HOME>>ECGチャンネル>>経営コーチブログ>>自己責任時代の知識とは

ECGチャンネル

経営コーチブログ

税理士・榎本恵一が経営者に「気づき」を与えるコラムを発信します。

自己責任時代の知識とは

[03/19]更新!

久しぶりになります。今週の頭まで、確定申告で慌しい半月を過ごしました。お陰様で、『自己責任時代』のサバイバルブックもアマゾン(ネットサイト)で、税金、年金分野で、ベスト5になっています。著者サイドも、世の中に『自己責任』のあり方を考えて頂きたく、今後も、講演活動を行なって参りますのでよろしくお願い致します。

さて、今回の確定申告を振り返りまして思いました事は、所得(収入?必要経費)がある方でも、所得控除(代表例:医療費控除など)で税金が発生しない方が多い印象でした。
問題は、その内訳です。年金をもらっていらっしゃる方を中心に65歳以上の方で合計所得金額(ちょっと難しい内容ですのでここでは、給与、年金、不動産所得の合算としておきます)が1000万円以下の方は、老年者控除(一律に50万円)の控除がしてもらえます。
実は、この控除が、来年の申告では廃止になります。このことをご説明していた訳ですが、何でそんな事が起きるのと、全く寝耳に水のような方がほとんどでした。

『自己責任』時代のサバイバルブックには、老人大国との見出しの中で、ある面、若者に取ってこの存在こそが、高齢社会になった今は、世代間の不平等であると指摘しています。
この他にも、配偶者特別控除の一部廃止や控除率の圧縮など来年の確定申告を考えますと知識を吸収してもどうにもならない(税金を払う=納税の義務)が生じる方が多数でると思われます。

今までは、知識の吸収や過去の体験を活かした生き方がスタンダードでしたが、これからは、じっくりと戦略を練った生き方(ライフプランや価値観)の存在が重要なことであると考えています。

[ 自己責任時代の知識とは ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ