HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第164号

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第164号

[10/03]更新!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃知って得する経営塾   第164号 2006年10月3日 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃発行:榎本会計事務所&イーシーセンター http://www.ecg.co.jp/ ┃ info@ecg.co.jp ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃現場叩き上げ執筆陣による中小企業経営コラム ┃経営者、営業、会計、税務、法律といった様々な視点で掲載中 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆☆☆☆☆インターネット放送局 現在放送中!!☆☆☆☆☆

業界初!!
ポッドキャスティングを利用した榎本会計のインターネット放送局!
経営者・学生・新人の方などなど、幅広い方がたに役立つ情報をこの榎本会計
のインターネット放送局をお聞き頂き、人生の道しるべにして頂けたら幸いで
す!

拝聴される方はこちらより!↓
【http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/】


◆◆◆♪♪榎本会計ポッドキャスター 佐藤綾のNew Face♪♪◆◆◆

・9月26日 我らちゃんこ番「榎本コーチに仕事の生きがいを学ぶの巻」
http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/2006/09/post_c1d8
.html

・9月27日 対談!経営語録「経済アナリスト 藤原直哉先生と語る 
                      今後5年間の腹の据え方」
http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/2006/09/_5_4179
.html

・9月28日 エノラジ「?榎本流?会社の数字を正確につかめない人へ」
http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/2006/09/post_2a25
.html

・9月29日 対談!経営語録「中小企業診断士 伊地知勝也先生と伝える
              『元気と決断』?次の一手 その源は元気?」
http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/2006/09/post_9f9e
.html

・10月3日 エノラジ「健康管理に重みを!」
http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/2006/10/post_a6d1
.html


ほぼ毎日コンテンツを更新しております!是非、お楽しみください☆

皆様のご拝聴、社員一同心より感謝申し上げます。

◆◆◆◆◆『駅前経営塾』各種講座・JR両国駅前にて開講!!◆◆◆◆◆

経営者の為の学び場『駅前経営塾』が両国駅の目の前の私どもの事務所で開
講しております。各講座とも経営者の心の支え、悩みを解決、そして前に進
むことができるよう背中を押してくれるような講座を多数用意しております。
ぜひ、一度足をお運び頂き、この新しい『駅前経営塾』を体験して頂きたい
と思っております。

《10月開講講座》
 
「経営コーチ 目指せ企業家」   10月10日開講
【http://www.ecg.co.jp/ekimae/000545.php?mm=164】

「経営コーチ 会社を伸ばす」    10月19、31日開講
【http://www.ecg.co.jp/ekimae/000566.php?mm=164】

[目次]
───────────────────────────────────
タックスペイヤーの視点73          税理士・FP 榎本 恵一
編集後記                      副編集長 佐藤 綾


[掲示板]
───────────────────────────────────
歳時記
 
 10月 6日 役所改革の日 
 10月10日 釣りの日
10月13日 サツマイモの日
 10月14日 鉄道の日
                   
 
今が旬
 ☆★今回の食材は里芋☆★
 
 朝、晩の気温が低くなった今日この頃。
 
 とろっとしていて口の中でとろける里芋は、あったかい豚汁や、味がしみた煮
 物で食べたいですよね。

 そんな里芋には、ビタミンB1、高血圧やむくみを防ぐカリウム、食物繊維な
 どが豊富に含まれ栄養面でも満点食材です。

 あたたかい物が恋しくなるこの季節には、是非里芋を食べて、体も心も元気に
 そして、秋を迎え入れましょう。

[タックスペイヤーの視点73]       税理士・FP 榎本 恵一                
──────────────────────────────────     
皆さん、ご無沙汰をしております、お元気でいらしゃいますか。

いよいよ、今年も残り3ヶ月となり、最終コーナーを迎えました。人間とい
うものは流されやすい生き物です。是非とも、年初に立てた計画のご成功に
向けて最後の踏ん張りをしてください。


さて、今号の私のテーマは、会社法の中から決算公告に関する紹介とその疑
問点(私見)、更には、その先にあることを書いてみたいと思います。


旧商法の時代もこの決算公告は株式会社に対してのみ義務とされていました。

その際中小企業においては、株主や債権者への公告や計算書類の公告をきち
んと行ってきたところは少ないはずです。


特に、毎年公告義務の生じる計算書類に至っては、「一度もしたことがない」
「そんなこと知らない」という経営者もいるかもしれません。

今回の5月1日より施行された会社法は、その後の設立、有限会社から株式
会社に変更された場合は、この決算公告を行うことが法律で義務となってい
ます。


開示方法は、電子公告と官報・日刊新聞による方法です。

コスト面だけで考えれば電子公告が一番安いと思われますが、その場合は貸
借対照表の要旨ではなく全文記載、5年間継続掲載が必要となります。

その点、官報や日刊新聞紙であれば、要旨の公告で足り、しかも掲載される
のは極わずかな期間です。


会社法の最大のユーザーは中小企業です。

立法担当者もその実態について、会社法を合わせようと工夫したのでしょう。

そのため、機関設計については株主総会と取締役というもっともシンプルな
機関設計を基本とし、株券も不発行を原則としました。


その半面、計算書類の公告について中小企業の実態からすると、ほとんど実
施されていなかったのに、実態から離れて、計算書類の公告については非公
開会社・中小会社にもその義務を課すのは如何なものでしょうか。

確かに、最低資本金規制の廃止による会社の財産状況の適切な開示要請とい
う趣旨はわからなくはありません。

しかし、計算書類公告がないことによるデメリットがこれまでにあったので
しょうか。


また、それを怠ったことによる過料の徴収がなされてきたのでしょうか。


会社法の理念はディスクローズ(開示)の重要性を一つのメルクマール(注
1)にしているので、いつかは、決算公告を行わないわけにはいかないでし
ょうが、その前にやるべきことが多数あります。


その一例が経営者への意識改革です。

経営者が自社の財務・経営分析などの情報を理解していないことが多いよう
に思います。

売上高は理解しているが、粗利益、営業利益はおぼろげの方も見受けます。


また、貸借対照表に計上されている科目の意味も重要ですね。

この問題は、一体誰が経営しているのか分からないという状態です。

これこそ、専門家を中心にタックスペイヤー教育を行う必要があるのではな
いでしょうか。


更にもう一つその先に、厄介なことがあります。

それは、会計領域の問題です。会計領域とは、会計が認識することです。

「認識」というのは事実をとらえようとする意識の作用ですが、企業会計で
言うそれは、要するに財務諸表に計上することになります。

もっと言えば、認識とは「財務諸表にある項目を公式に記録ないし計上する
過程」を言うことです。


年金問題なども含め、そこで問題となるのは、会計認識の拡大に伴って生み
出される新しい情報に、どのような有用性が認められるのかです。

その有用性に確信がもてなければ、認識を拡大してオフバランス(注2)の
事実をオンバランス(注3)の情報に変えるコスト(苦労)を、誰も負担し
ようとはしないのではないでしょうか。


開示を強制するときは、そうしたコストを上回る意義が、社会的な合意とし
て確認されている必要があります。

そのためには、期待される結果と、それを確かめる方法とが問われなければ
ならないのです。

「開示の有用性」については、従来、ある事実を開示しないと「利害関係者
の判断を誤らせる」とか、「株価の形成を歪めて投資家に損失を与える」と
いった主張が、決まり文句のように繰り返されてきました。

但しこれは、古典的な言い方であり、今後の環境の変化によって、決まり文
句がなくなり、その事に対する取り組みの問題になってくるのではないでし
ょうか。

この辺りの問題を駅前経営塾でも現在分かりやすく解説しております。

是非とも一度、勉強をされては如何でしょうか。


(注1)メルクマール・・・目印、指標
(注2)オフバランス・・・貸借対照表に載せないこと
(注3)オンバランス・・・貸借対照表に載せること


◆『起業を成功へと導く「経営コーチ」』LLP藤原KAIZEN研究会編
  著、藤原直哉監修

 起業の準備から実務までわかる起業家必携の書!!好評発売中です。是非一
 度ご覧になって下さい。詳細はこちらから↓
 【http://www.ecg.co.jp/topics/000568.php?mm=164】

[編集後記]                   副編集長 佐藤 綾
──────────────────────────────────
いつも当メールマガジンをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

先日、初めて社員旅行で那須に行って参りました。

普段、事務所では見ることが出来ない、厳しい上司の方のふとした優しい表
情やいつもお世話になっている先輩の楽しむ姿などを見ることが出来ました。

いつも榎本が『きりかえが大切』とインターネット放送局で言っている事が
良く分かった社員旅行でした。

これからも、榎本の下でしっかりと基礎を身につけていきたい!と改めて感
じたインターネット放送局『我らちゃんこ番』の佐藤綾でした。


 
次回は10月16日(月)に配信予定です。お楽しみに!

◆『起業を成功へと導く「経営コーチ」』LLP藤原KAIZEN研究会編
  著、藤原直哉監修

 起業の準備から実務までわかる起業家必携の書!!好評発売中です。是非一
 度ご覧になって下さい。詳細はこちらから↓
 【http://www.ecg.co.jp/topics/000568.php?mm=164】


◆『自己責任時代を生き抜く知恵
  知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識2006年度版』

 昨年、大変ご好評頂きました『知って得する?』の年度改訂版です。
 年度違いによる改正点も踏まえて内容も表紙もリニューアルされています。
 ぜひ、一度ご覧になってみて下さい。詳細はこちらから↓
 【http://www.ecg.co.jp/topics/000515.php?mm=164】


◆決算診断サービスを行っております。経営の見直しとしてご活用下さい。
 【http://www.kessan21.com:8080/kessan21/Welcome.jsp?id=whandsbpks】


◆ECグループのホームページはこちら
 【http://www.ecg.co.jp/?mm=164】


_________________________
知って得する経営塾/ 発行:榎本会計事務所&株式会社イーシーセンター
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ http://www.ecg.co.jp/ info@ecg.co.jp
───────────────────────────────────
[発行システム] まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/
メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/
メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/
めろんぱん http://www.melonpan.net/mag.php?005840
         ↑ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします
[バックナンバー] http://www.ecg.co.jp/mm/
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます
All Rights Reserved (c)2000-2006 by 榎本会計事務所&イーシーセンター
───────────────────────────────────

[ 知って得する経営塾 第164号 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ