トップ >  ブログ  > 父の病状についてご説明します。

父の病状についてご説明します。


ご心配お掛けしてます。

7月23日(月)午前中、呼吸がうまく出来ないと自分で救急車を呼び、車内では座っていたそうです。
搬送中、急激に悪化し、病院に着いた時はHCUに担ぎ込まれ、ICUに移りました。

心不全で肺に水が貯まって呼吸が出来ないので、口から呼吸器を入れてます。
胃カメラを入れっ放しにしたような状態なので、本人が苦しく感じないよう鎮静剤を投与している為、意識はありません。話かけると呼吸が乱れるので禁じられてます。

しかし昨晩、私が行った時、看護師さんから「今なら話しかけてもいいですよ」と言われたので「オヤジ、晋平だよ。わかるか?」と聞くと薄目を開けて頷いてくれました。
「鈴本の社長が心配してるぞ。9月トリだぞ。穴空けるなよ❗頑張れ‼️」と言うと微かに頷いてました。

肺の水はだいぶ抜けたので呼吸器を外せるかもしれません。
鎮静剤を抜けば意識も回復し、話が出来るかもしれません。

しかし心臓が弱っているので引き続き予断を許さない状態です。

皆様にはご心配頂きありがとうございます。
また高座に上がれることを信じています。

 


過去のブログ記事



「三遊亭金時の部屋」は(株)ECセンターおよび榎本会計事務所のご協力により運営されています。経営者の皆様はぜひこちらのサイトもご覧ください。↓

榎本会計事務所のサイトへ