HOME>>ECGチャンネル>>環境経営ブログ>>『環境経営』、『エコステージ』って何!?

ECGチャンネル

環境経営ブログ

環境と調和した企業経営を行うための取り組みについて綴ります。榎本会計事務所は一般社団法人エコステージ協会「エコステージ認証」を取得しています。

『環境経営』、『エコステージ』って何!?

[07/28]更新!

環境経営に関するブログをスタートしましたが、そもそも「環境経営」や「エコーステージ」自体、どういう意味なのでしょうか?
今回は「環境経営」と「エコステージ」の意味について記載致します。

 

○「環境経営」とは・・・

環境経営とは、企業と社会が持続可能な発展(Sustainable Development)をしていくために、地球環境と調和した企業経営を行うという考え方である。環境関連規制の対応だけでなく、幅広い環境活動が求められる。
それらの活動には、環境マネジメントシステムの導入、事業所内の環境負荷の徹底低減のみならず、提供する製品・サービスのライフサイクル全体、およびサプライチェーン全体の環境負荷低減、環境事業への発展・転換、顧客や市場の環境意識向上の働きかけなどの活動が含まれる。
これらの活動を具体化していくためには、ISO14001、環境業績評価、CO2削減技術、 MFCA、ゼロエミッション、グリーン調達、ケミカルマネジメントシステム、エコデザイン、LCA、ファクター、エコラベル、エコビジネス探索、環境報告書、環境会計、ステークホルダーダイアログ、など様々な手法の活用が求められる。
環境経営を推進する上では、JMACが開発した「Eco-Ecoマネジメント」の考え方が有効である。
           (Weblioより引用 http://www.weblio.jp/

 

○「エコステージ」(Eco Stage)とは・・・

ISO14001の意図を踏まえつつ、それを補完し発展させることで、「経営とリンクした環境マネジメントシステム」の構築はもちろん、それを段階的に成長させることで、更に高度な経営管理システムの実現をも可能にするものです。すなわち、従来の経営管理システムを基盤として、そこに「環境」という視点を導入することで、「環境経営システム(=経営とリンクした環境マネジメントシステム)」へと進化させようとするものです。
更には段階的にステージアップしていくことで、品質、労働安全衛生、財務などの他のマネジメントシステムとの融合や、CSRの実現をも視野に入れた経営改善の支援ツールなのです。また、中小規模の組織に対しては、環境経営システムの基本骨格のみを導入するステージも用意され、環境経営への取り組みを容易にする工夫もなされています。
           (一般社団法人エコステージ協会より引用 http://www.ecostage.org/

 

earth.bmp 

[ 『環境経営』、『エコステージ』って何!? ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ