HOME>>ECGチャンネル>>経営コーチブログ>>創業から47年目!来年に向けての決意!!

ECGチャンネル

経営コーチブログ

税理士・榎本恵一が経営者に「気づき」を与えるコラムを発信します。

創業から47年目!来年に向けての決意!!

[12/24]更新!

12top1.jpg

 

皆さん、ご無沙汰をしております.お元気にお過ごしでしょうか。

 来年度の予算編成が終わりましたね。

最後の問題であった、子ども手当の上積み問題は、国と地方の負担(国費負担)で

一応決着しまた。

但し、財源のメドが無いまま、見切り発車で制度を始めたことがあり、12年度以降

も混乱は必至です。

  最終的には、3歳未満7000円上積みするため必要な 約2500億円のうち、

約2000億円を所得税の控除見直しで捻出し、残る約500億円は、

厚生労働省所管の子ども手当以外の予算を削減する形です。

 

 

 厚生労働省は、12年度以降も財源を確保しつつ、給付の上積みをしたい考えであり、

さらに同省は、13年度から現金給付保育所整備などのサービス給付を包括的に提供する

「子ども・子育て新システム」を導入する方針ですが、今後も財源問題がとにかく大変です。

 

 

これは、先送りシステム(新しい税制の形を作る)の何者でもない事と、

政治が付け焼刃の身勝手な政治主導の結果だと言えるでしょう。

 

人生ライフプランを立てながら進んで行く事は当たり前ですが、この子ども手当は

全く先が読めないのが残念です。

 

 lin1.jpg

 

実は、私は、来年は年男であり、2023年に向けて決意を書いてみました。

 

 幣事務所の所長となり、早いもので、3年目を迎えます。

と言っても、母(光子)である「創業者」の事務所開設から通算しますと、47年目を迎えるわけです。

 来年が年男になり、現下の世界経済大変動期も相まって、48歳から次の年男である還暦、

即ち、2023年に向かって少し考えてみました。

 

来年は、漢字一文字で考えると 『決』の年 だと思います。

『結』ではなく、『決』です。

今まで先送りにしていた物を決断する年だと思います。

政治、経済、社会、全てのものです。

この決断がないと先に進めません。

一言で決断と言っても、それは大変なものであると思います。

決断元年には、自らの行動を変えて、進める事が大事であると思います。

恐らく、今年の決断をここ数年、連続して我々はやって行かなければもう、

次はないのではないでしょうか。

私は、今まで、行動と継続を信条に生きてきました。

まさに、年男である来年にその真価が問われるかも知れませんね。

 

人は、色々な行動をさせる要因(刺激)を受けても中々動けません。

夢があるのですが、その夢が実現出来ません。

まあ、夢は兎も角も、中々、目標に向けた行動をする事が出来ないのです。

その人その人の立場に直ぐにすがってしまいがちです。

あるいは、あるべき姿と現状のギャップを感じてしまい、

直ぐ諦めてしまうのも多いのではないでしょうか。

 

lin1.jpg 

 

先日聞いた講演で、

「新しいルールはきちんと作りその中で目標を作って貰い、行動させる、行動した結果を振り返る、

まさにこの単純な事の繰り返しをさせるのです」 と言うフレーズがありました。

よく言う経営のマネージメントサイクルのように、

 PLAN(計画)

 DO(行動)

 CHECK(点検)

 ACTION(改善)

を繰り返し行う事ですが、あらゆるジャンルのリーダーシップに繋がるようです。

私自身も、身の周りの出来ることから、決断をしながら、来年に挑戦をし、

その継続が、2023年に繋がると確信しています。

 

 

皆様、本年も『経営コーチblog』を読んで頂きありがとうございました。

来年もまた宜しくお願い申し上げます。

 

 

どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

 

 

榎本税務会計事務所  榎本 恵一

[ 創業から47年目!来年に向けての決意!! ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ