HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第544号『労働基準監督署の調査について』

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第544号『労働基準監督署の調査について』

[07/25]更新!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
『労働基準監督署の調査について』           特定社会保険労務士 東海林正昭
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
メルマガの読者の皆様お元気ですか。
 
今回は、労働基準監督署の調査についてご案内します。
 
 
全国に321有る労働基準監督署は、
 
労働関係法令違反行為に対して、
 
それらを是正し労働関係法令を遵守するために
 
様々な調査を行っています。
 
 
調査を行うのは労働基準監督官で、事業場に立ち入り、
 
労働基準法や労働安全衛生法等を遵守させるとともに
 
特別司法警察職員として被疑者の逮捕、送検を行う権限があります。
 
 
平成26年に労働基準監督官が司法処分として
 
検察庁に送検した件数は1,036件で、
 
内訳は労働安全衛生法違反が628件(60.6%)
 
労働基準法違反が400件(38.6%)
 
最低賃金法違反が8件(0.8%)となっています。
 
 
労働基準監督署の調査は、
 
申告監督、定期監督、再監督などがあります。
 
申告監督とは、労働者からの申告に基づいて実施されます。
 
多くは退職した労働者が企業との間で賃金不払や解雇などで
 
トラブルになった案件の申告に対して行う調査です。
 
それに対して定期監督とは、毎月一定の計画に基づいて
 
ランダムに業種を選出し行う調査で、労働条件通知書締結、
 
就業規則作成・届出、36協定締結・届出、
 
時間外・深夜労働に対する割増賃金、
 
労働安全基準、健康診断などの項目に対して行われます。
 
 
定期監督の際には、様々な必要書類の提出を求められ、
 
違反していると判断された場合は是正勧告などの処分が行われます。
 
再監督とは申告監督、定期監督の際に
 
法違反の指摘があった企業に対して再度、訪問し
 
是正の有無を確認するために行う調査です。
 
 
平成27年末に平成26年の労働基準監督年報が発表になりました。
 
それによると、労働基準監督署の調査は、
 
労働基準監督官が事業場に赴き、監督を実施した件数で、
 
申告監督が22,430件(13.5%)、
 
定期監督等(災害時の監督を含む)が129,881件(78%)、
 
再監督が14,138件(8.5%)で、トータル166,449件になります。
 
全国に321有る労働基準監督署で割ると
 
一つの労働基準監督署あたり518件程度になります。
 
 
申告監督を実施した業種を業種別にみると
 
商業、接客娯楽業、建設業、その他の事業、
 
製造業の順になっています。
 
申告条項別にみると、賃金不払と解雇がほとんどです。
 
 
定期監督を行った業種を業種別にみると
 
建設業、製造業、商業、保健衛生業、
 
接客娯楽業の順になっています。
 
定期監督129,881件のうち、法違反の件数は90,151件で、
 
違反率は69.4%となっています。
 
 
法違反の内容を法条項別の違反率でみると、
 
労働時間,安全基準,割増賃金,健康診断,
 
労働条件の明示,就業規則の順となっています。
 
 
国は、過重労働撲滅に力を入れ、
 
平成27年度に東京と大阪の労働局内に
 
過重労働撲滅特別対策班(かとく)を設置し、
 
ABCマート、フジオフードシステム、ドンキホーテ
 
の3社を告発送検しました。
 
 
さらに、平成28年度に47局の労働局に、
 
過重労働特別監督管理官を新設しました。
 
平成28年度より労働基準監督署でも
 
過重労働の長時間労働に歯止めをかけるため
 
に36協定の特別条項で月80時間越えを締結している
 
企業に対し監督・指導を強化し調査を行います。
 
 
このような状況の中、皆様の企業も労働基準監督署などが
 
調査する項目、そして長時間労働の過重労働対策には
 
十分注意し、問題が起きる前に改善をしましょう。
 
 
◆◇◆ 特定社会保険労務士 東海林 正昭 プロフィール ◆◇◆ 
    http://www.ecg.co.jp/about/syoji.php?mm=536
 
  社会保険労務士法人東海林・旭事務所は、
    毎月「手作り事務所ニュース」を作成して
    情報発信にも力を入れている事務所です。
    詳細は上記URLから
    社会保険労務士法人東海林・旭事務所のHPをご覧下さい。
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫
 
 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス2』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 2015年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
 
 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
 
 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 

 ★☆★ 既刊情報 ★☆★

実践 ワーク・ライフ・ハピネス2  成功する会社は仕事が楽しい!

企業の成功の秘訣は
“頑張る"から“楽しい"へ!

成功する企業と成功しない企業とでは何が違うのでしょうか。
それは社員が“楽しく"仕事をしているかどうかの違いです。
会社は、これまでは“頑張る"ところでした。
しかし、今は違います。今は、頑張るより楽しく仕事をするほうが
業績も上がることがわかってきました。
働くことが楽しいと思える会社には「ハピネス」があります。
ハピネスがある会社は成長するのです。
本書は、ハピネスな五社の事例を取り上げながら、
その成功ポイントを明らかにしました。

業績不振に悩む経営者や管理者、
働くことに意義を見出せない若い人たちの必読の書です。

 

 

worklifehappiness.jpg

 

「実践 ワーク・ライフ・ハピネス2」を購入する

Amazon
  

 

 

 

 

 

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 
 
次号、第545号は8月1日(月)に配信予定です。
 
どうぞお楽しみに!
 
 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★
  一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei
 
 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 
 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=544
 【連絡先】    info@ecg.co.jp
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=544
  【発行システム】 
  まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
  メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/backnumber_154269/
  メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
 
 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 
 
 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2016
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ