HOME>>ECGチャンネル>>経営コーチブログ>>「責任」が怖くて決断のにぶい人々へ

ECGチャンネル

経営コーチブログ

税理士・榎本恵一が経営者に「気づき」を与えるコラムを発信します。

「責任」が怖くて決断のにぶい人々へ

[05/25]更新!

決断が「にぶい」と言うのは2つの側面が考えられます。
1つ目は企業において自分の役割を理解できていない場合そして2つ目は、勉強・研究不足で今の時代に対する心構えがない場合です。

平成18年5月1日から会社法が施行され、資本金がいくらでも起業できるようになりました。
「資本金はだいたいどのくらい投入すればいいのか?」という質問をお客様から多く受けます。
1円から起業できるとは言え、やはり計画をしっかり立て、「責任」を負わなければなりません。
そして今の環境の変化をどこまで認識できているかということが重要です。
いくらの資本金にしたらその計画が達成するのか?何のために会社を作るのか?ということが明確になっていなければ責任をとることができません。
そう言った意味をきちんと理解せず、軽い気持ちで会社経営をしていたら大変な事になります。
「決断」というのは人生の中でとても難しい事ですが、色んな方々に考えて頂きたい事なのです。

<競争の激化、複雑化への対応>
?商品力の強化
お客様の感ずる価値を高める
これはお金を使わなくてもできる事です。
「笑顔」や「創意工夫」をすることによって商品力が強化されると思います。

?自社の強みを競争に生かす
自社の強みをしっかり把握
例えば、社長が売りだとしたら社長をアピールする。
社員のエースがいるとしたらエースを中心に勝負するなどです。

自社の強みを理解し、それを商品化、戦力化していくことが大切です。
実際のところ、「こうなればいいな」と思う人は8割いますが、それを行動にできる人は2割しかいません。
やると決めたならばとことんやらなければ絶対に後悔します。

海を航海するのは大変結構ですが、人生に後悔はしたくないですよね!!


会社のことを考えますと、やはりこれから新時代に向けての競争が行われます。その為には、「決断」のにぶい人では困るのです。
しかし、どうしても不確実の増大する時代であるため、次のような「攻め」と「守り」も十分考慮して頂きたいと思います。
●明確な方向付け(トップの責任)
●成功するための働きかけ(攻め)
●失敗しないための働きかけ(守り)

環境の変化をチャンスに変え、今こそ積極的営業への決断をすべき時なのです。

もっと詳しく聞きたい方はこちらです
                                       エノラジ 平成18年9月15日放送分

[ 「責任」が怖くて決断のにぶい人々へ ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ