HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>「その他の所得が20万円以下」の勘違い

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

「その他の所得が20万円以下」の勘違い

[02/27]更新!

 給与所得者(1ヶ所から支払を受けており、2千万円以下)は、給与所得以外に所得がある場合でも、

 その合計額が20万円以下の場合は原則、確定申告が不要となっています。

 

 これは、給与について年末調整を行っており確定申告をしない場合であれば、

 申告しなくてもよいという規定であり、給与所得以外の所得20万円が控除されるわけではありません。

 

 したがって、医療費控除などの各種控除や税制の特例を適用するために

 確定申告(還付申告)を行う場合には、20万円以下の雑所得や一時所得なども

 併せて申告する必要がありますので、注意しましょう。

[ 「その他の所得が20万円以下」の勘違い ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ