HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第81号

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第81号

[10/27]更新!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ■■■■ ■■■■ ■■■■ 知って得する経営塾 第81号 2003年10月27日 ■ ■ ■ ■■■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ 発行:株式会社イーシーセンター ■■■■ ■■■■ ■■■■ http://www.ecg.co.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 原稿執筆の励みになりますので、 ご意見・ご感想を、是非お聞かせ下さい > > > info@ecg.co.jp ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 目次
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼掲示板

▼タックスペイヤーの視点41 税理士・FP 榎本 恵一

▼効率的な営業をするには・・・(3)      森本 正博

▼FP診断 19   AFP 小林 義和

▼編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 掲示板
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
歳時記
10月27日 テディベアズ・デー
10月28日 速記記念日
10月31日 ハロウィン
11月 2日 阪神タイガース記念日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ タックスペイヤーの視点41 税理士・FP 榎本 恵一
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
先週末(25日の土曜日)今年2回目の企業家実務セミナーを中央大学駿河台
記念館で行ないました。多数の参加者に囲まれて、企業家魂を熱く感じました。
来年以降も続けて参りますので、是非ともお時間があれば参加してみてくださ
い。詳しい内容は、後日ホームページにてアップいたします。

当日は2時間半と限られている時間の中で、(お金の時間価値、最低資本金制
度と起業、経営者の心構え、キャッシュフロー、PPM分析、能率と経営管理、経
営者が抱える問題点の参考事例などとかなり盛り沢山の量を行ないました。)
そのセミナーの中で盛り上がった項目を今回のメールマガジンでは、チャット
形式にしてお伝えしたいと思います。その題材は、番外編としまして行ないま
した、中小企業庁(中小企業庁財務課)が監修しました中小企業の会計35問
35答です。私もあるところから入手したのですが、現在の会計の諸問題が非
常に分かりやすく書かれています。(この内容は中小企業庁ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jpなどにて誰でも入手可能とのことですのでご覧
下さい。)

榎本:私は、起業をされる場合は、是非とも会計のロジックをなるべく多くの
方に知って頂きたいと思っています。何故ならば、巷に溢れている、「経営力
強化で金持ちに」・「簡単に出来る資金調達」・「助成金獲得経営は万全」な
どの美味しそうな言葉がありますが、このことが実現した場合には、起業した
会社の財務内容はどうなるのでしょうか。通帳をみるとお金の入金があること
は確認出来ますが、そのお金が次にどのような流れになるのですかと尋ねると
ほとんどの方が目的を意識していないのが現状です。これでいいのでしょうか。
最近起業したA氏:こちらは、お金さえ入ってくればそれで十分。
老舗の2代目:親から継いだ会社でお金はあるんだが、今後支払わなければな
らない父の代の番頭さんを始めとした社員にいくら退職金を支払わなければな
らないのか心配だ。

A氏:税理士さんに任せればいいじゃん。我々は営業で忙しいのだから。
2代目:でも、それは、税理士さんの守備範囲じゃないんじゃないの。
榎本:どこの会社にも問題があります。問題がない会社など存在しません。起
業というのは、問題を解決する為に経営をやっているのですから。2代目さん
の仰る守備範囲かどうかは、その事がその事務所で出来るかどうかお尋ね下さ
い。最近起業したAさん、あなたはまずい。会計の知識があるのであれば、営
業で忙しいのであるから人任せでもチェックできますけど、折角、起業したの
だから失敗しないように最低限の会計の知識を持ってないと危ないぞ。
A氏:お言葉を返すようですが、金融機関に対して信用力をつけたいのは誰で
も考えていますよ。自社の経営をきちんとみたいですよ。でも、「会計は難し
いから敬遠しちゃうんですよ」簡単だったらな。
2代目:私も簡単だったら苦労しませんよ。直ぐに、親父と比較されちゃうん
ですから。
榎本:会計は、数字を追っかけるよりも体系を掴めば何とかなりますよ。大体、
職人的な細かいことが出来るのが、会計事務所であって、皆さんは、細かいこ
とより、その意味の理解を出来ていれば良いんですよ。簿記も関係ないと言え
ば楽になるかな。そこで、私のお薦めは、先程お話した、中小企業庁の財務課
が監修している中小企業の会計35問35答をだまされたと思って入手してみ
てください。決算書が読める経営者と読めない経営者では、天と地ほど違うと
言っても過言でありませんよ。

皆さん、会社に雇われる人生も一つだけど、夢やロマンを持っている方は是非
とも起業してみて下さい。人生は一回切りですから。その為の応援団が我々で
す。今から体力をつけてくださいね。我々は今後常に情報を出しつづけます。

企業の応援団:榎本会計事務所
http://www.ecg.co.jp/firm/about.htm?mm=81

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 効率的な営業をするには・・・(3)    森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第77号、第79号では効率的な営業というテーマで営業マンとしてやらなけ
ればならないことやこれからやってみてほしいことを書いてみましたが、今回
は、その営業マンが属する組織について書いてみたいと思います。

営業マンにとって、やる気が出る組織とはどのようなものなのでしょうか?
営業を広辞苑で調べてみると「営利行為を反復かつ継続的に行うこと。また、
商人や会社が営業活動のために保有する財産を一括して営業ということがある
。」とあります。まさに会社が営業活動のために保有する財産とは、組織も含
まれるのだと思います。ですから、組織として営業をどうバックアップできる
かということになります。

営業は、基本的に孤独な戦いです。個人の成績と成果が一目瞭然に現われる部
署でもあります。私は、その個人を効率的に競わせる為に、ゲーム的な要素を
設けてみる必要があると思います。ゲーム的な要素の代表例に社内掲示があり
ます。この社内掲示の利点は掲示することで誰が、どれだけの進捗をしている
のかを見れるようにして、社内に帰って来たときに、あとどのくらいやらない
といけないということを常に意識する事でやる気、モチベーションを保つとい
うことです。しかし、単に成績を掲示することでは、長続きしません。そこで、
掲示のポイントとして、

1.目標を明確に分るように記載されている。
2.達成しようとさせるために、ゴールを決める。
3.期間を区切る。
4.見ていて楽しいように作る。

このような表が出来ればいいと思います。但し、ここでの注意点ですが、必ず、
表作りから営業マンに参加させてください。人が作った表を完成させるのと、
自分が作った表を完成させるのでは、意識が変わってきます。部署が幾つもあ
れば、部署毎に表が違っていてもいいでしょう。そして、達成したら花を付け
るなど、派手にして下さい。今回書いたことはどこでも言われていることかも
しれません。しかし、分っていてもなかなか実行できないのも事実です。是非、
実行してみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ FP診断 19 AFP 小林 義和
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
リフォームに関して前回紹介いたしましたが、リフォームのポイントの4番目、
費用の検討について今回ご紹介致します。リフォームの予算もどこをどのよう
に直すかによって大きな幅があります。手元資金で間に合えばいいですが、そ
うでない場合はローンを組むことが大半であるかと思います。リフォームロー
ンを取り扱っているところは住宅金融公庫の他民間金融機関、年金融資、財形
融資、自治体での融資などがあり、融資枠や条件も様々です。

代表的な住宅金融公庫の融資についてご紹介します。公庫の融資の対象となる
リフォームは以下のとおりです。

・改築工事   (1) 建替工事(全部改装工事)
        (2) 一部改装工事
        (3)水回利設備の設置工事(キッチンシステム、浴槽ユニ
           ット、暖房システムなど設備の取替え工事または新設
           工事)

・増築工事     子供部屋を増築するなどの、床面積を増加させる工事

・修繕・模様替え  住宅本体の工事のほか、植樹・造園・外溝などの工事
         (植樹・造園外溝工事の模様替えのみでも利用可能)

・耐震改修工事  「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に定める計画の
          認定を受けた耐震改修計画に従って行う工事

では、実際にどれくらいまでの融資が受けられるかというとリフォーム内容が
長寿社会対応住宅工事(バリアフリー、高齢者等対応設備設置工事等)、環境
共生住宅工事(断熱構造化工事、省エネルギー型設備設置工事等)の場合、増
改築工事で1000万円、修繕・模様替え工事で500万円。長期耐用住宅工
事(長期耐用改修工事、積雪地対応住宅工事)の場合、増改築工事で1000
万円、修繕・模様替え工事で500万円~1000万円。歴史・文化継承住宅
工事の場合増改築工事で1000万円、修繕・模様替え工事で500万円。耐
震改修工事の場合、増改築工事で1000万円、修繕・模様替え工事での融資
枠はありません。これまで以外のリフォームは増改築工事で530万円、修繕
・模様替え工事で240万円です。

この他、公庫融資を受けるための基本的要件をクリアする必要もありますので、
詳しくは住宅金融公庫ホームページ(http://www.jyukou.go.jp/index.html)
をご覧ください。

最後に、リフォームローンは住宅取得等特別控除の要件を満たせば、所得税を
減税してもらえる特典があります。以前にこの制度を受けられた方は別としま
して、平成13年7月1日から平成15年12月31日までの間に居住の用に
供した場合には10年間、平成16年1月1日から同年12月31日までの間
に居住の用に供した場合には6年間の減税措置があります。今年にリフォーム
するのと来年では差が大きいですから、リフォームをお考えの方はよくお考え
の上ご判断ください。


┌───────────────────────────────┐
│あなたの税金、住宅ローン、年金など個人の暮らしに関わる相談を │
│メールにて受け付けています。毎週火曜日に相談メールを確認し、 │
│ご回答のメールを発信させていただきます。 │
│どしどし、ご相談ください。 │
│ │
│注)資料不足などで的確な判断が出来ない場合などでお答え出来ない │
│場合があります。また、詳細についてお会いしてお伺いする場合も │
│あります。このサービスは電話相談は行っていません。あらかじめ │
│ご了承下さい。 │
│ │
│受付メールアドレス:info@ecg.co.jp │
└───────────────────────────────┘

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いつも、当メールマガジンをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
早いもので今年もいよいよ2ヶ月となります。今年やり残したことはありませ
んか?この2ヶ月で全て消化できるように頑張りましょう!
私も、年始に立てる目標で毎年実行できていないことがあります。それは、プ
ライベートなことなので、お話できませんが、皆さんもそんなものありません
か?自分で解決できる目標と解決できない目標がありますが、やはり自分の力
で実現できる目標でないといけないなあとつくづく感じた今日この頃でした。

次回は、11月4日です。お楽しみに!


決算診断サービスを行っております。経営の見直しとしてご活用下さい。
http://www.kessan21.com:8080/kessan21/Welcome.jsp?id=whandsbpks

ECグループホームページ↓
http://www.ecg.co.jp/?mm=81

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジンの申込・解除 http://www.ecg.co.jp/mm/
発行システム ■ まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/
■ Pubzine(ID 014722) http://www.pubzine.com/
■ Macky! (ID 014722) http://macky.nifty.com/
■ メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/
↑ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします
バックナンバー http://www.ecg.co.jp/mm/
問い合わせメール info@ecg.co.jp

[ 知って得する経営塾 第81号 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ