HOME>>セミナー・イベント>>奥様医業経営塾(終了)>>サービス付き高齢者向け住宅整備事業

奥様医業経営塾(終了)

サービス付き高齢者向け住宅整備事業

[08/03]更新!

「サービス付き高齢者向け住宅(サ高賃)」とは、安否確認をはじめ、生活支援のサービスがついた
高齢者用の賃貸住宅のこと。「改正高齢者住まい法」の成立を受け、これまでの高齢者専用賃貸
住宅(高専賃)、高円賃、高優賃を廃止し、新たにサ高賃に一本化され、登録が必要となる。また、
有料老人ホームも基準を満たせば登録が可能となります。サ高賃を、地域での在宅ケアの受け皿
として注目している医療法人も多くあります。

 今回、その整備事業として、国が事業の実施に要する費用の一部を補助することとなりました。
「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」は、高齢者世帯や要介護者等の増加に対応し、高齢者が
安心して生活することができる住まい・住環境の整備により、その居住の安定確保を図ることを目的
としています。
 この観点から、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携して、高齢者を支援するサービスを
提供する「サービス付き高齢者向け住宅」として登録される住宅の整備事業を公募し、予算の範囲内
において、国が事業の実施に要する費用の一部について補助を受けることができます。

 

「サービス付き高齢者向け住宅」の登録制度と整備事業

 ● 登録対象
  
賃貸住宅もしくは有料老人ホームが基準を満たして都道府県に登録

 ● 登録基準
 
 《ハ ー ド》 床面積は原則25㎡以上。トイレ・洗面設備等の設置。
         バリアフリー化(廊下幅、段差解消、手すり設置)。

  《サービス》 最低限、安否確認と生活相談サービスの提供

  《契約内容》 前払家賃等の返還ルール及び保全措置が講じられていること。

 ● 住宅整備事業の受付期間
  
平成23年5月30日より随時受付(平成24年1月末までを予定)

 ● 住宅整備事業の補助額
   新築の場合 1/10(上限100万円/戸)
   改修の場合 1/3 (上限100万円/戸)

詳しくは、「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」ホームページ
http://www.koreisha.jp/service/ )を、参照下さい。

※このセミナーは申込フォームからの参加申込は受け付けておりません。

奥様医業経営塾(終了)