HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第534号 格差社会と個々の満足度の変化

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第534号 格差社会と個々の満足度の変化

[05/18]更新!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
格差社会と個々の満足度の変化             MBA 長友 孝幸
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
【格差社会から抜け出す力の弱体化】
 
格差社会とは特定の基準から見て隔絶された階層に分断された社会。
 
特に、所得・資産面での富裕層と貧困層の両極化と、
 
世代を超えた階層の固定化が進んだ社会とされる。
 
なぜ、格差を広げてしまう社会環境が作られてしまったのだろうか。
 
 
マクロ的な要因として「グローバル化」と「技術の革新」が
 
不平等を拡大させていると言われている。
 
まず、この点に関して見てみましょう。
 
 
グローバル化によって世界的は競争環境が生まれました。
 
先進国は非熟練労働者の賃金が低い国々からの競争増大に直面し、
 
非熟練労働者に大きく依存する産業は競争優位を実現することができなくなり、
 
結果的に低賃金国に外注されて国内から海外に生産はシフトすることになりました。
 
 
その反面、高度な技術を要する熟練労働部門や先進的な財やサービスを生み出す
 
高学歴労働者の需要が発生し、高度な財やサービスを生み出す価値の高い労働者賃金に
 
優位に働く社会を築くように作用します。
 
 
また、技術革新によっても同じように競争環境が生じています。
 
技術革新は高度な技術を要する熟練労働部門や
 
先進的な財やサービスを生み出す高学歴労働者に対しても有利に動きます。
 
情報通信技術の進歩などは、低技能労働者を追いやって
 
高学歴労働者の需要を生み出したと論じられるほど、
 
世界的に見ても独占的な利益の穏健を得ているようです。
 
 
ただ、現実の社会ではミクロ的な要因も含んで考えなければなりません。
 
つまり個々の満足度の尺度も時代と変化に伴って劇的に変化しています。
 
先に掲げた「グローバル化」と「技術の革新」と言う要素によって、
 
豊富な情報を人々は用意に取得できるようになりました。
 
 
昔であれば、右も左も判らない若者にとっても、
 
競争の環境における情報やデーターが不十分であったため、
 
「とりあえず、やってみよう!!  失敗したらやり直せば言い」と
 
不確実な社会に挑戦することを選んでいたはずの人々の心の動向は、
 
環境の変化とともに消極的になっているように見えます。
 
 
近年、日本人の多くは経済的に豊かな状況にあり、
 
今日の生活を経済面で少しでもよくするために汗を流して働くというよりも、
 
自分の好む余暇をどうすれば楽しむことを選ぶ日本人の心の変化も、
 
その一つの要因となっているように感じます。
 
 
このように「グローバル化」と「技術の革新」がもたらす
 
情報の拡散や複製技術の高度化は、
 
世界的に見ても、格差を広げてしまう社会環境を作り出しています。
 
知らなければ行動できるが、知ってしまったかゆえに、
 
一歩を踏み出す勇気が持てなくなっている人々が生活する社会環境では、
 
経済は上手に機能しないでしょう。
 
 
不確実な社会にも関わらず頑張ってきた昭和世代の
 
イケイケ・スピリットは「グローバル化」と「技術の革新」がもたらす
 
情報技術の「高度化」による環境変化によって、
 
我々日本人の心の中に受け継がれていないようです。
 
 
糸山塾長の言葉を思い出します。
 
「とことん稼いで、正々堂々と払うものは払え!!」と、、、
 
納めるものは自らの国に納めよと、、、、
 
心から日本を良くする企業家と政治家が必要とされる時代のようです。
 
 
 
◆◇◆    MBA 長友 孝幸 プロフィール    ◆◇◆ 
     
      株式会社比風屋 代表取締役 長友 孝幸
        http://www.hifuuya.co.jp/about/
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫
 
 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス2』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2015年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 

 ★☆★ 既刊情報 ★☆★

実践 ワーク・ライフ・ハピネス2  成功する会社は仕事が楽しい!

企業の成功の秘訣は
“頑張る"から“楽しい"へ!

成功する企業と成功しない企業とでは何が違うのでしょうか。
それは社員が“楽しく"仕事をしているかどうかの違いです。
会社は、これまでは“頑張る"ところでした。
しかし、今は違います。今は、頑張るより楽しく仕事をするほうが
業績も上がることがわかってきました。
働くことが楽しいと思える会社には「ハピネス」があります。
ハピネスがある会社は成長するのです。
本書は、ハピネスな五社の事例を取り上げながら、
その成功ポイントを明らかにしました。

業績不振に悩む経営者や管理者、
働くことに意義を見出せない若い人たちの必読の書です。

 

 

worklifehappiness.jpg

 

「実践 ワーク・ライフ・ハピネス2」を購入する

Amazon
  

 

 

 

 

 

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
 
次号、第535号は5月23日(月)に配信予定です。
 
どうぞお楽しみに!
 
 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★
  一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei
 
 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 
 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=534
 【連絡先】    info@ecg.co.jp
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=534
  【発行システム】 
  まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
  メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/backnumber_154169/
  メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
 
 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 
 
 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2016
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

[ 知って得する経営塾 第534号 格差社会と個々の満足度の変化 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ