ECGチャンネル

榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、
税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

残業食事代・現金で支給すると給与課税[ 会計用語集 ]

 繁忙期は残業が増え夜食を提供することがあります。

 

 残業の食事代は回数に関係なく非課税ですが、現金で支給すると給与課税の対象となります。

 食事(お酒はダメ)の費用は一般的な金額の範囲内(社内規定があればより良い)で、

 会社が直接支払うか領収書をその都度貰うようにします。

 

 なお、交代制などの夜間勤務者に調理施設がなく夜食を提供できない企業は、

 一食あたり300円(税抜き)以下であれば非課税、

 これを上回ると補助をする全額が給与課税の対象となります。

ECGチャンネル アーカイブ

ECGチャンネルトップに戻る

榎本税務会計事務所への
お問い合わせ

税理士と経営コーチが経営者を支援します。まずはご連絡ください。


主な対応地域
墨田区(両国.錦糸町.業平橋.菊川.曳舟.向島...)、中央区(東京.銀座.日本橋.築地.月島.勝どき...)、台東区(浅草橋.秋葉原.浅草.上野.蔵前.御徒町...)、江東区(門前仲町.木場.東陽町.南砂町.清澄白河.森下.住吉.亀戸.大島...)、葛飾区(新小岩...)、江戸川区(平井.小岩...)、その他の東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城