HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第621号『学校事故』

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第621号『学校事故』

[05/28]更新!

 ★☆★ 新刊情報 ★☆★
 

book_tokusuru2017.jpg

 

「知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識」2018年度版を購入する

Amazon rakuten bk1 
  

 

 

 

 

 

 

 
  
 
 
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
『学校事故』        弁護士 谷原 誠
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
学校のクラブ活動(部活動)で、生徒が怪我をしてしまう場合があります。
 
この場合、生徒の親としては、その責任を誰かにとってもらいたい、と思うことでしょう。
 
では、誰が、どのような責任を負担するのでしょうか。
 
 
法的な責任としては、刑事責任と民事責任があります。
 
刑事責任としては、部活動の顧問など担当教師に
 
業務上過失致死傷罪が成立するか、という問題となります。
 
 
過去の事例では、高校のラグビーの部活動中、生徒が日射病で倒れ、
 
死亡した事件で、担当教師が業務上過失致死罪にとわれた事例があります。
 
このケースでは、担当教師は、禁錮2か月、執行猶予1年の有罪判決を受けました。
(東京高裁昭和51年3月25日判決)
 
 
次に民事事件です。
 
これは、損害賠償の問題です。
 
学校の管理下における事故については、
 
スポーツ振興センターにおける災害共催給付金制度があります。
 
事故の態様によって、金銭給付がされる制度です。
 
しかし、それで生徒の怪我による損害の全てをカバーできるわけではありません。
 
 
では、誰に損害賠償請求をすることができるでしょうか。
 
まず、怪我が他の生徒の行為に起因するものであるならば、
 
その生徒の故意または過失があったかどうかが問われます。
 
故意または過失があれば、その生徒あるいは親に対し、
 
不法行為に基づく慰謝料など損害賠償請求をしていくことになります。
 
次に、部活動中の事故、ということであれば、
 
担当指導教師の故意まはた過失があれば、損害賠償請求することになるでしょう。
 
 
部活動は、「学校の教育活動の一環として行われるものである以上、
 
その実施について、顧問の教諭を始め学校側に生徒を指導監督し
 
事故の発生を未然に防止すべき一般的な注意義務がある」とされています。
(最高裁昭和58年2月18日判決)
 
 
さらに、教師の所属する学校は、教師の使用者として、
 
使用者責任に基づく損害賠償責任が発生することになります。
 
また、学校は生徒に対して安全配慮義務を負担していたと考えられますから、
 
債務不履行に基づく損害賠償責任も発生する可能性もあります。
 
 
学校が国公立の場合には、法律が異なってきて(国家賠償法)、
 
損害賠償の責任主体は、国または地方公共団体となります。
 
全て法律的な問題で、判断が難しいので、
 
学校事故が生じた場合には、弁護士に相談することをおすすめします。
 
 
 
◇◆ みらい総合法律事務所 弁護士 谷原 誠 プロフィール ◆◇◆ 
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫
 
 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!
 
 ★『知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2018年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之、柳綾子共著
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス2』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
 

 

 ★☆★ 新刊情報 ★☆★

「知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識」2018年度版
 
本年は配偶者控除が150万円に改正されることとなりましたが、
 
単純にその枠いっぱい働くと世帯年収が減ってしまうこともあります。
 
なぜそうなるのか、どうしたらいいのかを特に詳細に説明しています。
 
年金の額が少なかったり、税金を多く払うことになったり、
 
給付金を貰い損ねたり…。
 
 
そういった「生涯損失金」は正しい法律・制度の知識がなかったり、
 
古い法律知識のままだったりすることで発生する。
 
本書は、家庭全体のライフプランを立てられるように、
 
年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識と得する情報を満載した定番書。
 
暮らしにかかわる法律・制度とそのお金を、
 
人生の節目ごとにまとめた章構成になっている。
 
 
●特集 配偶者控除に立ちはだかる社会保険の壁
 
第1章 得する社会人の基礎知識
第2章 得する結婚退職の基礎知識
第3章 得する出産情報の基礎知識
第4章 得する働き盛りの基礎知識
第5章 万が一のときに損しないための基礎知識
第6章 得する中高年の生き方基礎知識
第7章 得する老後の基礎知識
第8章 人生の終焉を迎えるときの基礎知識

 

 

book_tokusuru2017.jpg

 

「知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識」2018年度版を購入する

Amazon rakuten bk1 
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
 
次号、第622号は6月4日(月)に配信予定です。
 
どうぞお楽しみに!
 
 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★
  一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei
 
 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 
 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=621
 【連絡先】    info@ecg.co.jp
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=621
  【発行システム】 
  まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
  メルマ!(ID 154169) http://www.melma.com/backnumber_154169/
  メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
 
 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 
 
 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2018
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

[ 知って得する経営塾 第621号『学校事故』 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ