HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>最低資本金制度の廃止

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

最低資本金制度の廃止

[05/21]更新!

みなさんご存知のように会社を設立する際には、払込資本金として有限会社は最低300万円、株式会社は最低1000万円が必要です。

実は、つい今週国会を通過した商法(会社法)改正により、まだ施行前ですが、この最低資本金が不要になりました。

これによって1円でも会社を起業することができるようになります。
ただし、資本金1円となると色々と問題もありそうですが…。

資本金1円会社といえば、現在は「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律」によって「確認有限会社」「確認株式会社」という形態の会社があります。

これらの会社は条件付きで資本金1円で起業することができます。

●条件

 会社成立後5年以内に以下の(1)か(2)を行わなければなりません。
(1)上記の最低資本金以上とする増資を行う
(2)合名会社等への組織変更を行う

 毎営業年度経過後3ヶ月以内に「貸借対照表」「損益計算書」「利益処分案」を
 経済産業局に提出しなければなりません。 
 また、商号・本店所在地の変更があった場合も経済産業局への 届出が必要です。

 利益のうち配当可能部分の計算について、営業年度末の純資産額から「資本の額」
 等を控除するところ、資本金が少ないため「資本の額」に変えて「最低資本金額」
 を控除することとされています。

[ 最低資本金制度の廃止 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ