものをもっとやれ』と絡まれて7月の金時寄席で『牡丹灯籠』をやる事を強引に決められた。みつまさは本当に美味い!つまみが美味過ぎて蕎麦までたどり着かなかった。残念!『たこ八行きましょう!あたしが払いますから…』と金八が言うので馬生師匠の同級生の店『たこ八』に向かうとなんと臨時休業。仕方なく並びの焼鳥屋に行くとここのモツが美味かった。ママさんはシャイで写真はNG。結局ここの勘定も私が払った。始めから金八は勘定払うつもりはなかったらしい。今日はなんだか横車を引く現場に出くわす日らしい。そもそもみつまさで飲むにしても金八が雑排でいい考えが浮かばないから力を貸してくれ、というから住吉踊りの稽古をサボって協力したのだ。事実、明日発表される作品はみんな私が考えたものだ今日は人が絡んだりする現場をみたり、遭 遇したりする日だったようだ。いわゆる厄日か?よし!最後に絡もう!還付金たくさん還ってくるようにしてくれ!!榎本会計事務所八つ当たりの一日、終了いや、次回は少し位払え金八

2008年2月20日

新しい家族


ある日、父の家に一羽のセキセイインコが迷い込んできた。ウチがもらって世話をしていたら言葉を覚えてきて『ピーちゃん、ピーちゃん』と喋り始めた。大事に可愛いがっていたがある日、僅かな窓の隙間から逃げ出してしまった。ガッカリした。そこで今日、ペットショップに行って二代目を買ってきた。二代目は黄色で生まれて2ヶ月。まだ飛べない。また『ピーちゃん、ピーちゃん』って喋るようになるといいな。子供達は手を離れつつあるし私の相手になってくれるのは最早、ピーちゃんだけだよ。大事にするから逃げないでね!

2008年2月19日

巣鴨、亜季初登場


仁木の親父と飲むのはいつも巣鴨地蔵通り商店街入口の場末の名店『亜季』。だいたい十日に一回のペースで来るが、なんと今年初登場仁木さんが体調を崩したり、こっちも忙しかったりで。でも私は来る事は熱望していた。なぜかと言うとここの牡蠣フライはヤバいのだ!本当にヤバい!マジでヤバい!もうじきシーズン終わっちゃうんだよね…。今日もヤバかった。鱈の白子、ヤバかった。半生で温かいのがヤバいんだよ。メバルの煮付けがヤバ過ぎだったが写真撮る前に完食。煮魚をこんなに美味しく食べさせる店は他にあるまい。ガブガブ飲んでムシャムシャ喰って、意地汚い酒飲みでごめんなさい!第二の父で落語通の仁木親父と飲むのは本当に楽しい。また近々…。

2008年2月18日

今日はすき焼き


しばらくウチですき焼きをやってない。ウチの子供はすき焼き嫌いなのだ。残りを明くる日の朝食に出され、さらに弁当に入れられたのが気に喰わなかったらしい。妻はすき焼き大好きだ。だが子供達の大顰蹙で2年はやってない。今晩は子供が塾で遅いのでウチの弟子達とそれから金八師匠に御来駕賜りすき焼きパーティーを催す事になった。昼頃、金八が『故郷の根室からホッキ貝とホタテを送ってきたから…』と持ってきてくれた。『ホッキは貝を開くの難しいんだよね。』と言うと『貝と貝をぶつけ合ってカンカンカンって殻割っちゃえばいいんですよ!』 金八、ラッコじゃないんだから…。金八はホタテも同様に自宅の前で道路に叩きつけて割ってるらしい。すき焼きパーティーまで時間があるので新宿の父の家まで歩いて稽古。二つ目の笑生が稽古に来てた。父は今でも若い者によく稽古してやる。頭が下がる。久々のすき焼きはうまかったワインとよく合うね。冷めたやつをチロチロ摘みながら飲むのもいいです。

今日も暇な一日


朝昼兼用のご飯を食べ、また放浪の旅に出る。今日のルートは笹塚に出て中野通りから方南通りを曲がり新宿中央公園下で扇治師匠にバッタリ会う。扇ちゃんもトシとったねェ。落語界でも指折りの実力派です。今度は水道道路を通って六郷通り商店街を抜け、笹塚から帰ってきた。約4時間半のお稽古の旅でした。帰ると伊勢在住の島中さんから赤福が届いていた。開けるとこんな詫び状が入っていた。利益を追求し過ぎるとロクな事がないね。『赤心慶福』つめて赤福か。久しぶりに食べた赤福はさすがに美味しかった。さて、明日はどこまで歩こう?地井武男さんよりずっと歩いてるな…。

2008年2月16日

暇な一日


2月は毎年暇だ。昼間は明大前近くの自宅から井の頭通りを環八まで歩き、環八を左折して神田川の遊歩道から明治大学の裏を通って約4時間半、稽古。帰ってまた座って稽古、その後また一時間歩く。仕事がない時は稽古に限る。一番お金が掛からないからね。夜はBS2て『アマデウス』のノーカット版をやってた。凄く面白がった!あの物語の中のサリエリ、私には痛い程気持ちが分かる。才能が乏しくて情熱だけがある、その辛さ、、まるで私のようだ。才能のある奴にはかなわん。それをただ妬む訳ではないが才能の乏しい者はその分、余計に努力するしか生き残る手段がないんだよ。明日も仕事はないからひたすら稽古、稽古。手をこまねいて負けてる訳にはいかないからね。

2008年2月15日

新スパイク


息子が『スパイクが小さくなって足が痛い』と言うので買いにきた。私が野球をやっていた頃より格段に多い品揃え、また私の両親は野球に対して全く理解がなかったから安いグラブ、安いスパイクしか買ってもらえなかった。高校一年まで『まだ使えるでしょ!』と言って軟式用のグラブを使っていたくらいだ。まぁ、そんなに大した選手じゃなかったからそんな程度でよかったのかもね。スパイクを買って、歌舞伎町のチャンピオン望月のいる大阪屋へ。土産に焼きそばを作ってもらった。カメラが新しくなったので息子とチャンピオン望月の二人でパチリ。彼には出来れば年内にボクシングへカムバックして世界チャンピオンになって欲しい。

2008年2月14日

とうふ料理うかい


来るべきゴールドラッシュに向けて渋谷から東京タワーまで歩く。ルートは実践学園の裏を通って聖心のそばを通過し広尾商店街を抜けて有栖川公園、仙台坂を下り韓国大使館の前を通って麻布十番に抜けて東京タワーへ。かなりしゃべり込んだ。これから噺にカンナをかける段階。いつもゴルフを教えてくださる藤崎さんのお誘いで東京タワー下の豆腐料理『うかい』へやってきた。バカウマ!聞いてみたらひと月先まで予約はいっぱいだそうだ。写真の一品々々、皆美味しかった。東京タワー、下から見ると本当に立派。そのすぐ脇にこれだけ贅沢な庭を持った店があるとは…。2500坪に500坪の建物で、後は庭園との事。美しく整備された庭園は何よりのご馳走でした。こういう余裕ってみんな忘れてるよな…って思った。いやいや舌も心も満腹になりました。藤崎さん、ありがとうございました前回ゴルフで迷惑を掛けた村田名人、次回は一矢報いますぜ!もっと練習しよ!

バレンタインデー


もうこのトシになるとバレンタインデーなんかどうでもよくなってしまった。かみさんがくれたロイスチョコレートと娘が作った泥団子のようなトリュフチョコレート。見栄えは良くないが美味しかった。今年はこれでチャンチャンだね。寂しいもんだ。

2008年2月13日

今日のお仕事


文京区民センターで異業種交流と研修の会で講演。二次会で飲んで解散。この後仕事ないんだよねぇ。ゴールドラッシュのネタ稽古しよ!

2008年2月26日

ブラブラ稽古。


朝、父の家に明日、学校寄席で使う太鼓を借りに行っていよいよ近づいてきた確定申告の相談に両国の榎本会計事務所へ。そこから浅草観光連盟で用足しして田原町の浪曲協会に置きっ放しにしてあった浴衣を取りに行く。いつも住吉踊りの稽古で使わせてもらっている広間で忙しそうにしてた。正面の書は孫文の直筆だとか。雲右衛門先生の写真が飾ってある。そこから上野の落語協会へ行って正朝師匠に明日やる『普段の袴』をあげて頂いた。明日はいよいよゴールドラッシュ。頑張ろっと!

2008年2月25日

銀座恵比寿会


サッポロライオンの本丸、7丁目店で毎月行われる恵比寿会。サッポロライオンとのお付き合いは長く、父と母が結婚式をやったのも、金婚式をやったのもこの7丁目ライオンだった。私も前座の頃からご贔屓頂きずっとお世話になっている。お料理も美味しい。イカと白魚と鯛のカルパッチョ、鱒のグリル~海藻ソース~これが美味かったヒレステーキマデラソースと言うことなしデザートのチーズケーキも綺麗に盛り付けてあって良かった。長い間お世話になった北目支配人は仙台に転勤して執行役員に栄転、後任の支店長とまるで兄貴分のような山田取締役。山田さんと北目さんの会話は全く上司と部下という間柄ではなく、本当に兄弟みたいだった。会社でこういう上司と出会ったのは幸せな事だと思う。北目さんの倅さんもこの春からライオンに就職するそうだ。風通しのいい会社なんだね、この会社は。また来月楽しみにしています。北目さん、仙台でも頑張ってね。

圓朝祭り打ち合わせ


池袋演芸場の昼席が開演する前に圓朝祭りでの出店希望者が集まって打ち合わせ。実行委員長の正朝師匠と会計のさん喬師匠。毎回一生懸命やって下さって本当に頭か下がる。今年も『氷金時』よろしくお願いします。また暑くなるといいなぁ(笑)。池袋から新宿まで歩いてお稽古。ゴールドラッシュまで後2日だ。高田馬場駅戸山口に『俺の空』というラーメン屋がある。ここのつけ麺は美味い!珍しく空いてたので寄る。やはり美味い!お薦めだよ。

2008年2月24日

池袋代演


日曜日とあって私が上がる時にはもう立ち見のお客様が出る盛況ぶり。『水屋の富』をやる。楽屋には3月から二つ目に昇進する生ねんに文左衛門師匠が『二つ目になったら暇さえあればチン○をいじるように!』と貴重なアドバイスをしていた。なんのこっちゃ。池袋からウチまでまた歩こうと思ったがあまりの強風の為、立教大学の前まで行って断念した。歩いても前に進まないんだもん。

2008年2月23日

成城懇話会


ホテルニューオータニの仕事を終え,新宿Lタワーのライオンへ。この成城懇話会は私の恩人、稲本さんが紹介して下さって早、20年にもなる。みんな気心が知れた人ばかりでかなり楽しい。写真の牛筋のオニオングラタンスープと撮り忘れたが『もろこし豚の西京漬け』が美味かった。レモンソースの杏仁豆腐も佳。ここのシェフは腕が立つ。金時寄席のチケットも一杯売れて嬉しい~♪

婚礼


ホテルニューオータニで黒川,上條御両家の司会。新郎のお父上は日本ロジスティックの社長さんで新婦さんのお父上は赤坂で歯医者さんをなさっている。ブルジョア同士の結婚式だ。両家のお父さんもお母さんも仲良さそうです。尚悟,亜希新夫妻もアツアツでした。新夫婦に幸せあれ~♪

突然の呼び出し


帰宅して風呂からでると渡瀬さんから『下北沢で飲んでるから来い!』という呼び出し。凛というカラオケスナックへ。渡瀬さんと徳山さんは中央大学バスケットボール部OB会の重鎮。バスケットボール部は昨季見事に一部に昇格した。熱唱するキャプテンは卒業後プロ入りして、先輩でもある田臥勇太選手を目標に頑張る、と言ってた。期待してます!凛はとても雰囲気のいいお店でした。渡瀬会長、ご馳走様でした!

2008年2月29日

幡ヶ谷瀧口酒家


巣鴨の仁木さんといつもの亜季でのんで帰り、幡ヶ谷駅前の薬膳中華の名店『瀧口酒家』に寄る。相変わらず妖しいマスター。こちらは本当に美味いんだよ。ところが最初に出たのが浜防風という野菜の炒め。セリとミツバの合いの子みたいな味わい。私はセリもミツバも大嫌いなのだ嫌がらせかなぁ。もしかしたら私はマスターに嫌われているのかもしれない。(涙)しかしその後出てきたエビ団子とアスパラの炒めはさすがの美味さだった。里麺(りーめん)は近頃、新宿高島屋とかでキッドで売っていてマスターはバカ儲かりしているらしい。以前、父が痛風と高血圧で苦しんでいたらマスターが『蟻ん子飲むといいですよ』と言ってくれた。劇的に効いたらしい。マスターが言うには『リュウマチ、痛風はイチコロだよ』と言ってた。父も痛風に効いたらしい。買おうと思ったが全く売ってないのでどこで売ってるか聞きにきたら大量に貰ってしまった。医食同源、中華料理は矢面に立っているがやはり大したもんだ。里麺、絶対一度食べた方がいいです。劇ウマです!

引き出物


昨日の金婚式の引き出物はHERSHEY'Sのチョコレートだった。この年代の人達は少年時代初めて食べたHERSHEY'Sのチョコレートに驚愕したそうだ。だからウチの父もHERSHEY'Sのチョコレートはものすごく喜ぶ。やはりノスタルジーがあるんだろう。神津先生、いい男だねぇ。メイコさん綺麗だね!昔、神津先生に二人が初めて出会った時の事を聞いたことがある。音楽のレッスンにメイコさんが来て、神津先生がピアノに座って『(声の)下はどこまで出ますか?』と聞くと黙ってるのでどうしたのかと振り向いたらメイコさんが舌をべーっと出して『これ以上出ません!』と真面目に答えたそうだ。きっとそれが神津先生の心をつかんだんだろうね。いつまでもお幸せに

2008年2月28日

神津善行、中村メイ子金婚式2


挨拶をする司葉子さん、堺正章さん、楽太郎師匠に猫八襲名が近い小猫師匠。ぐ〜っと格が落ちて昨日のゴールドラッシュの反省会で飲んだ金八師匠。落ち過ぎか…。

神津善行、中村メイ子の金婚式を祝う会1


神津善行先生と中村メイ子さんは父とは旧知の間柄で、私も神津先生の主宰する音楽教室で落語をやらせて頂いた事もある。その後、先生が私の落語を気に入って下さって、お時間のある時は金時寄席にも来て頂いたりしている。夫妻のお顔の広さとお人柄で参加者は多士斉々だ。菅原洋一さんの『新妻に捧げる歌』は神津先生の作曲だそうで、歌っていた。出席者の大山のぶ代さん。ウチの子はバリバリのドラえもん子だったが大山のぶ代さんから交代して見なくなった。森公美子さんとは川崎麻世の結婚式以来。『クライエブリマウンテン』を歌ったらレストランのガラスがビリビリ震えたのを覚えている。やはり超一流なんだね。

2008年2月27日

ゴールドラッシュ


第6回を迎えた金八と金也の三人でのネタ卸の会だ。今日は金八がトップで『三方一両損』 中入りが私で『普段の袴』、二楽師匠にゲストに来て頂き、トリは金也の『干物箱』。この会で掛けたネタはみんなかなり戦力になっている。『中村仲蔵』『不動坊』『かんしゃく』『お直し』『駒長』『水屋の富』。次は何をやろうかなぁ。打ち上げは池袋演芸場真向かいの『黒潮』。回を重ねる毎に打ち上げ参加者が増える。落語会より打ち上げの方が楽しいのかなぁ。去年、仕事でお世話になったコスモスイニシアの方々はあればあっただけ飲む酒豪揃い。くわばらくわばら…。予想を超える30人近い参加者。またゴールドラッシュ来てよ。

学校寄席


今から25年前の夏、大学の友達、つっちんと由比ヶ浜の花火大会に行って、そばにいた女子大生をナンパした。ところがこちらは二人合わせた所持金が280円しかない。仕方ないのでその女子大生二人に喫茶店でセットメニューを頼ませて、付いてきたアイスコーヒーを我々が貰って飲んだという情けなさ。その女子大生も今は三児の母。子供の通う小学校で落語会をやって欲しいという。目黒区立田道小学校。デンドウと読むそうだ。開演前に世話役の父兄さん達。わざわざ着物を着てきたお母さんもいた。この中に当時の女子大生も。美しさはちっとも変わらないよ、ポンちゃん!楽屋で支度中の二楽師匠。学校寄席では無敵の強さを誇る。が、師匠は忙し過ぎるのが困る。今日も午前中稼いできて、ここやってその後、子供を水泳教室に送って池袋演芸場でゴールドラッシュを手伝って、子供の塾にお迎えに行き夜中、家族が寝静まってから秘蔵のDVDを鑑賞するという忙しさ。次に芸人が税務調査が入るとしたら二楽師匠以外ないだろう。夜もよろしくね。生徒さんは本当に素直ないい子だった。大きくなったらおじさんのこと贔屓にしてね。

過去のブログ記事



「三遊亭金時の部屋」は(株)ECセンターおよび榎本会計事務所のご協力により運営されています。経営者の皆様はぜひこちらのサイトもご覧ください。↓

榎本会計事務所のサイトへ