HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第87号

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第87号

[12/08]更新!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ■■■■ ■■■■ ■■■■ 知って得する経営塾 第87号 2003年12月8日 ■ ■ ■ ■■■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ 発行:株式会社イーシーセンター ■■■■ ■■■■ ■■■■ http://www.ecg.co.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 原稿執筆の励みになりますので、 ご意見・ご感想を、是非お聞かせ下さい > > > info@ecg.co.jp ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 目次
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼掲示板

▼タックスペイヤーの視点44 税理士・FP 榎本 恵一

▼効率的な営業をするには・・・(6)      森本 正博

▼FP診断 22   AFP 小林 義和

▼編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 掲示板
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
歳時記
12月 8日 対米英開戦記念日(太平洋戦争開戦記念日)
12月10日 世界人権デー(Human Rights day)
12月11日 ユニセフ創立記念日
12月14日 四十七士討ち入りの日,忠臣蔵の日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ タックスペイヤーの視点44 税理士・FP 榎本 恵一
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
皆さん、12月に入ると何か気ぜわしくなりますが、如何お過ごしですか。今
年、良かった方も、悪かった方も来年に対する準備を考えていかなければなら
ないものです。考えているだけでは、結果は出ません。行動しなければならな
いと私はいつも肝に銘じています。よくピンチの裏側にはチャンスが潜んでい
るといわれます。世の中の動きが速やすぎるからこそ挽回も出来ると思います。
新たな行動を起こしましょう。

さて、私事ですが、前々号で触れました通り、2004年1月に『自己責任』
時代のサバイバルブックという本を出版致します。私を含め、社労士、人事カ
ウンセラーの3名の共著です。今回は、この本の役割と内容をご紹介させて頂
きます。

目次に記載されています文書を引用しますと、「あなたは、自分の給与明細を
まじまじと眺めたことがありますか。基本給、役職手当、家族手当、住宅手当、
残業手当、深夜残業手当、休日出勤手当、通勤手当と給与の明細に書いてある
紙です。これには、給料がいくらになるのかの他に法律で決められた国や地方
自治体に収める税金の額も書くことになっています。所得税、住民税、健康保
険料、厚生年金保険料、介護保険料、雇用保険料だいたいこれくらいの項目が
並んでいます。これらの合計額は給料の30%以上あると思います。つまり、
30万円の給料をもらっても、9万円以上は国や地方自治体に収めなければな
りません。これだけ税金などを納めているのに、将来の不安は増すばかりであ
りませんか?

厚生年金は本当にもらえるの?健康保険って赤字なんだって?雇用保険って大
丈夫?国や地方自治体の借金って返せる見込みがあるの?その上、給料は「成
果主義」、「能力主義」に変わって毎年上がる保障もなくなっていくし、下が
るリスクも多いしと巷では、不安ばかり増大しています。

上記の問題を解決させる為の参考になればと『自己責任』時代のサバイバルブ
ックという本を作りました。

『自己責任』時代って何でしょうか?私は、無責任時代と読み替えてもおかし
くないと思います。無責任だからこそ、他人(会社)のせいにするのではなく、
自分が自ら決定していかなければならないのです。だから、冒頭にも書きまし
たように、『行動』しなければならないのです。自分が決定したことは自分で
責任をとる時代の幕開けです。自分が将来暗くなるのも明るくなるのも自己責
任なのです。

今になってそれはないだろうと思われる方も多い筈です。ついこの間までは、
将来は、国や会社が面倒みてくれるからと言ってたじゃないかと不平、不満、
苦情、愚痴が世の中には溢れています。でも・・・・「自己責任」の時代は始
まっちゃったのですから前向きに生きて行きましょう。その為には、皆さんに
十分知識を持って頂く必要があります。

目次構成は下記の通りです。
第1章自己責任って何
第2章自己責任ってこんなこと
第3章今こそ最大のチャンス
第4章大転換の時代がやってきた
第5章膨張する価値観
第6章サバイバルプラン

以上の構成になっています。1月出版目指して最後の追い込みに入っています。
次回には、本のプレゼントも含め、詳細がご報告できますので期待していて下
さい。

企業の応援団:榎本会計事務所
http://www.ecg.co.jp/firm/about.htm?mm=87

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 効率的な営業をするには・・・(6)    森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
営業に関するものをお話してきましたが、今回は、心構えについて書いてみた
いと思います。一般に良く言われる心得としては、下記に書いたものが代表的
です。

・自社商品を良く勉強して惚れること。(情熱と自信が心を動かせる)
・商品の前に自分自身を売り込め。(相手に好かれる事、誠実と信頼性)
・商品に営業マンの魅力を添えてこそ、お客様から高い評価を受ける。
・明るさが一番の活力剤、笑顔だ。(明るく振る舞って周囲に明るい反応を)
・訪問回数を増やす、粘りが勝負だ。
・話し上手より聞き上手に成ること。
・お客様(担当者)の名前を早く覚えて名前で呼ぶ。
・顧客管理を徹底する、お客様との連絡網を密に。
・攻めと共に守りの営業も大切だ。
・始めての訪問先でのアプローチは話題作りから。(天気、季節、趣味、家族
 の話、時事問題等)
・押し売りも時には必要。
・集金をして始めて商売が成立。
・時間を無駄にしない、営業中は使用の時間をとらない。
・商品説明を丁寧に、その為には自身も勉強が必要。
・会社に誇りを持て。
・約束事は必ず守る。(メモを取る習慣を)
・自分自身の否は認める、いい訳はしないこと。
・値切り客に振り回せられないこと。(物と営業力で勝負)
・価格(単価)は大きな声で。
・身体の健康リズム、心の健康リズムを整える。
・買うか否かではなく、どれを選ぶかで話を勧める。
・時間に追われているお客様に無理して迫らない。(次回のアポを取って引き
 上げる)
・ライバル商品も広く知る。
・他社の悪口はタブー、しかし比較は良い。
・他の顧客の事は話さない、どこでもしゃべると警戒されるから。
・明日一番にやるべき仕事を決めておくこと。
・自分自身のノルマ、目標を頭に入れておくこと。
・企画力、提案力がなくては新規開拓は出来ない。
・アナログも大いに活用。(筆まめ・・・葉書・FAX・e-mail、足まめ・・・
 役に立つ情報収集、こまめ)

というように、基本的な心得でこれだけの項目があります。私は、是非この中
でご自身の一番弱い点に焦点を絞って実行して頂きたいと思います。何をやる
にも先ず自分を変える事が必要です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ FP診断 22 AFP 小林 義和
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
実際にマイホームを買うに際して、前回は申込から契約までの流れについてご
紹介しました。今回は、仲介する不動産会社で発行される重要事項説明書につ
いてご紹介します。

購入予定の不動産について知りたいことはたくさんあると思います。仲介する
不動産会社に所属する宅地建物取引主任者は、その不明な点を教えてくれます。
不動産物件については重要事項説明書(物件のこと、その土地の建築上の規制、
金銭・契約取引上のことなど不動産取引の最も重要な事がかかれています。)
が作成されます。ご自身がわかるまでしつこいと思われるくらい説明を求める
ことが必要です。宅地建物取引主任者免許証を必ず提示するので、重要事項説
明書の「説明をする宅地建物取引主任者」欄にある名前と一致するかと同時に、
顔写真などから本人かどうかも念のために確認しましょう。

仲介手数料についても気になるところですが、「取引の態様」という欄に「売
り主」とあれば、仲介手数料は無料です。販売会社が売り主の代理となってい
る場合や、仲介の場合は手数料がかかることが多いです。まず先に仲介手数料
について確認しておきましょう。仲介手数料は一般的には売買金額の3%+6
万円+消費税です。

「物件の表示」という欄には、物件所在地や広さなどが記されています。所在
地は住居表示前の場合は地番で表示されているので、しっくりこない方も多い
と思います。この欄では土地の権利と面積を確認しましょう。土地については
所有権か借地権かを確認しておき、同時に敷地の共有持ち分も確認しておきま
しょう。また、面積は登記簿面積で表示されているので、ここで税額を計算す
るベースとなる面積を確認することができます。住戸内の床面積が登記簿面積
で50平方メートル未満だと各種税金の軽減措置を受けられないので要注意で
す。重要事項説明書と併せて登記簿のコピーを見せてくれるので、重要事項説
明書の「登記簿に記載された事項」と登記簿の内容を照らし合せてチェックし
ておきましょう。登記簿のコピーをもらっておくとなおいいでしょう。

登記簿謄本では抵当権設定の有無も確認できます。「登記簿に記載された事項」
欄には「所有権以外の権利に関する事項」として、抵当権の設定などが記され
ています。新築でも事業資金を借り入れるために土地に抵当権を設定して担保
にしていることがあるため、抵当権が設定されている場合は、いつどのような
方法で抹消されるかを確認し、重要事項説明書に書き加えてもらうようにしま
しょう。
┌───────────────────────────────┐
│あなたの税金、住宅ローン、年金など個人の暮らしに関わる相談を │
│メールにて受け付けています。毎週火曜日に相談メールを確認し、 │
│ご回答のメールを発信させていただきます。 │
│どしどし、ご相談ください。 │
│ │
│注)資料不足などで的確な判断が出来ない場合などでお答え出来ない │
│場合があります。また、詳細についてお会いしてお伺いする場合も │
│あります。このサービスは電話相談は行っていません。あらかじめ │
│ご了承下さい。 │
│ │
│受付メールアドレス:info@ecg.co.jp │
└───────────────────────────────┘

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いつも、当メールマガジンをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
やっと寒くなってきましたね。自称スノーボーダーの私としては、ワクワクし
てきます。そう言えば、先日ニュースでスキー場が雪不足で閉鎖に追い込まれ
ているとありました。確かに、今までは暖かかったですよね。地球温暖化は、
確実に進行している証拠なのかもしれません。ある研究機関の発表によると、
2050年には、2,000メートル以下の山には、雪が積もらなくなるそう
です。そうすると、私の大好きなスノーボードも日本では限られた所でしか出
来なくなるなあ?と悲しい気持になりました。あっ、その年代まではやってな
いか?でも、世界規模で取り組まなくてはならない問題ですね。


次回配信予定日は、12月15日です。お楽しみに!


決算診断サービスを行っております。経営の見直しとしてご活用下さい。
http://www.kessan21.com:8080/kessan21/Welcome.jsp?id=whandsbpks

ECグループホームページ↓
http://www.ecg.co.jp/?mm=87

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジンの申込・解除 http://www.ecg.co.jp/mm/
発行システム ■ まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/
■ Pubzine(ID 014722) http://www.pubzine.com/
■ Macky! (ID 014722) http://macky.nifty.com/
■ メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/
↑ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします
バックナンバー http://www.ecg.co.jp/mm/
問い合わせメール info@ecg.co.jp
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます
All Rights Reserved (c)2003 by EC CENTER Co.,Ltd.

[ 知って得する経営塾 第87号 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ