HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第419号『ブラック企業に関するアンケート』

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第419号『ブラック企業に関するアンケート』

[12/16]更新!

★☆★ 既刊情報 ★☆★

ワーク・ライフ・バランスを越えて 働き方が変わる 会社が変わる!

不況の中でも元気に業績を伸ばしている企業があります。
業績が右肩上がりの企業とそうでない企業とでは、どこが違うのか。
このシンプルな疑問に答えを出しました。
 
本書では、今、元気あふれる企業をピックアップし、その事例の中から
元気の源を探ってみました。その結果わかったことは、それらの企業には
“ワーク・ライフ・ハピネス"という考え方が根底にあるのです。
“ワーク・ライフ・ハピネス"が中小企業の元気の“素"だったのです。
 
業績不振に悩む中小企業の経営者、管理者の目からウロコ本です。

 

 

worklifehappiness.jpg

 

「実践 ワーク・ライフ・ハピネス」を購入する

Amazon オンライン書店ビーケーワン(bk1)
  

 

 

 

 

 

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

ブラック企業に関するアンケート     特定社会保険労務士 東海林正昭

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

メルマガの読者の皆様お元気ですか。12月になり流行語大賞が発表になり、
皆様ご存知の「おもてなし」など
話題になった4つの流行語が大賞に選出されました。

流行語ベスト10の中には「ブラック企業」も入っています。
来年はさらに「ブラック企業」が注目されると思います。

平成25年10月31日、連合総研では
「第26回勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」の結果をまとめ、
公表しました。

そのうち、職場の状況といわゆる『ブラック企業』に関する認識の項目のうち、
いくつかの質問内容アンケート調査をご紹介します。

「職場における違法状態の認識」の質問では、過去1 年間の職場の違法状態の
認識内容として、「払われるべき残業代(全額または一部)が支払われない」
が最も多く約2割の19.3%、次いで「有給休暇を申請しても取れない」
が14.4%、業務によるケガ・病気を健康保険等で処理するよう指示が
7.2%、雇用保険に加入する資格がある人の未加入が6.4 %、
社会保険に加入する資格がある人の未加入が6.3%でした。

過去1年間に職場で違法状態があったと認識している割合の質問では、
約3割の29.2%が認識している状況でした。

業種による大きな差はみられませんが、従業員規模別にみると、
規模の小さい会社ほど多く、「99人以下」では35.9%になり、
勤め先の労組の有無別にみると、「あり」より「なし」の方が
10%ポイント程度高く違法状態があったと認識しています。

違法状態を経験した場合に「何らかの行動を起こす」と
回答したものに対して具体的な行動を尋ねたところ、

「職場の上司・経営者に話す」と回答した割合が47.8%と最も多く、
その他「労働基準監督署に申し立てる」が36.4%、
「行政の労働相談を利用する」27.0%など、
外部機関への申し立て・相談も多くみられています。

そのうち、「何らかの行動を起こす」と回答したものについて、
労働組合の有無別に具体的な行動をみると、
勤め先に労働組合があるものの4割が労働組合に相談すると回答しています。

過去1年間の職場の問題状況の認識の質問では、
「仕事により心身の健康を害した人がいる」と回答したものが
35.6%と最も多く、「長時間労働が日常的に行われている」30.6%、
「短期間で辞めていく人が多い」26.9%、
「パワーハラスメントが行われている」21.1%、
「求人時に示された労働条件と実際の労働条件が違う」17.2%
となっています。

勤め先がいわゆる「ブラック企業」にあたると思うかどうかの質問では、
17.2%が「思う」と回答しています。

業種別では「卸売・小売・飲食店・宿泊業」、
「金融・保険業・不動産業」、が他業種に比べて若干高い状況です。

企業規模別では、大きな差はみられなく、
自分の勤め先がいわゆる「ブラック企業」にあたると「思う」と
回答する割合は若い世代ほど高く、20代では23.5%にのぼっています。

就業形態別にみると、正社員の方が高く、
1ケ月の所定外労働時間が60時間を超えると、勤め先が「ブラック企業」
にあたると「思う」と回答する割合が高くなり
60時間以上の場合、40.2%になります。

残業手当が支給される立場で、今年9月に所定外労働を行った人の
35.3%が残業手当の未申告(賃金不払い残業)があると回答しています。

不払い残業時間の平均は18.5時間になり、
正社員では、不払い残業「あり」が男性で39.7%、
女性で34.1%を占めています。

男性正社員はとくに不払い残業が多く、
不払い残業時間の平均は22.4時間となっています。

いくつかの質問アンケート内容をご紹介しましたが、
皆様の企業が「ブラック企業」と呼ばれないよう、

皆様方企業の労務状況などの労務監査を行い、
就業規則など規程の整備を行うなど、様々な対策が必要で、
労使が協調できる労務管理を目指しましょう。


◆◇◆ 特定社会保険労務士 東海林 正昭 プロフィール ◆◇◆ 
    【http://www.ecg.co.jp/about/syoji.php?mm=419

  社会保険労務士法人東海林・旭事務所は、
    毎月「手作り事務所ニュース」を作成して
    情報発信にも力を入れている事務所です。
    詳細は上記URLから
    社会保険労務士法人東海林・旭事務所のHPをご覧下さい。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫

 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!

 ★New!!
  『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_53.php?mm=419

 ★『知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2013年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/2013.php?mm=419

 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_52.php?mm=419
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_49.php?mm=419


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

編集後記                     副編集長 塩田 剛也

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
当メールマガジンをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

今週は最近よく耳にする「ブラック企業」についてお送りしました。

長時間労働、低賃金、無賃残業、パワハラ、休日がない・・・など、
問題となっていることはいろいろありますが、
アンケートによると
「払われるべき残業代(全額または一部)が支払われない」
が約2割でトップとなっています。

お金を稼ぐために働いているのですから、働いてもお金をいただけなければ
不満に思うのは当然ですよね。

しかし、長時間労働、無賃残業、といった状況は今に始まったものでは
ありません。
昔はもっと長く働いていた、もっと給料が安かった、という声もよく
聞きますし、実際そうだったのだと思います。
自分も含め、おそらく若い世代には「だから何だ!」と思われがちですが・・・

特に若い世代で自分の勤め先をブラック企業と思う率が高いというのは、
将来に希望が持てないという現実を表しているのかなと思います。

個人的な話ですが、私は転職して収入も下がりましたが、
以前に比べ毎日がとても充実しています。

以前の勤め先では将来の目標も夢も持てず、
何もないまま毎日が過ぎていきました。

今は税理士の資格を取り、仕事をするという目標を持ちながら
毎日を有意義に過ごしています。

若い時の苦労は買ってでもしろ、と言いますが、
明確に目標を持っていれば毎日がんばれるんだと感じています。

指摘されるから、国や世間の目があるから、ブラック企業と
呼ばれないように環境を整えよう・・・

そんな受動的な姿勢ではなく、
がんばればこんな明るい未来が待っている!
自分ががんばれば環境も改善されるし、結果が自分に返ってくるんだ!
と信じられるような状態になりたいですね。

次号、第420号は12月24日(火)に配信予定です。
どうぞお楽しみに!

 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★

   一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei

 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=419
 【連絡先】    info@ecg.co.jp   
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=419
  【発行システム】 
 まぐまぐ(ID 0000052980)  http://www.mag2.com/m/0000052980.html
 メルマ!(ID 014722)     http://www.melma.com/backnumber_154169/
 メルマ! (ID m00044409)   http://www.melma.com/backnumber_44409/
 めろんぱん              http://www.melonpan.net/mag.php?005840

 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 

 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
           All Rights Reserved (c)2000-2013
                      by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ