HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第73号

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第73号

[08/25]更新!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ■■■■ ■■■■ ■■■■ 知って得する経営塾 第73号 2003年8月25日 ■ ■ ■ ■■■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ 発行:株式会社イーシーセンター ■■■■ ■■■■ ■■■■ http://www.ecg.co.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 原稿執筆の励みになりますので、 ご意見・ご感想を、是非お聞かせ下さい > > > info@ecg.co.jp ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 目次
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼掲示板

▼タックスペイヤーの視点37 税理士・FP 榎本 恵一

▼財務諸表を分析する(14)   中小企業診断士 駒井 伸俊

▼FP診断 15   AFP 小林 義和

▼編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 掲示板
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
歳時記
8月25日 即席ラーメン記念日
8月26日 人権宣言記念日
8月28日 民放テレビスタートの日
8月30日 富士山測候所記念日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ タックスペイヤーの視点37 税理士・FP 榎本 恵一
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いよいよ、来年1月より電子申告に先立ち電子納税がスタートする運びになり
ました。今までは、紙媒体(納付書)を金融機関の窓口に持ち込み納税が完了
していましたが、これからは、電話、インターネット、携帯、ATMなど窓口
を通さずに納税ができるようになります。おそらく、電子申告よりもはるかに
電子納税の利便性をお感じになる方が、多いのではないでしょうか。なぜなら
ば、あらゆる手段(TPO問わず)で納付が出来る訳であり、紙媒体にこだわ
る必要がないからです。その日が待ち遠しいですね。さて、前号に続き今号で
は、個人経営者(ここでいう経営者は、個人企業の創業者をさし、創業経営者
とマトメる)と創業経営者の特徴さらに、専門経営者の特徴をマトメたいと思
います。

◎組織指向の観点からは、所有経営者は、余りこだわらないのではないであろ
うか。逆に強烈な個性を持っている分、組織をいやがり、思いつきで組織を作
ったり、時には、大胆な人事異動も行う可能性がある。逆に、専門経営者は、
組織の意味をしっかりつかんでおり、組織を上手に使いながら経営を行ってい
くのではないであろうか。
◎長期指向の観点からは、所有経営者は事業を出来るだけ、家族経営者に継ぐ
事を願っていると思うことから、事業を常に長期的指向で考えているきらいが
ある。それに対して、専門経営者は、自らの長所である、専門性を発揮して、
トップについている間の事に主眼を置いている可能性が高いと思われることか
ら、長期的指向のよりも、短期的指向が強くなる可能性がある。
◎利益指向の観点からは、どちらも一番気にしていることである。しかし、専
門経営者の方が、専門的スキルが高いことから、部門管理的指向が強い筈であ
る。利益は、対株主に対してもアピール出来る要素があり、自分の業績を認知
させることが出来る場面である。一方、所有経営者は、みな並外れた能力はあ
るが、経理的感覚がない場合も多く、気まぐれとなり、自分の経費などを会社
に支払いをさせて、私物化がおきる恐れがありうる。
◎意志決定指向の観点からは、所有経営者は、強固なリーダーシップによりま
たカリスマ性を発揮してトップダウン方式により意志決定がされる可能性が高
く専門経営者は、今まで身につけてスキルをよりどころにする可能性が強いと
思われる。両者とも孤独である。
◎マトメ:両者は、その機能には、若干の優劣が存在することもあるが、優劣
というよりは、個人のパーソナリティーに帰属している点が大きいのではない
であろうか。それ故、如何に長所を発揮し、又は、発揮させる事が重要であり、
逆に、短所をどのように補うか、又は、補完させるかが問題ではないであろう
か。
次回は、所有経営者と専門経営者の長所を合体させ今後、起業を目指す方への
メッセージをお届け致します。


起業家向けセミナー開催決定!
http://www.ecg.co.jp/service_seminar.htm?mm=73

企業の応援団:榎本会計事務所
http://www.ecg.co.jp/firm/about.htm?mm=73


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 財務諸表を分析する(14) 中小企業診断士 駒井 伸俊
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
-儲かっているの?儲かってないの?-
 【ケース:本当に儲かっているのか?お金はあるのか?】の前号からの続き
です。前号でカンパニーAの損益計算書を作ってみました。カンパニーAの損
益計算書からは、税引後当期利益が25万と、がんばっているような結果がみ
えてとれます。しかし、カンパニーAの社長は、イマイチ納得いきません。な
ぜなら、資金が回らなくてキュウキュウしているからです。

そこで、キャッシュフロー計算書を作成して、もう一度、カンパニーAの現状
を考えてみましょう。前号のように、メモをとりながらキャッシュフロー計算
書を書いてください。ポイントは、お金の動きだけを追っていくことです。そ
れではスタートです。

営業活動によるキャッシュフローの区分から考えます。(1)400万円売れ
たわけですが、今期にお金が入ってきたのは、現金で売り上げた150万円だ
けです。残りの250万円は掛なので、来期には得意先から現金が入ってくる
でしょうが、今期に関しては無視します。ですので、まず、売上による収入(
+150万円)です。同様に、仕入に関しても、240万円仕入れたのですが、
仕入先に現金を払ったのは220万円で、残りの20万円はまだ支払っていな
いので、仕入による支出(-220万円)です。あとは、給料の支払い(-8
0万円)と広告費の支払い(-30万円)です。以上から、営業活動によるキ
ャッシュフローの合計は-180万円(+150-220-80-30)とな
ります。

次に、投資活動によるキャッシュフローの区分です。カンパニーAは有価証券
(株など)を40万円購入していますので、有価証券の購入(-40万円)が
表示されます。
最後に、財務活動によるキャッシュフローの区分には、銀行からお金を借りて
いるので、借入による収入(+230万円)がのってきます。

以上から、今期、カンパニーAはキャッシュが10万円(-180-40+2
30)増えたことになります。カンパニーAは、期首に20万円の現金を持っ
ていたので、期末には30万円(20+10)となります。損益計算書からは
利益も出ていることが読み取れますし、キャッシュフロー計算書からもキャッ
シュが10万円増えていることがわかります。よって、社長の現状認識は、単
なるとりこし苦労にすぎません。??本当にそうなのでしょうか??その答え
は、次号のお楽しみです。

※ケースの内容および作成した損益計算書の内訳に関しては、前号をご参照く
ださい。
※メールマガジン「財務諸表を分析する(12)」のキャッシュフロー計算書
のフォーマットに関する記述をご参照ください。
キャッシュフロー計算書をよ~く眺めてみるとわかります。


中小企業診断士 駒井伸俊プロフィール
http://www.ecg.co.jp/supporter/komai/index.htm?mm=73

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ FP診断 15 AFP 小林 義和
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
自宅を購入するときに、その安全性や耐久性は気になるところです。今回紹介
する「住宅性能表示制度」は国が認定した住宅性能表示機関が客観的な第三者
の立場でその住宅を評価する制度です。これによって、わかりずらい住宅の性
能を知ることができます。

評価を受けた住宅には、「住宅性能評価書」が交付されます。性能評価の表示
は等級でのランク付け、濃度や比率などの数値で表示したりと、性能レベルが
一目でわかるようにされています。ここで注意なのですが、たとえ評価が低か
ったとしても、その住宅は買わないほうがいいという結論にはならないという
ことです。例えば、耐震性の強い住宅である反面、日当たりが悪いなど、仮に
どこかの評価が低かったとしても建築基準法には違反しておらず、逆に等級が
高いからといって住み心地が良いという訳でもないのです。注文住宅や建築条
件付一戸建ての場合は、数十万円の費用を負担すれば希望によって評価機関の
評価を受けることができます。分譲住宅の場合は、売主の判断に委ねられてい
ます。

この制度による建物のチェックには設計住宅性能評価と建設住宅性能評価の二
種類があります。設計住宅性能評価は、モデルルーム等で見せてもらえますの
で、住宅選びの参考にすることができます。また、建物完成前に購入契約を結
ぶことは多いと思いますが、購入契約書に設計住宅性能評価が添付されると評
価書どおりに建設されなかったときに売主の責任を問うことができます。建設
住宅性能評価は建設中と完成時に行われ、建物の引渡し時に交付されます。建
設住宅性能評価書が交付されると万が一のときに「指定住宅紛争処理機関」に
相談することができます。ただし、住宅性能表示を受けるかどうかは、売主判
断になるので、購入契約を結ぶ前に、建設住宅性能評価書を交付してもらえる
のかの確認はしておいた方がいいです。

「住宅性能表示制度」は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいて
います。表示制度のほかに、新築住宅の10年保証の制度があり、物件の引渡
しから10年以内に基礎、柱、屋根などの建物の基本構造部に欠陥が見つかっ
たら無償修理や賠償の請求ができるようになりました。交渉には、時間と労力
がかかりますが、「住宅にかかわる紛争処理体制の整備」の規定により、指定
住宅紛争処理機関が安い費用でトラブル処理を進めてくれます。高い買い物を
するわけですから、きっちり対処してもらいましょう。

┌───────────────────────────────┐
│あなたの税金、住宅ローン、年金など個人の暮らしに関わる相談を │
│メールにて受け付けています。毎週火曜日に相談メールを確認し、 │
│ご回答のメールを発信させていただきます。 │
│どしどし、ご相談ください。 │
│ │
│注)資料不足などで的確な判断が出来ない場合などでお答え出来ない │
│場合があります。また、詳細についてお会いしてお伺いする場合も │
│あります。このサービスは電話相談は行っていません。あらかじめ │
│ご了承下さい。 │
│ │
│受付メールアドレス:info@ecg.co.jp │
└───────────────────────────────┘

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いつも、知って得する経営塾をご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
さて、8月も終ろうとしているところでようやく、暑くなってきましたね。皆
様体調管理等は、万全ですか?私は、8月の盆休みに寝冷えをしてしまい、風
邪をひいてしまいました。暑い夏は、どこへ行ってしまったのでしょうか?や
っぱり、夏は、暑くないとたくさん、汗をかいた後、冷たいビールを1杯!や
りたいなぁ~

次号は、MBA長友氏、三遊亭金時師匠を中心にお届けします。

起業家向けセミナー開催決定!下記をclick!!
http://www.ecg.co.jp/service_seminar.htm?mm=73

決算診断サービスを行っております。経営の見直しとしてご活用下さい。
http://www.kessan21.com:8080/kessan21/Welcome.jsp?id=whandsbpks

ECグループホームページ↓
http://www.ecg.co.jp/?mm=73

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジンの申込・解除 http://www.ecg.co.jp/mm/
発行システム ■ まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/
■ Pubzine(ID 014722) http://www.pubzine.com/
■ Macky! (ID 014722) http://macky.nifty.com/
■ メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/
↑ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします
バックナンバー http://www.ecg.co.jp/mm/
問い合わせメール info@ecg.co.jp

[ 知って得する経営塾 第73号 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ