HOME>>ECGチャンネル>>経営コーチブログ>>統一地方選挙前半戦

ECGチャンネル

経営コーチブログ

税理士・榎本恵一が経営者に「気づき」を与えるコラムを発信します。

統一地方選挙前半戦

[04/22]更新!

先週末、統一地方選挙がありましたが、皆さんは投票に行かれましたか。なんでも、今回の選挙の平均投票率は、52.6%と過去最低を記録したそうです。特に首都圏での投票率の低さが目立ち、東京・神奈川の知事選で44.9%・48.4%、埼玉・千葉・神奈川の道府県議選で42.8%・40.2%・48.6%だったそうです。

なぜ、こんなに投票率が低かったのでしょうか。支持できる政党や候補者がいないからなのでしょうか。結果的に、東京都知事選では、石原氏の圧勝となりました。石原氏は、国や政党のやり方を否定し、そして都民から支持され再選を果たしました。また、神奈川の知事選では、松沢氏が、衆院議員のままでは国を変える事ができないとして、民主党から脱退し、知事選に立候補して勝利を得ました。両氏とも、「地方主導」と「脱政党」がキーワードになったように思います。

前回の統一地方選で、石原氏や長野県知事の田中康夫氏が当選し、脱政党の潮流はすでに見られましたが、依然として、自民党VS反自民党という対立軸があり、地方対都心で選挙結果が顕著に異なりました。しかし、このところの長引く不況から、国の制度が限界に達しており、大きな構造改革が必要であり、それには、画一的な国主導の政治ではなく、地域の特性を活かした地方主導による政治でなければならないと、国民が実感している結果が、今回の選挙に現れているように思います。

日本の景気を良くするには、個人消費が鍵だと言われていますが、今のように「生活不安」がある以上、個人消費は伸びません。景気回復には、安心して暮らせる制度の確立が、不可欠なのだと思います。そして、それを実行するのが政治家なのです。今週末は市町村選です。ぜひ、選挙に行き政治に参加しましょう。

[ 統一地方選挙前半戦 ]の記事はいかがでしたか?
知識も経験も豊富な会計事務所・税理士を選ぶことが経営成功の近道です。榎本会計事務所のサービスは下記をご覧下さい。

前後の記事

CM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ECGチャンネルとは・・・
榎本会計事務所の税理士をはじめスタッフたちが、税務・会計・経営コラム、Podcast、動画、漫画など、経営者に「気づき」を与える情報をWebで発信!

ECGチャンネル番組表

月別アーカイブ