HOME>>ECGチャンネル>>経営コーチブログ>>幼い頃から出来るタックスペイヤー教育

ECGチャンネル

経営コーチブログ

税理士・榎本恵一が経営者に「気づき」を与えるコラムを発信します。

幼い頃から出来るタックスペイヤー教育

[11/09]更新!

将来、この国はどうなるのでしょうかと悩む方も最近多くなりました。世界を取り巻くわが国の現状やこの国のプライマリーバランスなどを考えると悲観さえ覚えます。

また、中越地震に見る自然災害は、我々の予想をはるかに超えます。(ここで、被災された方々や不自由な生活を強いられていらっしゃいます方々に一日も早い通常な生活が戻られることをお祈り申し上げます)昔、強く、たくましく育って欲しいとのハムのCMがありました。私は、体もそうですが、お金の使い方やお金の価値観を幼いうちに出来ることが親の一つの子育てではないかと思っています。

最近では、5歳を過ぎると自分のお金の意識もしっかり持っているお子さんも多いようです。わが国は、お金の話となるとわりとタブーだったような気がします。時代は加速度的に変わってきています。生出率が1.3を割っている時代だからこそ、親が出来る教育の一つではないでしょうか。

 日本人が教育と聞くとかたぐるしく聞こえます。今までのイメージではなく、親から子供への遊びながら出来る教育です。代表的な例として、大人でも中々実行出来ない小遣帳の手法はどうでしょうか。子供にとって、小遣帳というのは、かなり重要度が高い筈です。収入と支出が合わなければ、お父さんやお母さんから怒られてしまい、子供にとって次の月の安定収入が確保出来なくなってしまいます。

 昔は、鉛筆で書いたものを、消しゴムで何度も消して、用紙が破れそうになった経験がある方が多いと思います。現在は、パソコンという素晴らしい道具がありますし、将来の資金繰りシュミレーションも出来ます。この道具を使いながら、どこの部分を削ったら、残高が多くなるとか、臨時収入が予定される、誕生日やお正月のお年玉をどのようにしたら良いか考えさせることによって、初歩のタックスペイヤー教育が行える訳です。

 今後の世界は、パソコンを使いながら、その延長で、家計簿のようなものも出来、余ったお金を投資に廻したりと夢が広がっていきます。その延長上で、晴れて社会人になった時も、お金に対してかなりシビアな観点で行動でき、結果、自己責任も果たせるのです。

[ 幼い頃から出来るタックスペイヤー教育 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ