トップ >  ブログ  > ニューヨーク滞在記 その1

ニューヨーク滞在記 その1


船内落語会の仕事で豪華客船「飛鳥」に乗って、バルセロナ~ニューヨークまで行ってきました。その様子はまたいつか書きます。

今回は自分で延泊して見物したニューヨークについて報告します。

ニューヨーク入港.jpg

着物・刀姿.jpg

 

飛鳥Ⅱがニューヨークに着岸したのは6月3日。その日はニューヨークヤンキースタジアムで対ボルチモアオリオールズ戦があったので、行くことにした。

予め、どうでもいい着物を持ってって、寄港地では着物を着て、腰には柄が刀の柄になっている折り畳みの傘を差して歩いた。

勿論、ニューヨークでもそのスタイル。

 

早速、おまわりの職務質問を受けた。

 

「それは刀か?」と聞かれたので、「NO、It’s umbrella!」と抜くと大爆笑!

警官数人が集まってきて「見せろ見せろ」と大賑わい。ハイタッチをして握手をして「Welcome to NewYork!!!」と言ってくれた。幸先のよいスタートだ。

ニューヨークの地下鉄.jpg

 

地下鉄に乗って30分、ヤンキースタジアムへ。当日なのでチケットが買えるかどうかわからなかったので、11時に着いてチケット売り場へ。

空いている席を買うと50ドルだった。5千円弱ならまあまあの席なのかな…と思いつつスタジアム内へ入ると早速、セキュリティが近寄ってきて、先程と同じ会話がなされて握手。この会話は毎日少なくとも3回は繰り返すことになる。そのたびハイタッチだ。笑っちゃうね。

ヤンキーススタジアム.jpg

ホットドック.jpg

ボルティモアの選手がバッテイング練習をしていたので外野で見ていたらボールが飛んできた!フェンスぎりぎりの打球だったが、手に当てながら無常にもボールはグランドに。痛恨のエラーだった。取っていればいい土産になったのに…。

試合開始は13時なのでヤンキースタジアム名物のホットドックを食べる。これが不味いの何の…。8ドルは高いよ。

席を探して球場を3周ぐらいしても見つからない。聞いてみたら3階のアッパーデッキだったのだ。これで50ドル?かなり高い感じだ。後で聞いたら、一階席のベンチの後ろ辺りは350ドル!だそうだ。ヤンキースは高給取りの選手が多いから高くなるのかな…。試合前.jpg

いよいよ試合開始。試合前の国歌斉唱。ロビンソン・カノーとデレク・ジーターとAロッドが3人並んで帽子を取って歌っているのを観て「あ~本当にニューヨークに来たんだな~」と実感した。でも何せ3階席だからね、ジーターがベビースターラーメンぐらいに見えた。

試合はC.Cサパシアとミルウッドの両エース対決。Aロッドがホームラン、ジーターがヒットと盗塁、チェンバレンが繋いで最後はリベラ。スター勢ぞろいだ。充分に堪能した。

 

 

  ブロードウェイ.jpg

マンハッタンに戻り、ブロードウェイを歩いているといきなり「Can  you  speak  Japanese?」と見知らぬ女の子に聞かれたので「しゃべれるよ」と答えると

「実はミュージカルのチケットを取ったんですが、友達が急病で行かれなくなってしまって、切符を流してしまうのはもったいないので、貰ってくれませんか?」という。なんという幸運!

 

 

ブロードウェイ2.jpg

ビールを飲んで、メニューの中からチキンを頼んだら、大嫌いなセロリが大量に添えられてきた。今日は食に運がないようだ。腹ごしらえをして劇場に。出し物は オペラ座の怪人。

 

 

 

 

 

ミュージカル.jpg

舞台装置や歌は本当に素晴らしかったが、なんたって言葉がまるでわからない。不覚にも寝てしまった。後で聞いたら、日本語のイヤホンガイドもあったそう
で、本当にもったいないことをした。しかし着物着て歩いていると、得することが一杯あるね。

飛鳥Ⅱの出航は翌4日なので、その日は飛鳥に泊まった。いよいよ明日は飛鳥Ⅱとお別れ。少し寂しいね。ここからは手銭でのニューヨーク滞在。

次回は日本人学校での落語会についてお話します。お楽しみに!

 

この旅の模様については、榎本会計事務所配信のメールマガジンでも書いています。こちらのメールマガジンも無料なので是非ご覧下さい。

 


コメントを投稿

(迷惑コメント対策として、コメントは承認制としております。コメントを投稿してもすぐにはサイトに反映されませんがご了承ください。)

過去のブログ記事



「三遊亭金時の部屋」は(株)ECセンターおよび榎本会計事務所のご協力により運営されています。経営者の皆様はぜひこちらのサイトもご覧ください。↓

榎本会計事務所のサイトへ