HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>第263号 雇用保険関係の法改正の概要、飛鳥2航海記 前編

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

第263号 雇用保険関係の法改正の概要、飛鳥2航海記 前編

[08/02]更新!

 ┏╋━ 知って得する経営塾 ━━━━━━━━ 第263号 2010年8月2日 ━━
┏╋┛       
╋┛  発行:榎本会計事務所&イーシーセンター  http://www.ecg.co.jp/
┃                                                    info@ecg.co.jp 
┃──────────────────────────────────
╋┓  現場叩き上げ執筆陣による中小企業経営コラム      
┗╋┓ 経営者、営業、会計、税務、法律といった様々な視点で掲載中
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    
            ■□■ 目次 ■□■

雇用保険関係の法改正の概要      社会保険労務士
                   キャリアカウンセラー 吉田 幸司

金時の飛鳥2航海記 前編             落語家 三遊亭 金時

編集後記                     副編集長 秋葉 和彦

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

           ■□■ お知らせ ■□■ 

 <セミナー開催情報> 

   お馴染みの『藤原直哉先生』による2011年の日本経済を展望するセ
   ミナーが【11月24日(水)に東京・錦糸町】にて開催決定しました。
   
   詳細は次号以降でまたご案内します!是非ご期待下さい。


 <榎本会計事務所情報発信チャンネル【最新番組情報】> 

 ★ 上記セミナーへのご参加を検討中の方、前回が不参加の方 必見!
    
   藤原直哉先生のセミナー『日本経済後半戦の展望』ダイジェスト映像
   【http://www.ecg.co.jp/member/?mm=263


 ★ 中小企業診断士 伊地知克哉が綴る『企業経営ブログ』にて経営に
   「気づき」を!

   環境から学ぶ『グリーン経営』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/news_post_153.php?mm=263

   今話題の映画【踊る大捜査線3】から学ぶリーダーシップ
   『サーバントリーダーシップ』
   【http://www.ecg.co.jp/blog/news_post_142.php?mm=263


 ★ 第175回国会が開催中、注目の今後!どうなる日本?
   インターネットラジオ各チャンネルにてお送りしています。

   『参議院選挙を終えて』今後どうなるのか藤原直哉先生との対談で
    お送りしています。
    【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-taidan_post_143.php?mm=263

   『今の政治に決めてほしいものと決めてほしくないもの』
    【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-enoradi_post_150.php?mm=263

   『日本人の平均寿命と子ども手当の行方』
    【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-enoradi_post_148.php?mm=263

   『消費税増税の行方』
    【http://www.ecg.co.jp/blog/pod-enoradi_post_113.php?mm=263

 
 ★ 榎本会計職員がそれぞれの視点で綴る『フォトログ』
    各職員がそれぞれの感性で日替わりでお送りしています。
   
   【http://www.ecg.co.jp/blog/photolog.php?mm=263

  この他にもこのメルマガも含めて多彩な情報をお届けしています!
  どんなチャンネルがあるかは、下記の番組表リンクよりご覧下さい。
       【http://www.ecg.co.jp/blog/?mm=263

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

雇用保険関係の法改正の概要      社会保険労務士
                   キャリアカウンセラー 吉田 幸司

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
雇用保険関係の法改正が4月1日、6月30日、8月1日とたてつづけに行わ
れたので、ここでまとめて紹介しておきます。

4月1日施行の法改正は2つあります。

1つは雇用保険の加入対象者の拡大です。既に施行されていますので、現時点
での雇用保険加入要件を以下にあげます。

1)1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
2)31日以上継続して雇用する見込みであること。

失業したときの雇用保険の給付の要件は変わっていません。

4月1日施行の2つ目は、育児休業給付金の支給内容が変更になりました。

これも既に施行済みですが、今回の改正の対象となるのは、4月1日以降に育
児休業を開始した人なので、それより前に育児休業をしている人は4月1日改
正の前の法律が適用されます。

4月1日より前に育児休業を開始すると、育児休業の期間中は毎月、育児休業
基本給付金として休業開始時賃金月額の30%の支給を受け、育児休業終了後
6カ月を経過してから休業開始時賃金月額の20%×育児休業期間の金額を一
時金で育児休業職場復帰給付金として受けとることができるようになっていま
す。

これが、4月1日以降に育児休業を開始すると育児休業期間中に毎月、休業開
始時賃金月額の50%を受け、職場復帰給付金は0円となります。つまり、育
児休業職場復帰給付金は育児休業基本給付金に統合されてしまった形になりま
した。


6月30日の法改正では、この日に育児休業法の改正が施行されたのに連動し
て、一定の条件を満たす場合には育児休業給付金の支給期間が、子供が1歳2
カ月になるまでと変わりました。

これによって、産後休暇終了後1年間育児休業給付金を受けられる可能性が出
ました。この改正で言う一定の条件とは、いわゆるパパママ育休プラス制度を
使った場合のことを指します。

また、育児休業法は父母の両方が育児休業をとることを可能にしたので、この
場合には父母の両方が育児休業給付金を受けられるようになりました。


8月1日の改正は、毎年行われている雇用保険の賃金日額の最高・最低限度額
の更新です。ここ何年か下がり続けている賃金日額の最高・最低限度額ですが
今年も下がります。例示すると以下の通りです。
 
45歳以上60歳未満の場合の賃金日額の範囲
(最低額)2,050円→2,000円
(最高額)15,370円→15,010円

これに伴う基本手当の日額の範囲
(最低額)1,640円→1,600円
(最高額)7,685円→7,505円

この更新は在職中の人には関係なさそうに思われがちですが、前の育児休業給
付金もこれに準じて最高額が決められていますし、高年齢雇用継続給付金もこ
の更新の影響を受けます。また、中小企業緊急雇用安定助成金(雇用調整助成
金)の支給額にも影響が出ます。


短期的な雇用対策と長期的な雇用対策の両方が入り交じって4月1日から8月
1日までの間に法改正が行われるので覚えきれないかもしれませんが、細かな
ことまで覚えておかなくても概要ぐらいは覚えておきたいものです。

   
       ■□■ 人事戦略研究所 吉田 幸司 プロフィール ■□■ 
     【http://www.ecg.co.jp/about/yoshidakouji.php?mm=263


        ◆◇◆ 吉田 幸司 著書 ◆◇◆

  ▼『自己責任時代を生き抜く知恵 知って得する年金・税金・雇用・
                  健康保険の基礎知識2010~2011年版』
   【http://www.ecg.co.jp/topics/2001011.php?mm=263

  ▼ECGチャンネル14 動画でのワンポイント講座 担当講座
   『若年者等正規雇用化特別奨励金について』
   『派遣労働者雇用安定化特別奨励金について』  
   【http://www.ecg.co.jp/member/?mm=263

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

          ■□■ おすすめ書籍 ■□■          

  ▼『自己責任時代を生き抜く知恵 知って得する年金・税金・雇用・健康
    保険の基礎知識2010~11年版』 榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司著
   【http://www.ecg.co.jp/topics/2001011.php?mm=263


  ▼『負けない! 営業部主任・藤島あやめ「夢」起業』
                  榎本恵一(原作)、津田祐次(漫画) 
     【http://www.ecg.co.jp/topics/post_13.php?mm=263


  ▼『起業を成功へと導く「経営コーチ」』
            LLP藤原KAIZEN研究会編著 藤原直哉監修
     【http://www.ecg.co.jp/topics/000568.php?mm=263

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

金時の飛鳥航海記 前編              落語家 三遊亭 金時
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
5月16日から6月4日まで飛鳥2という豪華客船の中で仕事してきました。
今回はその様子をご報告します。

一行は4月3日に横浜を出航し、香港、シンガポール、モリジブ、オマーン、
スエズ運河を通ってエジプト、ギリシャ、トルコ、イタリアのナポリ、マルセ
イユ、そしてバルセロナに入港。

私と曲芸の仙三は、飛行機でパリ経由でバルセロナに追い着いて乗り込む、と
いった按配だ。

エールフランスに乗り込み、さっそく機内食。エールフランスの機内食は結構
美味しかった。日本の航空会社はやはり美味しいが、酷かったのはユナイテッ
ド航空とコンチネンタルミクロネシア航空。

ユナイテッドなんか、おにぎりだったからね!コンチネンタルは国際線なのに
アルコールが有料だったもんな。しかもビール一本5ドル!キャビンアテンダ
ントの態度は横柄だし、二度とごめんだ。

アメリカ系の飛行機に乗るときは、乗る前に空港で食べたほうが無難だ。

バルセロナに着くとお迎えが来ていて、飛鳥2まで送ってくれた。早速、着物
に着替え、この旅の為にわざわざ仕入れた、柄が刀になっている折りたたみ傘
を腰に差し、いよいよ出発。

最初はアントニオ・ガウディが設計した、サクラダファミリアを見物に行く。
完成まで後200年以上掛かる、とガイドに書いてあったから「きっと石工が
チンタラやってるんだろう…」と思ったら大間違い!重機が入って全開で工事
していた。

塔に登るのは有料で、エレベーターに乗って上から見たバルセロナの街は格別
だった。

それから仙三とブラブラ街歩き。私も歩くのは大好きだが、仙三は大学時代、
山岳部にいたそうで、かなりの健脚だ。着物姿で腰に刀のコスチュームはバカ
ウケ!写真撮られたり、握手されたり、計略見事に図に当たった感じだ。

ところが歩いていると警官が走り寄って来て「MDMA?マリファナ?!」と
叫んで所持品検査をされたのだ。いやビビった、ビビった!結局、飛鳥の乗船
証を見せて事なきを得たが、怖かった~。


飛鳥2は7~800名のゲストと、ほぼ同数のスタッフ。ひとつの町みたいな
もんだ。廊下ももの凄く長い(ブログにて写真を見て下さい)。退屈するかな
と思ったけど、それほど退屈はしなかった。

一日中、航海日となると、私の場合は6時半起床、ラジオ体操してから気功体
操をやって、バイキングの朝ごはん。デッキを散歩、ゴルフの練習、各種お教
室、昼のバイキングを食べて、ウクレレ教室、昼寝、読書、ディナー、そして
エンターテイメント。

エンターテイメントも、歌、ハーモニカ奏者やハープ奏者、落語ナドナド、お
客様が退屈しないよう、色々な人が乗ってくる。私も勿論、落語をやりました。
20日間のうち4回だけですが…。ほとんど遊びだ。

他にもダンス教室や囲碁教室など様々だ。横浜から横浜まで約百日も乗ってい
る人は、すっかり社交ダンスも踊れるようになってしまう。参加者の奥様が言
ってたけど「陸の上でダンス習おうと思ったら月4回で1万5千円位。飛鳥に
乗ってれば70回もお教室やってタダなんだから、やらない手はないわよ…」
ナルホド。

その奥様、旦那様と習って、すっかり上達して、ドレスコードがフォーマルの
日に、ふたりでドレスとタキシードで踊ってた。格好良かったなあ。


ドレスコードといえば、この旅の為に50枚、着物を持って乗船した女性がい
た!すごいねえ!でも船だから宅急便で送って、乗せちゃえば世話はないわけ
だし、部屋では荷物は広げっぱなしだから、楽ですよ。

普通の旅は飛行機で移動してホテルに入って、荷物解いて、また移動の時トラ
ンクに詰めて、という面倒な作業がある。船はそれこそ動くホテルだから寝て
いる間に次の街に連れてってくれる。その点、とても楽だ。


さて、バルセロナを出発して地中海の出入り口、ジブラルタル海峡に差し掛か
った。この辺りはイルカがたくさんいるそうで、何匹も並走してくれた。

右にスペインの要塞、左にモロッコを見て大西洋に出て、ポルトガルのリスボ
ンに到着。べレンの塔の前で着物姿で写真をパチリ。世界遺産のジェロニモス
修道院は天正の少年使節団が訪れて、その美しさに驚嘆したのだという。

路面電車とバスの一日券を買ったので、思い切って、これも世界遺産のシント
ラまで足を伸ばし、バスでシントラ王宮を見学、リスボンの街が一望できて、
その先には大西洋、絶好の眺めだった。

ここでも女子学生に「Oh! SAMURAI coming!!」と言われ
てニンマリだ。

船の中で書いた仁木さんへの手紙をだそうと郵便局を探すのに一苦労。郵便局
が郵便局らしくなくてわからないのだ。なんかおもちゃ屋さんみたいな感じで
前を何度も行ったり来たりしてしまった。

名物のケーブルカーに乗って街を歩いて、船で飲むワインとビールを買って帰
る。ワインは安い!一本1.5ユーロ。200円しないのだが、こいつが結構
美味しかった。もっとたくさん買ってくれば良かった。

警官に港の場所を聞いて歩き出したはいいが、違う船着場を教えられて大慌て。
ビールとワインは重いし。もう一度聞き直し、電車に乗り直して事なきを得た。
危ない危ない!

船は次の目的地、マディラ酒で有名なマディラ島に向かったのでありました。
マディラ島は気候が温暖で、言ってみれば大西洋のハワイのようなもの。かの
チャーチルも晩年をここで過ごしたそうな。

まず、ロープウェイに乗ってモンテ教会へ。モンテは高級別荘地だそうだ。て
っぺんから飛鳥2が見えた。

ロープウェイのチケットは全員が当たり前のように往復チケットを買うけど、
私と仙三は「帰りは歩こう!」と言って片道チケットを買った。向こうの人に
「とても歩けないよ。2時間はかかる。クレージーだ」とまで言われたが、余
計、我々の闘争心に火がついた。バカだよね。

坂道をブラブラ下っていくと、後ろからシャーという音。トボガンという乗り
物で、急な坂を物凄いスピードで滑り降りてくるのだ。ブレーキは船頭のゴム
靴の踵だけ、おっかないことこの上ない。ぼんやりしているとぶつかりかねな
い。

事故はまだない、というが本当だろうか???アスファルトがやけに黒光りし
てるな、と思っていたけど、こいつのせいだったのだ。

途中、結婚式場に向かう新郎新婦さんに会った。最初は新婦さんとお父さんか
と思ったよ。トシが離れているのかな?歩くとこんな光景にぶつかるから面白
いんだよね。

「2時間かかる」と言われたけど、何のことはない1時間で降りてきてしまっ
た。どんなもんだい!マディラの街は古い町並みが残っていて大層歩き甲斐が
ある、いい感じの街だ。

二人で入ったレストランで、なんだかわからないながら注文したのは牛肉と魚
の串焼きだった。ビールとの相性は抜群!店員にへんなおもちゃと帽子をかぶ
らされて写真を撮った。土産物を買って船に戻る。

港を出港すると、この島は断崖絶壁に囲まれた島なんだね。夕日に映える岸壁
が実にきれいだった。

と、ここまでまだ一度も仕事していません。こんないい仕事は初めてだ。次の
寄港地はテネリフェ島。また機会を改めまして、飛鳥航海記後編をお楽しみに!


     ◆◇◆ 三遊亭金時師匠のホームページ ◆◇◆ 
     
    今回の旅の模様がブログにて写真つきでお楽しみ頂けます!     
            ぜひこちらもご覧下さい。
    【http://www.ecg.co.jp/kintoki/blog/post_1642.php

      ECGチャンネル13ch 三遊亭金時の部屋
        【http://www.ecg.co.jp/kintoki/

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

編集後記                      副編集長  秋葉 和彦

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
いつも当メールマガジンをご愛読いただきましてありがとうございます!

先日、久しぶりにサッカー観戦をしてきました。ひいきのチームがあり10年
くらい前から通っていたのですが、観客数も当時は2~3千人だったのが今で
は1万5千~2万人に増えています。

私個人的には、混雑してしまってちょっと困る事もありますが、経営としては
成長していて良い状況なのでしょう。

当時は2部でしたので好成績や最近ではワールドカップ効果(その選手は移籍
してしまいましたが…)で人気が高くなったという部分での集客増もあるので
しょうが、それだけではなく当時と比べると色々な工夫をしているという事も
要因かと思います。

イベントの開催、託児室の設置、ポイントカードの導入など色々とありますが、
一番影響が大きいのは地域と連携して盛り上げている事だと思います。

ただ漠然と観戦するのではなく、注意してみると経営にも通じるちょっとした
ヒントなどは結構あるようです。皆さんもご自身の趣味や遊びの中からも閃く
ものがあるかもしれません。楽しみながらもちょっと違った視点でも見てみま
しょう。

次回第264号は8月16日(月)に配信予定です。お楽しみに!

 ★ECGチャンネル 各種情報チャンネル随時更新中です!
   番組表はこちら⇒【http://www.ecg.co.jp/blog/?mm=263

 ★『決算診断サービス』を行なっております
   【http://www.ecg.co.jp/service/000297.php?mm=263

 ★調べものはこちらから『エノペディア』公開中です!
   【http://www.ecg.co.jp/blog/glossary.php?mm=263

○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 【発行者】    榎本会計事務所&株式会社イーシーセンター
  【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=263
 【連絡先】    info@ecg.co.jp   
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=263
 
                 【発行システム】 
まぐまぐ(ID 0000052980)  http://www.mag2.com/m/0000052980.html
メルマ!(ID 014722)     http://www.melma.com/backnumber_154169/
メルマ! (ID m00044409)   http://www.melma.com/backnumber_44409/
めろんぱん              http://www.melonpan.net/mag.php?005840

 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 

 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
           All Rights Reserved (c)2000-2010
          by 榎本会計事務所&イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ