HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>不動産所得

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

不動産所得

[11/01]更新!

(8)不動産所得

不動産
不動産の上に存する権利
船舶又は航空機の貸付
などによる所得のこと。


●ポイント

「不動産による所得」とは、家賃・地代・権利金(礼金)・敷金などによる収入のことです。
「不動産の上に存する権利による所得」とは、地上権・借地権などによる収入のことをさします。
また、一般の方にとってはかなり特殊な所得になりますが、「船舶又は航空機の貸付による所得」とは、総トン数20トン以上の船や航空機の貸付などによる収入のことをいいます。

以上の【不動産所得】は、不動産の貸付による所得とされています。
したがって、その貸付が事業として行われているかどうかは関係ないため、不動産の貸付を事業としている場合も、この所得は事業所得ではなく【不動産所得】となります。

また、これらの【不動産所得】は、
 〔総収入金額〕?〔必要経費〕=〔不動産所得〕
として算出されます。

ここで〔必要経費〕として認められるものとしては、
  ?.減価償却費
  ?.固定資産税などの公租公課
  ?.損害保険料
  ?.管理費
  ?.不動産取得に関する借入金の利子
などがあります。

なお、自動車・機械などの動産の貸付による所得は事業所得・雑所得とされます。
これらに該当するものは【不動産所得】には含まれませんので、注意が必要です。

[ 不動産所得 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ