HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>地震保険料控除

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

地震保険料控除

[11/06]更新!

そろそろ年末調整の話が出てくる時期になりました。皆さんの所へも保険会社から保険料控除証明書が届きだした頃かと思います。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、19年分の所得税の計算から保険料控除について従来の『損害保険料控除』に変わり、新たに『地震保険料控除』というものが創設されました。年末調整や確定申告の際に受けられる控除額は損害保険料控除と異なり以下のようになります。

●控除金額の計算

A 地震保険料

 年間払込保険料合計額    地震保険料控除額
  5万円以下         ⇒ 年間払込保険料の全額
  5万円超           ⇒ 一律5万円


B 旧長期損害保険料(契約期間10年以上かつ満期返戻金があるもの)
  ※18年12月までに締結した契約(保険期間の始期が18年中であること)
  ※19年1月以後に損害保険契約等の変更をしていないもの

 年間払込保険料合計額   地震保険料控除額
  1万円以下        ⇒ 年間払込保険料の全額
 1万円超2万円以下   ⇒ 年間払込保険料の全額÷2+5千円
  2万円超          ⇒ 一律1万5千円


A・Bの両方がある場合

  上記A、Bの合計額が地震保険料控除額になりますが、
  上限が5万円となっています。

[ 地震保険料控除 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ