HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第542号『実態の知らない政治家の軽率な決定』

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第542号『実態の知らない政治家の軽率な決定』

[07/11]更新!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
『実態の知らない政治家の軽率な決定』             MBA 長友 孝幸
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
日本政府は2020年までに訪日外国人旅行者数を
 
「年間2000万人」とする目標を成長戦略として掲げ、
 
2012年以降、日本を訪れる外国人旅行者は増加するばかりです。
 
特に訪日外国人旅行者たちがもたらす経済効果、
 
いわゆる「インバウンド」に対応するために、
 
観光産業だけでなく、今後のオリンピック等の
 
国内イベントにも期待値が大きくなっています。
 
 
需要者側(利用者)から見ると、日本を訪れる外国人旅行者の増加により、
 
国内の宿泊施設は稼働率が年々上昇傾向にあります。
 
中でも顕著な伸びを示しているのが東京・大阪のホテルではないでしょうか。
 
新聞やテレビで話題になっている
 
「東京、大阪のホテルでは予約が取れない!!」
 
状況は今もほとんど変わりません。
 
 
特に首都圏のホテルの稼働率が上がるり、
 
客室料金は急上昇していることです。
 
一般的には、ホテルの稼働率が80%を超えると
 
客室料金が上昇するといわれますが、
 
ホテルズドットコムの2014年上半期の
 
ホテルプライスインデックスによれば、
 
日本の主要9都市のホテルの平均宿泊料金は、
 
対前年比で12%も増加しています。 
 
 
ブランド感のないビジネスホテルでも、
 
本来は手頃な価格で宿泊できたはずが、
 
客室料金が値上げの傾向にあり、
 
中には、深夜時間によって価格が変動する
 
一泊数万円の高額料金を設定するようなビジネスホテルも
 
首都圏に数多く存在し、本来あるべきビジネスホテルや
 
シティホテル利用者にとって負担になっているはずです。 
 
 
一方、供給者側(ホテル経営者)から見ると、
 
ホテルの立地、体系、規模によって様々な懸念材料が
 
今後の経営の舵取りに影響してきます。
 
 
他国の経験値による需要の動向の推移(特需)は、
 
その都市によって異なっています。
 
2010年の上海万博の際、中国では多くのホテルが
 
新たに開業されましたが、その後の客室稼働率が低下しています。
 
イギリスでもロンドン以外の地域のホテル客室稼働率は
 
低下したものの、オリンピック開催中を避けた外国人観光客によって、
 
ロンドン首都圏のホテルの客室稼働率は伸びているようです。
 
 
日本も同じように首都圏のホテルに関しては、
 
そのような事態を懸念しているでしょう。
 
2020年の東京オリンピックという一大イベントが終わった後に、
 
あるいは2週間弱の特需のためだけに
 
模を拡大させるわけにはいかない事情もあります。
 
 
そこで、政府は、外国人旅行者の宿泊施設不足への対応策として、
 
一般家庭などに有料で旅行客を宿泊させる
 
「民泊」の規制を緩和する方針を打ち出しました。
 
これまで有料の「業」として旅行客を宿泊させるには、
 
旅館業法に基づく許可を受ける必要がありましたが、
 
2020年の東京オリンピックのように
 
大規模なイベントが開催される時には、
 
旅館業法の許可がなくても民泊を可能とすることが計画したのでしょう。
 
 
更に、政府は宿泊体系が異なるラブホテルにも融資を促して、
 
宿泊施設を確保しようとしています。
 
本来、ラブホテルは時間貸しが主たる経営体系であり、
 
政府が期待している宿泊施設の機能だけでない方法で
 
収益を上げています。過去にラブホテルは風俗産業とされ、
 
国金が融資をするなんて考えられないことでした。
 
 
にもかかわらず、特需のために大きく制度が変化してきています。
 
ただ、この業界の実態を知らない政府の軽率な意思決定は、
 
今後のトラブルをもたらす要因を含んでいます。
 
 
旅館業法や消防法、建築基準法等の法律によって、
 
ホテルや旅館の利用者は、安全に施設を利用することができます。
 
稼働してない地方のラブホテルならともかく、
 
首都圏における民泊やラブホテルの外国人の宿泊の受入は、
 
日本人スタッフの言語力の問題、近隣の問題、安全性の観点から無理があります。
 
 
ただ、実態の知らない政府のその場凌ぎの軽率な決定は、
 
過去を振り返ってみても、一般市民が負担を背置くことになります。
 
お役人は企業家ではないですから、いずれ不良債権になることも
 
視野に入れて意思決定して欲しいですね。
 
金を貸したからと言って一瞬旨くいったとしても、
 
ホテルの経営は素人が容易にできるようなものではないのです。
 
 
◆◇◆    MBA 長友 孝幸 プロフィール    ◆◇◆ 
     
      株式会社比風屋 代表取締役 長友 孝幸
        http://www.hifuuya.co.jp/about/
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫
 
 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス2』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2015年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 

 

 ★☆★ 既刊情報 ★☆★

実践 ワーク・ライフ・ハピネス2  成功する会社は仕事が楽しい!

企業の成功の秘訣は
“頑張る"から“楽しい"へ!

成功する企業と成功しない企業とでは何が違うのでしょうか。
それは社員が“楽しく"仕事をしているかどうかの違いです。
会社は、これまでは“頑張る"ところでした。
しかし、今は違います。今は、頑張るより楽しく仕事をするほうが
業績も上がることがわかってきました。
働くことが楽しいと思える会社には「ハピネス」があります。
ハピネスがある会社は成長するのです。
本書は、ハピネスな五社の事例を取り上げながら、
その成功ポイントを明らかにしました。

業績不振に悩む経営者や管理者、
働くことに意義を見出せない若い人たちの必読の書です。

 

 

worklifehappiness.jpg

 

「実践 ワーク・ライフ・ハピネス2」を購入する

Amazon
  

 

 

 

 

 

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
 
次号、第543号は7月19日(火)に配信予定です。
 
どうぞお楽しみに!
 
 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★
  一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei
 
 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 
 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=542
 【連絡先】    info@ecg.co.jp
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=542
  【発行システム】 
  まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
  メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/backnumber_154269/
  メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
 
 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 
 
 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2016
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

[ 知って得する経営塾 第542号『実態の知らない政治家の軽率な決定』 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ