HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第543号『債務整理の金額』

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第543号『債務整理の金額』

[07/19]更新!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
『債務整理の金額』                     弁護士 谷原 誠
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
今回は、弁護士と司法書士の業務に大きな影響のある
 
最高裁判決が出されましたので、解説します。
 
 
近年、テレビやラジオのCMで、サラ金への過払金や
 
債務整理の広告を目にすると思います。
 
 
法律事務所や司法書士事務所ですね。
 
 
実は、過払金や債務整理については、弁護士は全てを扱えるのですが、
 
司法書士については、その一部しか扱えない、ということをご存じでしょうか?
 
 
司法書士が扱える債務整理(法律事務)については、
 
司法書士法で、裁判上も裁判外も140万円以下のものしか
 
取扱ができないことになっています。
 
 
これを超えると、弁護士法違反になってしまうわけです。
 
 
この「140万円」というのが、どの範囲が争われており、
 
その点の解釈を最高裁が行いました。
 
 
司法書士の論理は、次のようなものです。
 
 
貸金業者の主張する債権額=300万円
司法書士が利息制限法で引き直した結果、200万円
債務者が受ける利益100万円
 
 
したがって、債務者が受ける利益が100万円だから、
 
140万円以下であり、本件は、司法書士が取り扱うことができる。
 
 
しかし、最高裁は、次のとおり判断しました。(私の意訳です)
 
 
貸金業者が主張する債権額が300万円である以上、
 
300万円の訴訟が起きてくる可能性があり、
 
そうすると、その裁判は司法書士は扱えない。
 
 
この最高裁判決が出たことで、これまで前者の論理で受任していた司法書士は、
 
個別債権が140万円を超えるものについては解約しなければならなくなるでしょう。
 
 
債務整理を主力業務とする司法書士には大打撃となります。
 
 
皆様には、それほど影響はないかもしれませんが、他の法律事務も同じです。
 
 
個別の法律紛争の金額が、
 
140万円以下なら、司法書士が取り扱うことができ、
 
140万円を超える場合には、弁護士しか取り扱うことができない、
 
ということです。
 
 
わかりやすくするために、ざっくりと正確性を欠く表現で説明しておりますが、
 
今回は、この「140万円」というものを憶えておいていただければと思います。
 
 
◆◇◆ みらい総合法律事務所 弁護士 谷原 誠 プロフィール ◆◇◆ 
 
      http://www.ecg.co.jp/about/mirai.php?mm=543
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫
 
 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス2』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2015年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 

 

 ★☆★ 既刊情報 ★☆★

実践 ワーク・ライフ・ハピネス2  成功する会社は仕事が楽しい!

企業の成功の秘訣は
“頑張る"から“楽しい"へ!

成功する企業と成功しない企業とでは何が違うのでしょうか。
それは社員が“楽しく"仕事をしているかどうかの違いです。
会社は、これまでは“頑張る"ところでした。
しかし、今は違います。今は、頑張るより楽しく仕事をするほうが
業績も上がることがわかってきました。
働くことが楽しいと思える会社には「ハピネス」があります。
ハピネスがある会社は成長するのです。
本書は、ハピネスな五社の事例を取り上げながら、
その成功ポイントを明らかにしました。

業績不振に悩む経営者や管理者、
働くことに意義を見出せない若い人たちの必読の書です。

 

 

worklifehappiness.jpg

 

「実践 ワーク・ライフ・ハピネス2」を購入する

Amazon
  

 

 

 

 

 

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
 
次号、第544号は7月25日(月)に配信予定です。
 
どうぞお楽しみに!
 
 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★
  一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei
 
 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 
 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=543
 【連絡先】    info@ecg.co.jp
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=543
  【発行システム】 
  まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
  メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/backnumber_154269/
  メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
 
 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 
 
 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2016
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ