HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>第265号 職場における熱中症の予防、金時の飛鳥2航海記 後編

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

第265号 職場における熱中症の予防、金時の飛鳥2航海記 後編

[08/30]更新!

 ┏╋━ 知って得する経営塾 ━━━━━━━━ 第265号 2010年8月30日━━
┏╋┛       
╋┛  発行:榎本会計事務所&イーシーセンター  http://www.ecg.co.jp/
┃                                                    info@ecg.co.jp 
┃──────────────────────────────────
╋┓  現場叩き上げ執筆陣による中小企業経営コラム      
┗╋┓ 経営者、営業、会計、税務、法律といった様々な視点で掲載中
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    
            ■□■ 目次 ■□■

職場における熱中症の予防について   社会保険労務士
                   キャリアカウンセラー 吉田 幸司

金時の飛鳥2航海記 後編             落語家 三遊亭 金時

編集後記                     副編集長 秋葉 和彦

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

           ■□■ お知らせ ■□■ 

 <セミナー開催情報> 

 ★ お馴染みの『藤原直哉先生』による2011年の日本経済を展望するセ
   ミナーを【11月24日(水)】に東京で開催します。
   
   詳細はまたご案内します!是非ご期待下さい。


 ★ 下半期の【奥様医業経営塾】の日程が決定しました(9月より開講)。
   
   普段から悩みを抱えてらっしゃる医業関係の経営者の皆さまにピッタリ
   の塾です。詳細は是非お気軽にお問い合わせしてみて下さい。
   【http://www.ecg.co.jp/course/2010_47.php?mm=264
  

 <榎本会計事務所情報発信チャンネル【最新番組情報】> 

 ★ 榎本会計インターネットラジオ最新ラインナップ

   『金融危機再来』というテーマで、不景気と物価高を乗り越える秘策
   を藤原直哉先生との対談でお送りしています。
    【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-taidan_post_163.php?mm=265

   混乱する政治、先行き不安ですよね。今回の【エノラジ】は
   『今の政治に決めてほしいものと決めてほしくないもの』をテーマに
   お送りしています。
    【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-enoradi_post_150.php?mm=265

 ★ 税理士 榎本恵一の『経営コーチブログ』

   今回のテーマは『相続税と所得税の二重課税問題における最高裁判決』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/column_post_167.php?mm=265


 ★ 中小企業診断士 伊地知克哉が綴る『企業経営ブログ』にて経営に
   「気づき」を!

   今、長寿国としての日本が疑われていますが、会社の寿命はどうなの
   でしょうか? 『会社の寿命は30年?』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/news_30.php?mm=265

   こういう時代なのかもしれません『小さな会社のたたみ方』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/news_post_157.php?mm=265

   環境から学ぶ『グリーン経営』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/news_post_153.php?mm=265

 
 ★ 榎本会計職員がそれぞれの視点で綴る『フォトログ』
    各職員がそれぞれの感性で日替わりでお送りしています。
   
   【http://www.ecg.co.jp/blog/photolog.php?mm=265

  この他にもこのメルマガも含めて多彩な情報をお届けしています!
  どんなチャンネルがあるかは、下記の番組表リンクよりご覧下さい。
       【http://www.ecg.co.jp/blog/?mm=265

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

職場における熱中症の予防について   社会保険労務士
                   キャリアカウンセラー 吉田 幸司

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
これだけ猛暑日が連続すると、体にかなりの負担がかかってしまいます。恐い
のは、熱中症が屋外作業だけでなく、屋内作業でも起こり得るので会社として
はその対策をしておきたいものです。

データを調べてみると、今年に入って7月26日までに熱中症がもとで仕事中
に死亡した人が全国で13人いたようです。この数字は昨年1年間より5人多
く、9月まで暑さが続きそうなのでさらに増える可能性があります。

仕事中に熱中症で倒れると、ほとんどのケースで労災認定されます。倒れてし
まった人は労災保険からの給付を受けることができるのと同時に会社は安全衛
生管理について問われることになります。

厚生労働省労働基準局では、「職場における熱中症の予防について」という通
達を出していますので、最低限これに沿った対策をとることが求められます。
以下にその概要を紹介します。

1 WBGT値(暑さ指数)の活用

暑さ指数であるWBGT値(湿球黒球温度)を求め、労働者の熱への順化(熱
に慣れ、その環境に適応すること)の有無及び作業内容等ごとに定められた基
準値を超える場合には、身体作業強度の低い作業への変更などの対策に努める
とともに、基準値を超える場合には下記の2以下の対策の徹底を図ること(W
BGT値が未測定の場合もWBGT値と気温、相対湿度との関係を示した表を
参考にすること)


2 作業環境管理

作業場所の冷房等によるWBGT値の低減、休憩場所の整備等を図ること


3 作業管理

・休憩時間等を確保すること、身体作業強度が高い作業を避けることなどの対
 策に努めること

・熱への順化の有無が熱中症の発生リスクに大きく影響することから、計画的
 に、熱への順化期間(熱に慣れ、その環境に適応する期間)を設けることが
 望ましいこと

・自覚症状の有無にかかわらず水分・塩分の作業前後及び作業中の定期的な摂
 取の徹底を図ること
 このため、摂取を確認する表の作成、巡視などを行うこと
 
・透湿性及び通気性の良い服装等を着用させること。また、クールジャケット
 等これらの機能を持つ身体を冷却する服の着用も望ましいこと

・直射日光下では通気性のよい帽子やクールヘルメット等を着用させること


4 健康管理

・糖尿病、高血圧症、心疾患、腎不全等は熱中症の発症に影響を与えるおそれ
 のあることから、健康診断の実施、異常所見に対する医師等の意見の聴取、
 当該意見を勘案した就業場所の変更等の適切な措置の徹底を図ること

・上記疾患治療中等の労働者については、産業医、主治医等の意見を勘案して、
 必要に応じて、就業場所の変更、作業の転換等の適切な措置を講ずること

・労働者に対して、上記疾患治療中等の場合は熱中症予防のため対応が必要で
 あることを教示するとともに、対応が必要と判断した場合などには申し出る
 よう指導すること

・睡眠不足、体調不良、前日等の飲酒、朝食の未摂取等が熱中症の発症に影響
 を与えるおそれがあることから、日常の健康管理の指導、必要に応じ健康相
 談を行うこと

・作業開始前、作業中の巡視による労働者の健康状態の確認等を行うこと


5 労働衛生教育

・作業管理者、労働者へ教育を行うこと


6 救急処置

・緊急連絡網の作成及び周知、熱中症を疑わせる症状が現れた場合は必要に応
 じて救急隊の要請等を行うこと


通達では作業環境から日常生活まで幅広く会社の必要事項を定めています。こ
んなところまで…とか、たかが熱中症…と思わずに、予防の視点で取り組んで
いくことが重要だと思います。

   
       ■□■ 人事戦略研究所 吉田 幸司 プロフィール ■□■ 
     【http://www.ecg.co.jp/about/yoshidakouji.php?mm=265


        ◆◇◆ 吉田 幸司 著書 ◆◇◆

  ▼『自己責任時代を生き抜く知恵 知って得する年金・税金・雇用・
                  健康保険の基礎知識2010~2011年版』
   【http://www.ecg.co.jp/topics/2001011.php?mm=265

  ▼ECGチャンネル14 動画でのワンポイント講座 担当講座
   『若年者等正規雇用化特別奨励金について』
   『派遣労働者雇用安定化特別奨励金について』  
   【http://www.ecg.co.jp/member/?mm=265

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

          ■□■ おすすめ書籍 ■□■          

  ●『自己責任時代を生き抜く知恵 知って得する年金・税金・雇用・健康
    保険の基礎知識2010~11年版』 榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司著
   【http://www.ecg.co.jp/topics/2001011.php?mm=265


  ●『負けない! 営業部主任・藤島あやめ「夢」起業』
                  榎本恵一(原作)、津田祐次(漫画) 
     【http://www.ecg.co.jp/topics/post_13.php?mm=265


  ●『起業を成功へと導く「経営コーチ」』
            LLP藤原KAIZEN研究会編著 藤原直哉監修
     【http://www.ecg.co.jp/topics/000568.php?mm=265

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

金時の飛鳥2航海記 後編             落語家 三遊亭 金時
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
前編の最後に出てきたマディラ島を出て、次の寄港地はテネリフェ島。かつて
スペインの大航海時代に中継基地として大いに栄えた島だ。

下船すると、元山岳部の仙三さんは「山歩きのツアーに参加します」といって
行ってしまった。そこで、囲碁教室の先生として乗り込んでいる小長井克八段
と歩くことにした。小長井八段に囲碁界の裏話を聴いたりして凄く面白かった。

ある時、小長井八段が対局でコテンパンに勝っていたそうだ。夕飯休憩に天ぷ
らそばを頼んであったけど、相手はもうじき投了するだろうから、蕎麦はキャ
ンセルして終わってからゆっくりビールを飲んで夕飯を食べようと、日本棋院
の女性職員に「キャンセルしておいてください」と言った。

さあ、後半戦スタートの直前、別のおばさん職員が「小長井先生、天ぷらそば
本当にキャンセルでいいんですか!!!」と大きな声で言ったのが対局相手に
聞こえてしまった。

向こうはかなりムカっとした顔をした。「こいつ、俺が直に投了すると思って
やがるな!」という目で睨んできた。さあ後半、向こうは意地でも投了しない。
長引くは、お腹は空くは、散々だったそうだ。


テネリフェ島といえば世界遺産のラ・ラグーナの街並み。路面電車で40分、
スペインの香りがする古い街並み。お店もたくさんあって、軽井沢みたいな感
じだった。

テネリフェを出ると、これからは一週間寄港なし。ずっと航海日、船内落語会
の始まりだ。合計4回、ネタは柳田格之進、二番煎じ、らくだ、鼠穴の四席。
お陰さまで大変に御好評を頂きました。


エンターテイメントのほかにも、洞爺湖サミットで料理長だったホテルエドモ
ントの中村勝宏シェフの料理の夕べは、本当に素晴らしいディナーでした。

洞爺湖サミットでの苦労話も面白かった。とにかく全国各地から食材が頼みも
しないのにワンサカ送られてくる。中には議員さんが「うちの選挙区の名産品
を使ってくれ」と持ってくる。

ひとつ使えば全部使わざるを得ないし、使うと「洞爺湖サミットで使われた何
々…」と宣伝に使われてしまうし、結局全部断って送り返したそうだ。それが
一番大変だったそうな。

私がシェフに「落語も料理も一緒で、材料も時間も火加減も同じで作っても、
こいつがやると美味しいが、こいつがやると全然不味い。料理もそうじゃあり
ませんか?」というと、

深く頷いてらして「全くその通り!だから料理は面白いんだよ。落語と同じだ
ね!」と納得してらした。


一週間ぶりにバミューダ島に到着。陸地は有難い!と思った。バミューダ島は
かつては魔の三角地帯などと言われ、船や飛行機が忽然と姿を消すと言われて
いたこともあった。我々はそんなこともなく無事到着。しかし接岸できる港は
なくて、沖に投錨した。

入港する時、デッキから見ていたけど、方々に消火栓のようなものが立ってい
て、岩礁を知らせている。かなりいっぱいあった。そんなものがない時代、船
はかなり座礁して沈没したに違いない。魔の三角地帯もこれが原因かなと思っ
たりもした。

バミューダ島は飛行機ならニューヨークから2時間。超高級別荘地だ。小さな
島が点在し、そのひとつ、ひとつに船着場があって、白い建物が建っている。
島ごと別荘なのだ。モーターボートで着けるんだろうね。

係船でバミューダ島へ。雰囲気はまるでディズニーランドだ。ハミルトン港か
ら港の対岸にある、ピンク海岸に行って、島のシンボルの灯台に登ることにし
た。

仙三と歩くこと3時間、ピンク海岸にやってきた。このピンク海岸、ピンク色
の貝殻が細かく割れて砂状になっている。海岸全体がピンクに見えるのだ。そ
の先の灯台に登り、湾を一望して帰る。

飛鳥のほかのお客さんの間で「歩いている金時さん」が評判になっていて、タ
クシーに乗っている人が「いくらなんでも金時さん、ここまでは歩いていない
よね~」と話しているその脇を我々が歩いているのを見つけて「あ、いた!こ
んなところまで歩いてるよ!」とタクシーの中で大笑いしてたそうだ。

でも、足が達者の間はやはり歩きたい。面白いことが結構ある。リスボンで着
物姿で歩いていたら、車を運転している人が私に手を合わせる。

なんでだろうと思っていたが、バミューダ島でもこのように合気道場や空手道
場があって、そのせいらしいということがわかった。結構、日本文化も浸透し
ているようだ。

バミューダ島はかなり物価が高い。昼飯もビールもワインもかなり割高。やは
り世界中の金持ちの別荘地だもんね。

バミューダ島を出航して、最後の落語会。私はニューヨークで下船だが、先々
旅を続ける皆様の無事を祈って、三本で締めた。

ニューヨーク港に入港すると、一面の霧、盛んに汽笛を鳴らして入る。周りの
船も汽笛を返す。やがて自由の女神が見えてきた。50番デッキに着岸。直ぐ
隣に、今は博物館になっている空母があった。

長旅の終わり、ちょっと寂しかった。
ご乗船の皆様、20日間ありがとうございました。以上、報告終わり!

     ◆◇◆ 三遊亭金時師匠のホームページ ◆◇◆ 
     
    今回の旅の模様がブログにて写真つきでお楽しみ頂けます!     
            ぜひこちらもご覧下さい。
    【http://www.ecg.co.jp/kintoki/blog/post_1693.php

      ECGチャンネル13ch 三遊亭金時の部屋
        【http://www.ecg.co.jp/kintoki/

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

編集後記                      副編集長  秋葉 和彦

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
いつも当メールマガジンをご愛読いただきましてありがとうございます!

今話題の高齢者の所在不明問題、戸籍上は200歳の方がいたそうですね!?
さすがに住民登録はされていないものの、住民登録されている方や年金を不正
に受給していたケースなど、国民の多くが年金不安を抱えている中、さらに不
安を煽っています。

一部の行政の怠慢で、ますます行政不満が高まってしまいます。信頼回復の為
にも今後は頑張ってもらいたいものです。

最近は、行政に対する不満、政治に対する不満、経済に対する不満、世の中に
対する不満と不満ばかりを耳にします。自分ももちろん不満はあります。ただ
不満ばかり言っていても何も変わりませんし、口にする事で悪い方向へひっぱ
られてしまうような気がします。

今はきっと膿を出す時期です。病気が見つかれば治療をして直すことができま
す。見つからなければ、手遅れになっていたかもしれません。ひどい話ももっ
と出てくるかもしれませんが、見つかってよかったんだと思えるように考え方
を変えて乗り切っていきましょう。

次回第266号は9月13日(月)に配信予定です。お楽しみに!

 ★ECGチャンネル 各種情報チャンネル随時更新中です!
   番組表はこちら⇒【http://www.ecg.co.jp/blog/?mm=265

 ★『決算診断サービス』を行なっております
   【http://www.ecg.co.jp/service/000297.php?mm=265

 ★調べものはこちらから『エノペディア』公開中です!
   【http://www.ecg.co.jp/blog/glossary.php?mm=265

○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 【発行者】    榎本会計事務所&株式会社イーシーセンター
  【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=265
 【連絡先】    info@ecg.co.jp   
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=265
 
                 【発行システム】 
まぐまぐ(ID 0000052980)  http://www.mag2.com/m/0000052980.html
メルマ!(ID 014722)     http://www.melma.com/backnumber_154169/
メルマ! (ID m00044409)   http://www.melma.com/backnumber_44409/
めろんぱん              http://www.melonpan.net/mag.php?005840

 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 

 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
           All Rights Reserved (c)2000-2010
          by 榎本会計事務所&イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ