HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>税金の除斥期間

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

税金の除斥期間

[11/01]更新!

納税者から申告した税額を減額更正する権利は1年と
制限されています(更正の請求を参照)。
それでは、課税庁より税金を増額処分される可能性の
ある期間はどうなっているか皆さん気になるところで
はないでしょうか。
税金の除斥期間については以下のようになっています。

更正処分(申告をしている場合) 
        原則として法定申告期限から3年間
決定処分(無申告の場合)    
        原則として法定申告期限から5年間
偽りその他不正行為がある場合  
        原則として法定申告期限から7年間

課税庁は、この期間まで遡って課税処分ができることに
なっています。また、除斥期間ですので、時効の場合の
ような中断はありません。よく帳簿書類の保存期間を聞
かれて、7年間とお答えしています。それは7年間は
課税処分を受ける危険性があるからです。

[ 税金の除斥期間 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ