HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>相続税調査・無申告が過去10年間で最多

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

相続税調査・無申告が過去10年間で最多

[11/21]更新!

 国税庁が23事業年度(23年7月~24年6月)に実施した相続税の実地調査は13787件で、

 そのうち81%に申告漏れ等の非違がありました。

 

 申告漏れ財産の内訳は、現金・預貯金が最も多く、次いで有価証券、土地の順となっており、

 調査1件当たりの申告漏れ課税価格は2896万円、加算税を含む追徴税額は549万円でした。

 

 また、国税庁では近年、無申告事案に対する調査を積極的に行っており、

 23年度は1409件(前年度1050件)の調査が実施され、

 過去10年間で最も多い932件の申告漏れ等が把握されています。

 なお、1件当たりの申告漏れは8609万円、加算税を含む追徴税額は604万円でした。

[ 相続税調査・無申告が過去10年間で最多 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ