HOME>>セミナー・イベント>>奥様医業経営塾>>【医業経営情報】法人設立での合併は「持ち分なし」に

奥様医業経営塾

【医業経営情報】法人設立での合併は「持ち分なし」に

[07/10]更新!

 

厚生労働省医政局は、医療法人の合併の留意点について、5月31日付で都道府県などに通知した。
出資持ち分のある医療法人同士が、新たに法人を設立して合併する場合、「持ち分あり」を認めないことを明確にしている。
2007年施行の第5次医療法改正により、持ち分ありの医療法人の新規設立はできなくなったが、既存の持ち分あり医療法人については、経過措置が取られている。
通知では、持ち分ありの医療法人同士が合併し、いずれかの医療法人が存続するときに限り、持ち分ありの医療法人として引き続き運営を認めているが、合併により新たな医療法人を設立する場合、持ち分なしの医療法人になることが明示された。

※このセミナーは申込フォームからの参加申込は受け付けておりません。