HOME>>ECGチャンネル>>知って得する経営塾>>知って得する経営塾 第72号

ECGチャンネル

知って得する経営塾

めざせ業績UP!企業経営者のための中小企業経営コラム。現場叩き上げ執筆陣が、営業・会計・税務・法律など様々な視点から執筆。隔週発行。

知って得する経営塾 第72号

[08/19]更新!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ■■■■ ■■■■ ■■■■ 知って得する経営塾 第72号 2003年8月19日 ■ ■ ■ ■■■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ 発行:株式会社イーシーセンター ■■■■ ■■■■ ■■■■ http://www.ecg.co.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ※今号よりメールマガジンのタイトルが変わり内容もリニューアル致しました!

原稿執筆の励みになりますので、
ご意見・ご感想を、是非お聞かせ下さい > > > info@ecg.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 目次
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼掲示板

▼タックスペイヤーの視点36 税理士・FP 榎本 恵一

▼世界経済に果たす日本の役割(8) MBA 長友 孝幸

▼今時の贅沢      落語家 三遊亭金時

▼編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 掲示板
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
歳時記
8月20日 NHK創立記念日
8月21日 噴水の日
8月22日 チンチン電車の日
8月23日 白虎隊の日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ タックスペイヤーの視点36 税理士・FP 榎本 恵一
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今号より、購読者の方々に、なるべくタイムリーにそして、クイックに情報を
発信するために、中小企業経営塾は、『知って得する経営塾』にタイトルを一
新し、毎週月曜日に、月4回お届けすることとなりました。どうぞ宜しくお願
い申しあげます。

東京は、8月に入っても暑い日は2~3日しかなく、今日も雨模様。本当に秋
の経済を心配してしまいます。私は、先々週、京都そして先週名古屋におりま
したが、こちらもまた雨。海の家を中心に外の産業は大打撃、内の産業(映画
館、テーマパークなど)は大盛況のようです。一見内の産業が良かったのかと
思いますが、夏は、外派と内派に分かれなければいけませんね。内は冷房があ
りますので、暑さに弱い方はそれなりに来ます。でも、天気が余りにもこのよ
うな調子だと外の産業は全く太刀打ちできません。世界的異常気象にせよ、わ
が国の特徴である春夏秋冬がないことは何においてもメリハリが無くなり精神
的に参りますよね。

さて、先週名古屋でみました新聞(毎日新聞:中部版)に、例の最低資本金の
会社の記事が出ていました。8月1日現在、株式会社2132社、有限会社3
018社の合計5150社が申請し、計3364社が発足しスタートを切った
そうです。さすがに、1円資本金会社の申請は173社と少なかったみたいで
すが、果たしてこの新制度が今後定着し、且つ順調に運営されていかれるのか
は疑問です。5年以内に有限(300万円)、株式(1000万円)に増資出
来ないと、自動解散になってしまいます。この問題点も含め、この4回で取り
上げます経営者論(特に経営者としての特徴)を知っておかないとライバル会
社や世の中の取引上の問題でビジネスで失敗してしまう可能性があります。今
後、起業なさろうとされていらっしゃる方もお考えになって下さい。

経営者を大きく2つのタイプに分けますと、創業経営者(個人で資本金を出す
人、2代目も含む)と専門経営者(内部昇進や雇われ経営者も含む)に分ける
ことが出来ると思います。

個人経営者(ここでいう経営者は、個人企業の創業者をさし、創業経営者とマ
トメる)と創業経営者の特徴さらに、専門経営者の特徴をマトメたいと思いま
す。

創業経営者の特徴:企業家精神に満ちあふれており、創業のため事業意欲も旺
盛ある。成功者の共通点として、個性的であり、ある面における並外れた能力
を持っている。その他にも、神話的、伝説的、カリスマ性に飛んでいる。しか
し、命がけのスタンスゆえ、全勢力を事業に傾けるため、家族を犠牲にしたり、
自らを犠牲にしてまで働く特徴がある。その他にも、人間不信、独善、気まぐ
れ、私物化の傾向がある。
 
専門経営者の特徴:企業内の人的ネットワークの中で育つことが多く、階層的
組織には適合しており、専門的スキルは高い。一方、自分自身の関心は内外共
に強く、官僚的保身や大勢順応的となり、時に無責任なサラリーマン従業員に
なり、放漫経営に陥ることもある。
では、カリスマ性の観点と情報力の観点から両者を考えてみましょう。

◎カリスマ性の観点から両者を捉えると、人物本位では、両者ともに存在する
と思う。しかし創業・企業家精神を持ち合わせている所有経営者の方が、『ど
ろくさい』ところがあり、カリスマ性が発揮される重要な場面がある。だが、
家族経営者(奥様や2代目)にバトンがタッチされると、先代のカリスマの問
題で創業経営者と対比される可能性がある。

◎情報力の観点からは、どちらかといえば、上記の特徴にもあるが、社内ネッ
トワークの中で育ってきた、専門経営者の方が兼ね備えているケースが多いの
ではないであろうか。専門経営者は、社外にもネットワークを張って自分の評
価に関心があり、情報を集めようと努力しようとするのに対し、創業経営者は
独自の感性の情報をあてにするのではないかと思われる。

次回は、会計情報の観点、組織指向の観点、長期指向の観点、利益指向の観点
から考えてみたいと思います。


起業家向けセミナー開催決定!
http://www.ecg.co.jp/service_seminar.htm?mm=72

企業の応援団:榎本会計事務所
http://www.ecg.co.jp/firm/about.htm?mm=72


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 世界経済に果たす日本の役割(8) MBA 長友 孝幸
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日本の工作機械はハイテクからロ―テクまでの幅広い市場をカバーし、20年
間もその生産額を世界的に維持してきました。自動車産業に限らず、電化製品、
航空機等といったあらゆる製品は、工作機械が加工した金型や部品によって組
み立てられて完成品となります。熟練を必要とする手作業も加工工程によって
は重要ファクターとなりますが、製造工程においる工作機械(マザーマシン⇒
機械を作るための機械)の水準は完成品自体の品質、完成品メーカーの将来の
動向を左右させるだけでなく、その国の工業製品の水準を示すほど、大きな意
味を含んでいます。

日本の製造業を支えてきた日本の工作機械産業の市場規模は1兆円産業といわ
れるくらい、小さな産業です。バブル経済期には企業の過剰投資もあり、19
90年度は過去最高額の1兆4121億円に達しましたが、それ以降はバブル
崩壊の影響を受けて国内需要は激減し、その反動を受けて各工作機械メーカー
は海外需要(日系の海外生産拠点だけでなく、各国の完成品メーカーにも提供)
にシフトし、現在では受注の過半数を海外に依存するまでに世界的なシェアも
確立しています。

経済動向や産業に対する波及効果が大きな産業であることから、工作機械産業
の動きは、各国の経済状況を知るための一つの目安と考えることができます。
ある産業が好況に転じると判断されれば、多くのメーカーは設備投資(新たに
工作機械を導入、あるいは製造拠点を拡大)に踏み切ります。それとは逆に、
不況に転じると判断されれば、設備投資は急速に控えられます。こうした完成
品メーカーの投資行動は工作機械の受注額やその搬入先によって明らかになる
ため、工作機械産業の受注額は景気の先行指標と呼べます。

今年になって工作機械の需要回復が鮮明になってきました。日本工作機械工業
会が発表した5月の受注額は、前年同月比26.2%増の691億300万円
となり、8カ月連続で前年実績を上回っています。内需が持ち直しつつあると
ころに、中国に進出している日系自動車メーカーの製造拠点の拡大や建設機械
メーカー製造拠点の強化によって中国を中心とした輸出が増加傾向にあります。
各工作機械メーカーによって、加工内容によっては得意とする工作機械が異な
るため、機械自体の台数と金額には多少のずれがありますが、今年の受注額は
8000億円を突破し、3年ぶりに前年比プラスになると予測されています。

現代ではコンピュータによる統合生産(CIM)によって、グローバルな製造
が世界的に行なわれている環境が多く存在します。徹底したコンピュータ生産
が行なわれる中で、工作機械のコンデションまで含んだ徹底したコンピュータ
生産を実現は、熟練の技能を継承することによって、質の高い中小企業によっ
て支えられてきました。その役割は大きく、経済動向の指標になるほど、日本
の製造業を把握する上で重要な要素になっています。
次回は具体的にある工作機械メーカーの販売拠点から見る世界経済の動向を考
えてみます。

MBA 長友 孝幸プロフィール
http://www.ecg.co.jp/supporter/nagatomo/index.htm?mm=72


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 今時の贅沢      落語家 三遊亭金時
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
昨日、ビフテキを食べた、と言えば14,5年前なら周りの反応は「エェ・・
!すげえ・・・!」みんな驚いたもんである。寿司?滅多に食べられるもんで
はない。私が小学校の時、寿司といえば年に一度子供たちの合同誕生会で食べ
たぐらいだ。(兄弟は4人いて、一遍に誕生祝いをしてしまう。親も年4回は
寿司屋には行けなかったらしい)しかも寿司屋ではウニといくらとトロはおか
わりは一度だけ、という決まりがあった。鰻だって最初の一膳はツユだけご飯
にかけて食べたもんだ。それがどうだ!今ステーキを食べたと言って自慢する
奴がいるだろうか。寿司だって高級店を除き、食べたいと思えばいつでも食べ
られるではないか!また最近の回転寿司にはうまい店も多い。日本は景気が悪
い悪いと言いながら食生活は20年前から比べると格段にアップしていると思
う。河豚なんか滅多に食べられなかったが最近、薄作り一人前1500円とい
う店があった!驚くではないか!

じゃあ、今、贅沢というとなんなんだろう?焼肉だってそんなに贅沢という程
でもないし・・・。

子供の頃、親父に「アメリカ人ってどうしてあんなに大きいの?」と聞くと「
肉食べてるからだよ」と言われたのをよく憶えている。「何で日本は戦争に負
けたの?」「アメリカ兵は肉食べてたからだよ」とも言われた。しかしそうで
はないようだ。贅沢になればなるほど日本人はダメになって行くような気がし
ませんか?しかし、今時の贅沢って本当に何だろう?この間スーパーで鯨のベ
ーコンの塊りが1400円で売っていたので買おうとしたらケタがひとつ違っ
た。14000円!!!昔はそれほど好きじゃなかったけど・・鯨・・食べて
えなあ~!

金時ホームページはこちら
http://www.club-ec.com/kintoki/index.htm?mm=72

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■ 編集後記 副編集長 森本 正博
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いつも、中小企業経営塾をご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
さて、我々は常日頃より経営者の皆様にタイムリーで有益な情報をお届けでき
るかを考えております。その結果、今まで月2回の発行でしたメールマガジン
を毎週月曜日にお届けすることに致しました。内容も多少変更し、すぐに読め
る手軽な経営ハンドブック的にお使い頂ければと思います。そこで、題名も「
中小企業経営塾」から「知って得する経営塾」に変更しもっと身近なメールマ
ガジンを目指します!尚、発行号数は、以前のものから引継ぎますのでご了承
下さい。
次号は、中小企業診断士駒井氏、FP小林氏を中心にお届けします。

起業家向けセミナー開催決定!下記をclick!!
http://www.ecg.co.jp/service_seminar.htm?mm=72

決算診断サービスを行っております。経営の見直しとしてご活用下さい。
http://www.kessan21.com:8080/kessan21/Welcome.jsp?id=whandsbpks

ECグループホームページ↓
http://www.ecg.co.jp/?mm=72


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジンの申込・解除 http://www.ecg.co.jp/mm/
発行システム ■ まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/
■ Pubzine(ID 014722) http://www.pubzine.com/
■ Macky! (ID 014722) http://macky.nifty.com/
■ メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/
↑ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします
バックナンバー http://www.ecg.co.jp/mm/
問い合わせメール info@ecg.co.jp

[ 知って得する経営塾 第72号 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ