HOME>>ECGチャンネル>>会計用語集>>間接税

ECGチャンネル

会計用語集

税理・会計用語集「ENOPEDIA(エノペディア)」。経営者のみなさま、分からない用語はここで調べましょう。

間接税

[11/01]更新!

(4)間接税

“納税者”と“担税者”が違う税金のこと。


●ポイント

“納税者”と“担税者”が異なる、とは具体的にはどういう事なのでしょうか。
例えば消費税の場合、お店で商品を購入して消費税を払うのは消費者です(担税者=消費者)。
しかし、消費税を実際に納めるのは消費税を受け取ったお店となります(納税者=お店)。

ここで、すでにみた(1)国税・(2)地方税と【直接税】・【間接税】との関係についてみてみます。
(1)国税と(2)地方税はそれぞれ【直接税】と【間接税】とに区分され、各々の税金は、
  国税・【直接税】……所得税、法人税、相続税 等
  国税・【間接税】……消費税、印紙税 等
  地方税・【直接税】…道府県民税、事業税、固定資産税 等
  地方税・【間接税】…ゴルフ場利用税 等
と分類されます。

[ 間接税 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ