HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第82号

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第82号

[11/04]更新!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ■■■■ ■■■■ ■■■■ 知って得する経営塾 第82号 2003年11月4日 ■ ■ ■ ■■■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ 発行:株式会社イーシーセンター ■■■■ ■■■■ ■■■■ http://www.ecg.co.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 原稿執筆の励みになりますので、 ご意見・ご感想を、是非お聞かせ下さい > > > info@ecg.co.jp ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 目次
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼掲示板

▼4種類の会社 -PART3- 中小企業診断士 駒井 伸俊

▼世界経済に果たす日本の役割(13) MBA 長友 孝幸

▼「肩書き」                  落語家 三遊亭金時

▼編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 掲示板
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
歳時記
11月 4日 ユネスコ憲章記念日
11月 6日 お見合い記念日
11月 7日 知恵の日
11月 9日 太陽暦採用記念日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 4種類の会社 -PART3-      中小企業診断士 駒井 伸俊
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
-会社の種類はいろいろです-

第78号・80号のカンパニーXのミニ・ケースの続きです。前号ではカンパ
ニーXが合名会社だった場合を考えましたので、今号はカンパニーXが株式会
社だった場合について考えてみましょう。

カンパニーXが合名会社の場合、合名会社の社員は、債権者(本ケースでは、
Z商事)に対して、直接に限度なく、連帯してその債務を支払う義務を負いま
した。これでは、恐ろしくて、余程の人的な信頼関係がないと合名会社の社員
になれません。会社にとっても、社員(出資者)のなり手がいなくては、多く
の出資を集めることができません。そこで、でてくるのが株式会社です。

株式会社においては、全ての社員(出資者、つまり株主)は、会社に対して一
定の出資義務(株式を購入した分だけ)を負うだけで、会社債権者にはなんら
責任を負いません。これを間接有限責任といいます(商法200条1項)。つ
まり、もし、会社が莫大な負債を抱えて倒産したとしても、株主にとっては、
自分が購入した株式の出資分が返ってこないだけで、会社の債務に対してそれ
以上の責任を負うことはないのです。そのため、安心して出資ができます。よ
って、多くの人から出資を募ることができますので、株式会社は多くのお金を
集めて大きな企業を営むのに適しているといえます。

ちょっと話はそれますが、以前、私の家族の1人がある金融機関に勤務してお
りました。当時は、バブル経済まっさかりで、いくらかの自社株式を持ってい
ました。ところが、バブル崩壊後、その金融機関は潰れてしまいました。しか
し、その金融機関の株主だからといって、債権者からお金を返せといわれるこ
とはありません。家族の持っていたいくらかの株式が紙切れとかすだけです。

さて、以上から、カンパニーXのケースを考えてみましょう。カンパニーXで
は、Aさん400万円、Bさん300万円、Cさん200万円、Dさん100
万円の出資をしたわけですが、Aさん、Bさん、Cさん、Cさんとも、株主と
しては、その出資額が返ってこないだけで、それ以上の責任をZ商事に負うわ
けではありません。特に、Aさん、Cさん、Dさんが単に出資しただけで、カ
ンパニーXの業務についていなければ(例えば、取締役になっていない等)、
なおのことです。

このように、会社といっても、その形態によって、出資者の責任に大きな違い
があります。ごちゃごちゃしていてなんだか難しいですが、我が国は、法治国
家ですので、細かいところは専門家に任せるとしても、おおまかな法律の仕組
みは知っておいても損はありません。

※とはいっても、我が家にとっては、大きなダメージですが・・・。出資額以
 上の責任を負うわけではないということです。
※当然、お金を持ち逃げしてしまったBさんは、持ち逃げしたことに関しての
 責任はおいます。また、代表取締役としての責任も負います。


中小企業診断士 駒井伸俊プロフィール
http://www.ecg.co.jp/supporter/komai/index.htm?mm=82

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 世界経済に果たす日本の役割(13) MBA 長友 孝幸
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
90年代後半から2000年にかけて、外資による大型のM&Aによる日本の
自動車メーカー(以下、日産自動車)のリバイバルプランがスタートしました。
アジアや欧米などの諸外国に進出してきた日本人にとって、自分たちがおこな
ってきた海外直接投資をベースとした企業再建は理解していたものの、突然、
外資による再建プランの的になった日産自動車の成り行きには、誰もが不安を
感じました。現在では外国人社長(カルロス・ゴーン氏)率いる外資によって、
完全に再起を果たしていますが、当時のことを振り返れば、『ルノーに乗っ取
られた』と誰もが感じていたはずです。
 
これまで私たちが抱いていた対日直接投資の意味は、少なくとも日本人あるい
は日系企業にとって『外国企業に乗っ取られるような悪い印象』がありました。
国内経済の低迷にもかかわらず急激なグローバル社会の中で、企業の進む方向
は、大胆なコスト削減を実現できる海外にばかり目を奪われ、外資を利用した
国内自立型の再建を無視する企業行動が日本国内にはあったような気がします。
その結果、日本国内の経済環境は依然として改善されず不安定な経済状況が続
き、海外のローカル地域においても、現地企業を巻き込んだ深刻なコスト戦争
が始まっています。

日本以外の先進国の対外投資と対内投資の比率を見てみると、米国や欧州の主
要国では対外向けの直接投資よりも大きな額の直接投資を受け入れている状況
があります。「直接投資によって企業活動がグローバル化する中で、技術・経
営ノウハウ・販売手法など、目に見えないさまざまな経済資源が国境を越えて
移動しています。残念ながら,日本はこうした対内直接投資の流れから大きく
遅れ、他の主要先進国に比べて対内直接投資の規模が圧倒的に小さい状況にな
っています。今後はこのような対日直接投資の受入・拡大をベースに、日本経
済の再生作業は必要になっています。

ルノーの日産自動車への経営参加に象徴されるように、外資系企業の参入が経
営不振に陥った企業の再生、新商品や新しい経営ノウハウの導入などに結びつ
くことから、対日直接投資が日本経済の活性化に果たす役割は大きく評価され
たはずです。近年の自動車産業や金融業を対日直接投資の状況を見れば、外資
が積極的に参入してくることによって国内の産業構造調整の大きな原動力とな
っていることは容易に理解できます。海外からの人材・資本・企業経営の導入
を行うことなく、停滞した国内産業を立て直すことは困難であることが理解で
きれば、外資系の企業の積極的な誘致、地域経済を活性化させる国家システム
も重要になるはずです。


MBA 長友 孝幸プロフィール
http://www.ecg.co.jp/supporter/nagatomo/index.htm?mm=82

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 「肩書き」              落語家 三遊亭金時
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
有栖川夫妻逮捕。久しぶりに腹から笑える事件だった。逮捕後、有栖川識仁こ
と北野某の顔がニュースで流れたが、どう見てもやんごとなきお方の顔には見
えなかった。ただのデブだよ。妃殿下も自己顕示欲の強そうな女。あんなのカ
ミさんにしたら一生不作だぜ、識仁殿下!

日本人はみんな肩書き、名刺にとても弱い。名刺なんか誰でも作れるのにその
肩書きに疑いを持つ人はまずいないといっていいだろう。つい最近も新宿駅西
口の地下で‘北朝鮮拉致被害者救出の為の募金‘というのを盛んにやっていた
があれは真っ赤なニセモノだったそうだ。奴らの後ろ盾になっていたのが厚生
省の役人の名刺だったそうで、怪しんで聞く人にはそのコピーを見せていたと
いう。名刺の効果絶大なり!

私の知り合いに皇位継承権を持った人がいる。25位とかその辺だとか。国か
ら幾ばくかのお金も出るらしいがそれを受け取ると年に何日か公務をこなさな
ければいけないので国に返納している、とのこと。全く一市民の人としていら
っしゃるが本物はそういうものかもね。

しかし有栖川の結婚式、行きたっかなぁ~!当分そのネタで喰えたのに。私の
知り合いに一人同じような怪しい奴がいる。綾小路きみまろ。どう見ても顔は
皇室じゃなくていいとこ、更年期だな!


金時ホームページはこちら
http://www.club-ec.com/kintoki/index.htm?mm=82

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いつも、当メールマガジンをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
11月になりましたね。但し、朝晩はともかく日中は夏日を記録するほどの陽
気です。でも、天気予報で寒気が来ましたなどを聞くと冬は、もうすぐそこま
で来ているのだな~と思います。
ところで、皆さん日本シリーズは見ましたか?応援していたチームは勝ったで
しょうか?今回は、ホームチームが全て勝つという珍しいシリーズでした。
地の利が作用したシリーズでした。私は、これを「日本地利ーズ」?と命名し
たいと思います。皆さんど~でしょう!お後が宜しいようで!

次回は、11月10日(月)発行予定です。お楽しみに!


決算診断サービスを行っております。経営の見直しとしてご活用下さい。
http://www.kessan21.com:8080/kessan21/Welcome.jsp?id=whandsbpks

ECグループホームページ↓
http://www.ecg.co.jp/?mm=82


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジンの申込・解除 http://www.ecg.co.jp/mm/
発行システム ■ まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/
■ Pubzine(ID 014722) http://www.pubzine.com/
■ Macky! (ID 014722) http://macky.nifty.com/
■ メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/
↑ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします
バックナンバー http://www.ecg.co.jp/mm/
問い合わせメール info@ecg.co.jp

[ 知って得する経営塾 第82号 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ