HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>第275号 経営者の仕事『人材育成について』

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

第275号 経営者の仕事『人材育成について』

[01/17]更新!

 ┏╋━ 知って得する経営塾 ━━━━━━━━ 第275号 2011年01月17日 ━
┏╋┛       
╋┛  発行:榎本会計事務所&イーシーセンター  http://www.ecg.co.jp/
┃                                                    info@ecg.co.jp 
┃──────────────────────────────────
╋┓  現場叩き上げ執筆陣による中小企業経営コラム      
┗╋┓ 経営者、営業、会計、税務、法律といった様々な視点で掲載中
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    
            ■□■ 目次 ■□■


経営者の仕事~人材育成について~      中小企業診断士・伊地知克哉

編集後記                     副編集長 秋葉 和彦

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

           ■□■ お知らせ ■□■ 

 <セミナー開催情報> 


 ★ 駅前経営塾の開校日が決定しました!!


 ○●○ 講義内容 ○●○

 ・「起業家セミナー」
  近日中に起業を予定されている方、準備は万全ですか!?
  勢いで会社は作れますが、会社は「継続すること」が大前
  提です。
  事前準備(知識習得)の為にも是非ご参加下さい!!

 ・「最速報!!税制改正セミナー」
  年も変わり各税制も改正が間近な時期になってきました。
  税制は近年、目まぐるしく改正を繰り返しており、ひと昔
  前に学んだ知識では到底太刀打ち出来ません。
  新たな改正に向けて事前に知識を習得し、準備を万端致し
  ましょう!
 
 開催日時など詳しい情報は↓

 【http://www.ecg.co.jp/course/post_46.php?mm=275

 


 ★ 【奥様医業経営塾】平成23年上半期日程について!

 医療を取り巻く環境は、年々厳しさを増してきております。
 そのような状況の中で「病院経営について勉強する場が少ない」
 「初めてでも分かり易い勉強会があれば参加したい」とのご要望を
 頂き、普段よりドクターを陰で支えてらっしゃる奥様向けに深く
 ご来会頂きたく、人数に限りを設けて「奥様医業経営塾」をスタート
 いたしましたが、大変ご好評を賜り、只今本年度上半期の日程を調整
 中です。確定次第ご案内させていただきますので今しばらくお待ち
 ください。
   
       昨年度のご参加いただいた方の声は↓
   
    【http://www.ecg.co.jp/course/2010_47.php?mm=275

 

 <榎本会計事務所情報発信チャンネル【最新番組情報】> 


 ★ 『医業経営情報』発信中!
    
   厳密にはECGチャンネルではありませんが、医業に関する情報発信を
   当事務所HPの『奥様医業経営塾』の中で始めました。もちろん受講さ
   れていない方も閲覧可能ですので、お気軽にご利用下さい。

   医業経営情報【平成23年度税制改正大綱の主な事項(厚生労働省)】

   【http://www.ecg.co.jp/course/post_45.php?mm=275

 ★ 「対談!経営語録」最新ラインナップ

   各界の専門家と税理士 榎本恵一のガチンコトークバトル!

   今回は『人徳のリーダーシップと前に向かって逃げる姿勢』を、
      経済アナリスト 藤原直哉先生)をお迎えしてお送りしています。
      
   【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-taidan.php?mm=275

 ★ 「エノラジ」最新ラインナップ

 ポッドキャスティング。中小企業の「現在(いま)」を聴け!

 今回はのテーマは『経営方針発表会の総括と改造内閣の発足』

   【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-enoradi.php?mm=275

  
 ★ 税理士 榎本恵一、中小企業診断士 伊地知克哉、榎本会計事務所の
   経営コーチ達によるブログで経営に気づきを!

   今回のテーマは『創業から47年目!来年に向けての決意!!』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/column.php?mm=275

   通じるものがあります『目標管理』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/news_post_277.php?mm=275
  
   経営コーチ達がそれぞれの感性で日替わりでお届けする『フォトログ』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/photolog.php?mm=275

   Amebaサイトの「ECの小部屋」へ
   【http://ameblo.jp/ec-enomoto/?mm=275】PC版
   
   モバイルサイトへのQRコードが貼り付けてあります
 『フォトログ/ECの小部屋』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/photolog_post_272.php?mm=275

 

  この他にもこのメルマガも含めて多彩な情報をお届けしています!
  どんなチャンネルがあるかは、下記の番組表リンクよりご覧下さい。
       【http://www.ecg.co.jp/blog/?mm=275

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

経営者の仕事~人材育成について~      中小企業診断士・伊地知克哉

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


 経営者の仕事について、これまで経営学はあまり正面から取り組んできませ
んでした。今の時代に限らず、経営者の仕事ぶりが経営の行く末に大きく影響
します。

今回は、さまざまな経営者の仕事の中でも、「人材育成」の大切さについて述
べたいと思います。

そもそもWorkとは、「仕事」という名詞と「働く」という動詞の二つの意味が
あります。仕事は客観的で論理的なもので、働くことは主観的で感情的なもの
です。肉親の死に立ち会えないと、「仕事なんだから」と言われるのは、仕事
では個人の感情は無視されることを上手く表現しています。

この相互依存的な両者を統合することも、経営者の仕事の一つです。内部統制
やISOなど制度を整備するのは、「仕事」を効率的・能率的にしたいとの経
営者の思いからでしょう。

それは仕事の論理を突き詰めるようなことです。それも経営者の仕事としては
必要なことです。


しかし、働く人の感情は日々変化します。疲れがたまると肉体的にも変化しま
す。人は機械のようにプログラム通り仕事をすることが苦手です。その一方で
機械と違い変化に気づき、修正する能力があります。この能力を奪うのがマニ
ュアルや職務規定など仕事のルールです。コンプライアンス病も同様です。
働く人の感情や主観よりも法律やルールという論理や客観的な事柄が優先され
るからです。その背景には、「人は誰でも間違いを犯す」という前提が見え隠
れしています。


昨今の大企業は即戦力を求める傾向にあります。

即戦力とは、直ちに仕事に当てはめられる人のことです。そこに個人の主観や
感情は要らないのです。それが仕事の効率を高めるのに必要だからとの経営者
の判断でしょう。では、人が働くのは、仕事に当てはめてもらいたいからでし
ょうか?


ここに経営学が右往左往していた論点があります。経営学は、「課題」と「労
働」のどちらに焦点を当てて論じるかの歴史といってもよいものです。良い経
営を実現するためには、経営目標という課題をクリアする必要があります。同
時にその課題をクリアするためには、働く人のパフォーマンスを最大化するこ
とが必要です。目標管理や動機づけが議論されてきたのはこのためです。
 多くの経営者は、「課題」には高い関心を持ちますが、「労働」には関心を
持たないようです。それは、労使対立という法的な関係性も影響しているので
しょう。しかし、そろそろこの考え方を改める時機です。経営者と労働者は対
立関係にあるのではなく、むしろ協働関係にあるのです。

なぜその企業で働いているかといえば、何らかの関心があるからです。

その企業や仕事に関心を持つことは、働く人の主観です。それは企業の目標と
個人の人生目標とを結びつけられる可能性があることを示しています。


ここで大切な経営者の技能が登場します。それは「コミュニケーション」です。
一般的に「コミュニケーションは情報伝達のこと」と理解されがちです。もち
ろん何らかの情報を伝えることはしますが、情報伝達そのものはコミュニケー
ションではありません。
企業では、上から下への情報伝達がほとんどでしょう。それは、発信者の行為
に焦点が当たっているからです。より具体的には指揮監督や指示命令です。そ
こには上から下へと伝えられた情報に対する報告義務があるにすぎません。コ
ミュニケーション教育の中で、「上手な話し方」「説得力ある話法」などに人
気があったのは、コミュニケーションとは発信者が中心との認識があったから
です。


それらも大切ですが、加えて必要なのは、下から上に向かう情報発信です。
これは多くの経営者には苦痛以外の何物でもないことでしょう。なぜなら、多
くの経営者にとっては「コミュニケーションは何かを伝えること」という習慣
や思いこみがあるからです。

コミュニケーションとは、受信者の行為を前提とする双方向的な人間関係のこ
とです。健全な人間関係を築くには、相手の話を聴くことを必要とします。相
手の話を聴くには、「コミュニケーションの目的には、相手との共通言語を作
ることである」との自覚を持つことからスタートします。

合い言葉や方言があるのは、このことを端的に示しています。
「愛があれば、言葉なんて要らない」というロマンチックな表現も同様です。
経営者は仕事を教えることはできても、働くことの意味を教えることはできま
せん。それは働く人が決めることです。コーチングの大原則の一つ「答えはク
ライアントが持つ。コーチは質問を持つ」とはこの意味においてです。

「人材育成」(経営者の仕事の一つ)とは、単に仕事ができる人を育てること
だけではなく、仕事を通じて自己実現が図れる人(人格)を育てることなので
す。

 


     ★☆★ 中小企業診断士 伊地知克哉 プロフィール ★☆★

    【http://www.ecg.co.jp/about/ijichi.php?mm=275
  

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

          ■□■ おすすめ書籍 ■□■          

  ●『自己責任時代を生き抜く知恵 知って得する年金・税金・雇用・健康
    保険の基礎知識2010~11年版』 榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司著
   【http://www.ecg.co.jp/topics/2001011.php?mm=275

  ●『起業を成功へと導く「経営コーチ」〔増補改訂新版〕』
                      LLP藤原KAIZEN研究会編著 藤原直哉監修
   【http://www.ecg.co.jp/topics/_llpkaizen1680_43_2_1.php?mm=275

  ●『負けない! 営業部主任・藤島あやめ「夢」起業』
                  榎本恵一(原作)、津田祐次(漫画) 
     【http://www.ecg.co.jp/topics/post_13.php?mm=275

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

編集後記                      副編集長  秋葉 和彦

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

いつも当メールマガジンをご愛読いただきましてありがとうございます。

突然ですが、皆さん商品券ってお持ちですが?私は「文具券」を持っていたの

ですが、これが廃止となり払い戻しの手続を行ないました。ここまでは、よく

ある話かもしれませんが、今では金券が紙くずになってしまう事はご存知でし

ょうか。

金券は、従来は発行停止となっても最後の一枚まで払い戻さなければならなか

ったのが、昨年4月に施行された「資金決済法」によって、最短で60日の期

間を設ける事ができるようになったのです。つまりこの払い戻し期間を過ぎた

ら紙くずになってしまうようになったのです。

私が持っていた文具券は、払い戻しを始めたところでニュースになったので助

かりましたが、通常はホームページや日刊新聞紙、店頭等での掲示で知らせる

事になっており、そんなの普通気づくかよ!と突っ込みたくなりました。

これでは金融庁も周知を徹底させるように警鐘を鳴らすわけですね。

現在、払戻手続実施中の商品券の一覧は金融庁のホームページで確認できます

ので、皆さん財布やタンスの中で眠っている商品券がありましたらすぐにご確

認下さい。

 

今回はちょうどこんな事があったのでご紹介しました。

 

次回第275号は、1月24日(月)配信予定です。お楽しみに!

 

 

 ★ECGチャンネル 各種情報チャンネル随時更新中です!
   番組表はこちら⇒【http://www.ecg.co.jp/blog/?mm=275

 ★『決算診断サービス』を行なっております
   【http://www.ecg.co.jp/service/000297.php?mm=275

 ★調べものはこちらから『エノペディア』公開中です!
   【http://www.ecg.co.jp/blog/glossary.php?mm=275

○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 【発行者】    榎本会計事務所&株式会社イーシーセンター
  【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=275
 【連絡先】    info@ecg.co.jp   
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=275
 
                 【発行システム】 
まぐまぐ(ID 0000052980)  http://www.mag2.com/m/0000052980.html
メルマ!(ID 014722)     http://www.melma.com/backnumber_154169/
メルマ! (ID m00044409)   http://www.melma.com/backnumber_44409/
めろんぱん              http://www.melonpan.net/mag.php?005840

 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 

 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
           All Rights Reserved (c)2000-2011
          by 榎本会計事務所&イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

[ 第275号 経営者の仕事『人材育成について』 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ