HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>贈与税の申告義務

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

贈与税の申告義務

[03/23]更新!

贈与税の計算についても所得税と同様、個人について、暦年(1月1日?12月31日の一年間)で行われます。


●贈与税を申告する必要がある方

一年間で財産の贈与(法人からの贈与は除く)を受けた財産について、「相続時精算課税」の適用を受ける場合、または「暦年課税(原則的な方法)」を受ける際に財産の合計価額が110万円を超えている場合です。
このどちらかに該当する場合に申告義務があります。


実際には、金額の大小はあるにせよ日常的に贈与は行われていると思います。小さい金額でも贈与をしたので、贈与税の申告をしなくてもいいのかなと思ってた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、この基礎控除額110万円を超えなければ申告の必要性はないので、ほとんど日常的な少額の贈与はこれに該当し、申告義務が無い場合が多いのです。

「相続時精算課税」および「暦年課税」については、また別のページで紹介していきます。

[ 贈与税の申告義務 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ