HOME>>セミナー・イベント>>奥様医業経営塾>>【医業経営情報】『平成24年度診療報酬改定率、全体でプラス0.004%』

奥様医業経営塾

【医業経営情報】『平成24年度診療報酬改定率、全体でプラス0.004%』

[02/06]更新!

政府は、昨年12月21日に本年4月より改定される診療報酬と介護報酬の改定率を決定した。
診療報酬については、薬価・材料価格の引き下げが1.375%となるのに対し、診療報酬本体は1.379%引き上げ、診療報酬全体(ネット)では0.004%引き上げることを決定した。
来年度の医療費は40兆円の見込みであり、引き上げは16億円。
ほぼ据え置きとも言える、ごく僅かなプラス改定である。
厚生労働大臣と財務大臣との大臣折衝による合意として民主党政策調査会長が確認したものとされる発表資料では、最下位を四捨五入して、引き上げおよび引下げとも、1.38%で、全体(ネット)の改定率は"+0.00%" と公表している。
診療報酬本体の改定率の内訳は、医科1.55%、歯科1.70%、調剤0.46%。前回の平成22年度改定に引き続き、歯科が高い配分である。
介護報酬の改定率については、全体でプラス1.2%(在宅1.0%、施設0.2%)と決まった。
 

※このセミナーは申込フォームからの参加申込は受け付けておりません。