HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>消費税と印紙税の関係

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

消費税と印紙税の関係

[03/07]更新!

消費税法の改正で平成16年4月1日以降は総額表示(税込みの金額を表示する方法)が義務付けられました。これに関連して、領収書や契約書に貼る印紙の金額についての質問が多くなりましたので、今回整理してみましょう。

例えば、領収書で3万円から100万円の場合は200円の印紙を貼りますが、消費税込みで3万円を超える場合、印紙を貼るのかどうかという質問です。

1消費税の課税事業者の場合
1-1消費税額等がわかるように記載されている場合

A領収金額 30,450円 税抜価格 29,000円

B領収金額 30,450円 うち消費税額等 1,450円

C領収金額 30,450円 税抜価格 29,000円
           消費税額等 1,450円
                    など

上記のような場合は税抜価格29,000円が印紙税法上の記載金額になりますので、貼らなくても良いということになります。

1-2税込価格のみが記載されている場合
この場合は税込価格30,450円が印紙税法上の記載金額になりますので、貼る必要が出てきます。

2消費税の免税事業者の場合
免税事業者については消費税が関係ありませんので、上記1-1のように記載したとしても税込価格30,450円が印紙税法上の記載金額になります。

[ 消費税と印紙税の関係 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ