HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>消費税の取引区分

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

消費税の取引区分

[04/11]更新!

みなさん馴染みのある消費税とは一言で言えば「買い物税」です。

ご存知のように消費税は現在5%となっています(将来的に税率はもっとあがっていく見込みです)が、このうち4%は国に、1%は地方に納付されるのはご存知でしょうか?

この買い物税ですが、法人の買い物(すなわち取引)として挙げられるものは以下の4種に分類され、消費税の対象となるものとならないものもあります。

(1)国内取引・・・原則として課税取引
(2)国外取引・・・不課税取引
(3)輸入取引・・・原則として課税取引
(4)輸出取引・・・免税取引

(1)国内取引と(3)輸入取引は原則として課税の対象となりますが、一部は非課税となるものもあります。
(2)国外取引は国外で消費されるため、日本の消費税の対象にはなりません。
(4)輸出取引は結果的に消費税が課税されないという点で国外取引と同様となります。 


この中でも国内取引がみなさんに一番関わってくると思います。
これは原則と書きましたが、実は課税と非課税のものがあり、区別するのが難しいと感じるのではないでしょうか。

でも非課税のものは数えるほどしかないので、覚えてしまえば簡単なんです。また次の機会にでも、できたらご紹介致します。

[ 消費税の取引区分 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ