HOME>>ECGチャンネル>>経営コーチブログ>>ニヒリズム

ECGチャンネル

経営コーチブログ

税理士・榎本恵一が経営者に「気づき」を与えるコラムを発信します。

ニヒリズム

[03/05]更新!

私どもは、年中行事(仕事)である確定申告の真最中です。

昨日は、東京地方は、初夏の陽気となり、気象庁からも明治23年観測以来、初の降雪なし(東京)及び気温が平均1.5度上昇(昨年度)したと聞き、なにやら『環境』と言う名の大きな存在の怒りを感じます。

さて、先週来、1000円近く値下がりした東京株式市場は、週明けの今日5日も平均株価1万7000円をあっさり割り込み終値は前週末終値比575円68銭安の1万6642円25銭で、円高進行も更に進み115円台という展開です。

日頃ご指導を受けております、経済アナリストの藤原直哉先生もこのような指摘を昨年より行っており、まさにバブル、グローバリゼーションという名の国際金融市場に踊らされているようです。

全く株式に興味がない方も、円高進行が激しいと諸物価に跳ね返ってきますので要注意です。

藤原直哉先生ですが、LLP藤原KAIZEN研究会顧問の立場、そして今後の我々の生き方についても、個人的にもご指導を受ける機会が多い先生なのです。

当事務所が昨年8月10日より行っています、ポットキャスティングに関しても『対談!経営語録』で色々なご意見を頂戴しています。

~藤原直哉先生おすすめコンテンツ~
★「経済アナリスト 藤原直哉先生と語る 
          『視野を大きく!!』~ここ10年間の苦労の華~」
【http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/2007/02/post_9e1b
.html】

★「経済アナリスト 藤原直哉先生と語る『横型リーダーシップ』」
【http://enomotokaikei.cocolog-nifty.com/podcasting/2007/01/post_0626
.html】

次回は、今月の14日にお会いいたしますので、現在進行している現象をズバリ直撃しますのでお楽しみにして下さい。

最近、藤原先生のポットキャスティングを拝聴し、『ニヒリズムを超えて』という番組があり私自身大変興味を持ちましたので、今日は、この「ニヒリズム」(注1)に関して私が調べたことや関心を持っていること、更に藤原先生よりご教授いただいたことをまとめてみたいと思います。

そもそも、「ニヒリズム」とは一言で言うと『虚無主義』です。

広く言ってしまえば、『考え無しに振り回される人々』とも言えます。

一方、『ロハス』(注2:LOHAS思考の人々)は、健康で持続可能性を追求している事から、この人たちは違う自分を創造出来ているので振り回されないでいるようです。

『コハス』(注3:COHAS思考の人々)と言う造語をこの間藤原先生が作られました。これは、企業においても財務諸表が健康(健全)で企業が継続企業(ゴーイングコンサーン)である意味でロハスの企業版と思ってください。


時代の転換点を迎えた今、何故、自分はこの時代にいるのかとう考えを持ちながら、あらゆる側面のリーダーシップの発揮をすべきです。

当たり前の世の中ではない進歩は、変化であり変化をしない時代は歴史を振り返ってもありません。


権威主義で物事を考える時代も終わりました。

ものの本質を考えて行くことが必要な時代です。

『何が大切でどのように人生を生きるのか』ということを自分で考えて行動する事が、最終的に良かったなあと思う事ができる人生といえるでしょう。


世界のステージは、円・ドルからどうやらユーロに変更されそうです。

ユーラシア大陸(ヨーロッパ)の人々が主人公になりそうであり、元気です。


『癒し=21世紀の生き方』を是非とも皆さんと考えながら、友達作りをする為に是非とも『ニヒリズム』と脱皮して「信の友達」を作って下さい。(信の友達とは、必ず良い情報を伝えてくれるものです)

これからの『経営』もこの友人たちの連携が重要なキーになってくるのではないでしょうか。


(注1)出典: フリー百科事典『ウィキペディア』より引用

ニヒリズム(虚無主義)は、近代ヨーロッパで生まれた、真実や伝統的価値観(例:道徳的善悪)を基礎づける超越的な存在や権威(例:神)を能動的に否定したり、客観的に消滅したとする思想的立場。※ニヒリズムとは、今まで最高の価値と人々がみなし、目的としていたものが無価値となった歴史的事態のことを言う。

心理学者を自認するニーチェによれば、ニヒリズムは不安定な「精神状態」で、2080年ごろまで続くことになるが、このニヒリズムにおいて私たちが取りうる態度は大きく分けて2つある。

一つは、すべてが無価値、偽り、仮象ということを前向きに考える生き方。つまり、自ら積極的に「仮象」を生み出し、一瞬一瞬を一生懸命生きるという態度(強さのニヒリズム)。

もう一つは、何も信じられない事態に絶望し、疲れきったため、その時々の状況に身を任せ、流れるように生きるという態度(弱さのニヒリズム)。

ニーチェは前者を肯定し、永遠回帰の思想の下、自らを創造的に展開していく、鷹の勇気と蛇の知恵を備えた「超人」になることをすすめた。

(注2)ロハス(LOHAS:Lifestyles Of Health And Sustainability)

(注3)コハス(COHAS:Corporate Of Health And Sustainability)

[ ニヒリズム ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ