ECGチャンネル

榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、
税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

贈与税の申告義務[ 会計用語集 ]

贈与税の計算についても所得税と同様、個人について、暦年(1月1日?12月31日の一年間)で行われます。


●贈与税を申告する必要がある方

一年間で財産の贈与(法人からの贈与は除く)を受けた財産について、「相続時精算課税」の適用を受ける場合、または「暦年課税(原則的な方法)」を受ける際に財産の合計価額が110万円を超えている場合です。
このどちらかに該当する場合に申告義務があります。


実際には、金額の大小はあるにせよ日常的に贈与は行われていると思います。小さい金額でも贈与をしたので、贈与税の申告をしなくてもいいのかなと思ってた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、この基礎控除額110万円を超えなければ申告の必要性はないので、ほとんど日常的な少額の贈与はこれに該当し、申告義務が無い場合が多いのです。

「相続時精算課税」および「暦年課税」については、また別のページで紹介していきます。

ECGチャンネル アーカイブ

ECGチャンネルトップに戻る

榎本税務会計事務所への
お問い合わせ

税理士と経営コーチが経営者を支援します。まずはご連絡ください。


主な対応地域
墨田区(両国.錦糸町.業平橋.菊川.曳舟.向島...)、中央区(東京.銀座.日本橋.築地.月島.勝どき...)、台東区(浅草橋.秋葉原.浅草.上野.蔵前.御徒町...)、江東区(門前仲町.木場.東陽町.南砂町.清澄白河.森下.住吉.亀戸.大島...)、葛飾区(新小岩...)、江戸川区(平井.小岩...)、その他の東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城