トップ >  ブログ  > 林家しん平師匠の新年会

林家しん平師匠の新年会


今年リリースされる『深海獣雷牙』の打ち上げもかねて、林家しん平師匠宅で新年会。しん平師匠宅に入ると、いきなり“雷牙”がお出迎えだ。右からしん平監督、喜多八師匠に扇遊師匠。その他皆々様。しん平師匠のお宅はフィギュアがいっぱい飾ってあった。今回の怪獣のフィギュアに喰われる時松。本当に喰われてしまぇ!主演の蛍雪二朗さんと、隣同士になって、奇しくも演技論をぶつける機会に恵まれた!素晴らしい一時だった。蛍さんは大河ドラマで、上杉の仇する役に抜擢され、奮闘していらっしゃる最中だ、との事。自分と全く違う人物を割り振られるのは役者冥利に尽きる、と仰ってた。池波正太郎先生は、役者は“化けの楽しみ”だと書いてらした。芝居を通じて、全く違う人物になれるのはいいよねぇ。我々、落語家だって噺の中で“化け”を楽しむもん。蛍さんの演技に大注目しよう!


コメントを投稿

(迷惑コメント対策として、コメントは承認制としております。コメントを投稿してもすぐにはサイトに反映されませんがご了承ください。)

過去のブログ記事



「三遊亭金時の部屋」は(株)ECセンターおよび榎本会計事務所のご協力により運営されています。経営者の皆様はぜひこちらのサイトもご覧ください。↓

榎本会計事務所のサイトへ