HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第511号『平成27年就労条件総合調査』

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第511号『平成27年就労条件総合調査』

[10/26]更新!

 ★☆★ 既刊情報 ★☆★

実践 ワーク・ライフ・ハピネス2  成功する会社は仕事が楽しい!

企業の成功の秘訣は
“頑張る"から“楽しい"へ!

成功する企業と成功しない企業とでは何が違うのでしょうか。
それは社員が“楽しく"仕事をしているかどうかの違いです。
会社は、これまでは“頑張る"ところでした。
しかし、今は違います。今は、頑張るより楽しく仕事をするほうが
業績も上がることがわかってきました。
働くことが楽しいと思える会社には「ハピネス」があります。
ハピネスがある会社は成長するのです。
本書は、ハピネスな五社の事例を取り上げながら、
その成功ポイントを明らかにしました。

業績不振に悩む経営者や管理者、
働くことに意義を見出せない若い人たちの必読の書です。

 

 

worklifehappiness.jpg

 

「実践 ワーク・ライフ・ハピネス2」を購入する

Amazon
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

平成27年就労条件総合調査        社会保険労務士 吉田 幸司

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
10月15日に厚生労働省から、「平成27年就労条件総合調査」の結果が発表され
ました。これは5年に一度、労働時間や休日などの労働条件について調査する
もので、前回は平成22年に発表されています。この調査の特徴は、労働時間に
ついては毎回調査するのですが、その他の項目は調査時ごとに異なっている点
で、今回は労働時間制度、定年制等、賃金制度の3点についての調査がされて
います。

中でも細かく調査されることが少ない手当の支給状況が今回は目を引きます。
以下にその結果の概要をあげてみます。

諸手当の種類別支給割合と一人平均支給額(調査計)
・業績手当など 13.7% 57,125円
・役付手当など 87.7% 38,769円
・精皆勤手当など 29.3% 10,506円
・家族手当など 66.9% 17,282円
・住宅手当など 45.8% 17,000円

以上のような結果でした。
この調査では、企業規模別や業種別などでもう少し詳しいデータが出ています
が、詳細は厚生労働省のサイトから調べてみてください。
この結果を見て何を感じるかはそれぞれの立場やとりまく環境などによって
異なることでしょう。ただ、調査結果がこれであったから、自社の手当水準が
低いとか高いとか、必要な手当が支給されていないとか不必要な手当が支給さ
れていると思うことは正しい見方だとは考えられず、調査の結果はあくまで
世の中の会社がとっている賃金制度がどうかを数字に直しただけのものだと
言うことです。

自社にとって必要な手当は何であるのか、なぜ必要なのか、どれぐらいの額が
妥当なのかはそれぞれの会社で全然違うのです。あえて調査結果を利用する
ならば、それぞれの手当の額を決める際の参考資料と言ったところでしょうか。

大事なのは、手当の意味と狙いをはっきりさせることです。
そして、それぞれの手当の額の決め方をルール化しておくことです。
そうすることで手当が狙い通りに機能し、基本給などでは補えない本来の意味
を持たせることができるのです。

 

 ◆◇◆ 人事戦略研究所 吉田 幸司 プロフィール ◆◇◆ 

  【http://www.ecg.co.jp/about/yoshidakouji.php?mm=511】

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫

 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!

 
 ★『知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2015年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/2015.php?mm=511

 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_53.php?mm=511

 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_52.php?mm=511
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_49.php?mm=511


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

編集後記                     副編集長 塩田 剛也

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
いつも当メールマガジンをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

新入社員の頃、給与や退職金等の制度について労働組合から説明がありました。
その際、就業規則や給与規程、退職金規程の分厚い冊子をもらっています。
等級や役職に応じた手当が細かく記載されていて、どうなればどのくらいの
給与になるのか計算もしやすかったです。

初めて見た給与明細では総合職手当という言葉の重みを感じましたし、
昇給後はどの項目がどう上がっているのか確認しました。
今振り返ってみると、細かいところも気にしていたんだなと気づきます。

今では職業柄か総額にばかり目が行ってしまいますが、
それは短期的な視点なのかもしれません。
自分が経営者の立場であったら、人をどう育てていくか、
役職や手当の設定でどう従業員の意識を変えていくか、といったことを考え
人事制度を構築していかなければならないと思います。

不透明な部分が多いほど信頼を得にくくなるというのも事実です。
大企業のように細かい規程を設けることは難しいかもしれませんが、
経営者の考えや将来のビジョンを感じ取れるような制度を設けるのが
大事なことなんだなと思います。

次号、第512号は11月2日(月)に配信予定です。
どうぞお楽しみに!

 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★
  一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei

 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=511
 【連絡先】    info@ecg.co.jp
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=511
【発行システム】 
  まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
  メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/backnumber_154169/
  メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
  めろんぱん   http://www.melonpan.net/mag.php?005840
 
 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 

 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2015
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

[ 知って得する経営塾 第511号『平成27年就労条件総合調査』 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ